117件中 61 - 70件表示
  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た相槌神社

    相槌神社(山麓にあるが石清水八幡宮の摂末社ではなく地元管理の神社である)石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た宗廟

    石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、京都府八幡市にある神社。旧称は「男山八幡宮」。二十二社(上七社)の一社で、伊勢神宮(三重県伊勢市)とともに二所宗廟の一社。宇佐神宮(大分県宇佐市)・筥崎宮(福岡市東区)または鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)とともに日本三大八幡宮の一社であり、また宮中の四方拝で遥拝される一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。本殿を含む建造物10棟が国宝に指定されている(2016年2月9日指定)。本殿は現存する八幡造の中で最古かつ最大規模を誇る。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た四方拝

    石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、京都府八幡市にある神社。旧称は「男山八幡宮」。二十二社(上七社)の一社で、伊勢神宮(三重県伊勢市)とともに二所宗廟の一社。宇佐神宮(大分県宇佐市)・筥崎宮(福岡市東区)または鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)とともに日本三大八幡宮の一社であり、また宮中の四方拝で遥拝される一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。本殿を含む建造物10棟が国宝に指定されている(2016年2月9日指定)。本殿は現存する八幡造の中で最古かつ最大規模を誇る。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た源氏

    平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請された神社で、京都盆地南西の男山(鳩ヶ峰、標高143メートル)山上に鎮座する。皇室からは遠国の宇佐神宮に代わり二所宗廟の1つとして崇敬されるとともに、京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として鬼門(北東)の延暦寺とともに重要視された。武家からは特に源氏が武神として信仰し、源氏の広がりとともに壺井八幡宮・鶴岡八幡宮など、当社から各地に八幡宮が勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た天御中主神

    石清水社 (祭神:天御中主神) - 社殿は京都府指定文化財。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た八幡市

    石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は、京都府八幡市にある神社。旧称は「男山八幡宮」。二十二社(上七社)の一社で、伊勢神宮(三重県伊勢市)とともに二所宗廟の一社。宇佐神宮(大分県宇佐市)・筥崎宮(福岡市東区)または鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)とともに日本三大八幡宮の一社であり、また宮中の四方拝で遥拝される一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。本殿を含む建造物10棟が国宝に指定されている(2016年2月9日指定)。本殿は現存する八幡造の中で最古かつ最大規模を誇る。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た白熱電球

    トーマス・エジソン、白熱電球の改良に際し当社境内の竹を使用したため、境内には記念碑があり、2月11日にはエジソン生誕祭も行われる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た御旅所

    山麓には主要社殿として頓宮が鎮座する。この頓宮は祭事における神輿の待機所で、他の神社での御旅所に相当する。頓宮脇に立つ五輪塔(通称・航海記念塔)は高さ6メートルの塔で、国の重要文化財に指定されている。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た徳川氏

    天慶2年(939年)、伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得る。皇室・朝廷からは、京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護鎮護の神、王権・水運の神として篤く崇敬され、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。中世以降は勧請元の宇佐神宮に代わって、伊勢神宮と並び二所宗廟の1つに数えられる。また清和源氏の足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏などの源氏諸氏族から氏神として崇敬されたため、武神・弓矢の神・必勝の神とされた。これら源氏によって、当社の分霊は源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鎌倉の鶴岡八幡宮など、数多くの八幡宮に勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た朝廷

    天慶2年(939年)、伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得る。皇室・朝廷からは、京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護鎮護の神、王権・水運の神として篤く崇敬され、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。中世以降は勧請元の宇佐神宮に代わって、伊勢神宮と並び二所宗廟の1つに数えられる。また清和源氏の足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏などの源氏諸氏族から氏神として崇敬されたため、武神・弓矢の神・必勝の神とされた。これら源氏によって、当社の分霊は源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鎌倉の鶴岡八幡宮など、数多くの八幡宮に勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード