石炭火力発電所 ニュース&Wiki etc.

火力発電所(かりょくはつでんしょ)とは、石炭、石油、天然ガスなどを燃料とする火力発電による発電設備がある発電所を指す。火発(かはつ)という略称が用いられることもあるものの、報道での使用頻度は原子力発電所の「原発」に比べると少ない。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「火力発電所」のつながり調べ

  • 外燃機関

    外燃機関から見た火力発電所

    しかし、大型の蒸気機関については現代でも積極的に利用されている。たとえば火力発電所と原子力発電所は蒸気タービンで発電しており、高い熱効率を実現している。これらで用いられる蒸気タービンの熱効率は理論熱サイクルの限界に近い物がある。また外燃機関の一種であるスターリングエンジンはカルノーサイクルに最も近い動作が可能で、その熱効率の高さから一部の通常動力型潜水艦で非大気依存推進(AIP)に用いられている。なお、コンバインドサイクル発電による効率化は、ガスタービンが内燃機関であり、この節の説明にはそぐわないので省く。(外燃機関 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎天然ガス発電

    川崎天然ガス発電から見た火力発電所

    川崎天然ガス発電株式会社(かわさきてんねんガスはつでん)は、天然ガス火力発電所を企画・運営する企業である。(川崎天然ガス発電 フレッシュアイペディアより)

「火力発電所」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ