189件中 111 - 120件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見たシャングリラ (チャットモンチーの曲)

    Shangrila (Takkyu Ishino Remix) / チャットモンチー - 2009年(One By One / V.A.)石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たたまむすび

    近年は重度のラジオマニアであることを公言、自宅に数台のラジオを配置してどこでも番組を聴けるようにしているという。TBSラジオ『ストリーム』は番組の流れをすべて把握しているくらいとの発言もし、番組本への寄稿までしている(ただし、音楽的影響はゼロとのこと)。後続番組であり、瀧も出演している『小島慶子 キラ☆キラ』、『たまむすび』も継続聴取しており、ときには番組にメール・FAXを送ることもある。過去に瀧がゲスト出演した回の『伊集院光 日曜日の秘密基地』にリスナーとしてFAXを送ったことがあるが、スタッフから悪戯と思われて不採用になった。なお、『ドリルキングアワー』終了後はレギュラー番組を持たず、ゲストとして様々な番組に出演している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たヒップホップ

    デビュー後数年は、テクノユニットというよりもラップユニットとしての側面が強かった。電気グルーヴはあくまでヒップホップではなくエレクトロニックミュージックを身上としており、ラップはボーカルスタイルの方法論として採り入れていたに過ぎなかった。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たソノシート

    静岡学園高校時代、ピエール瀧ら友人数人とインディーズのテクノユニット『人生』を結成。その後、ナゴムレコードを主宰するケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)から「レコード出さない? ナゴムから出さないでどこで出す!?」と声をかけられ、石野の勉強部屋で自宅録音されたデモテープが、そのままナゴムから1stソノシート「9 TUNES FOR MIRAI」として発売されることをきっかけに上京する。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た縁日

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生の時、縁日の露店で祖母に買ってもらったイエロー・マジック・オーケストラの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。中学生時代にクラフトワークやニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らすようになる。この当時、石野の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している。やがてRoland SH-2、TR-606などの機材を買い揃え、宅録ユニット「メリーノイズ」として活動を開始する。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たOH! MY RADIO

    2008年4月2日放送のJ-WAVE OH! MY RADIO出演時、電気グルーヴの噂等を募集するコーナーで上記、石野の結婚・離婚の記述を取り上げた。その際、瀧と笑いながら「100%嘘」と言い、他の自分達の項目に対しても「嘘が多い」「とんでもない物がある」「爆笑する」「でもデタラメでいい」等とコメントをしている。さらにそういったWikipediaの内容をソースとして取材されることもあり苦笑しているようである。それらを踏まえた上で、「もっと『ほんとうの事』をどんどん書け」とのお達しが出ている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たストリーム (TBSラジオ)

    近年は重度のラジオマニアであることを公言、自宅に数台のラジオを配置してどこでも番組を聴けるようにしているという。TBSラジオ『ストリーム』は番組の流れをすべて把握しているくらいとの発言もし、番組本への寄稿までしている(ただし、音楽的影響はゼロとのこと)。後続番組であり、瀧も出演している『小島慶子 キラ☆キラ』、『たまむすび』も継続聴取しており、ときには番組にメール・FAXを送ることもある。過去に瀧がゲスト出演した回の『伊集院光 日曜日の秘密基地』にリスナーとしてFAXを送ったことがあるが、スタッフから悪戯と思われて不採用になった。なお、『ドリルキングアワー』終了後はレギュラー番組を持たず、ゲストとして様々な番組に出演している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たノイズミュージック

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生の時、縁日の露店で祖母に買ってもらったイエロー・マジック・オーケストラの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。中学生時代にクラフトワークやニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らすようになる。この当時、石野の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している。やがてRoland SH-2、TR-606などの機材を買い揃え、宅録ユニット「メリーノイズ」として活動を開始する。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た駿河区

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生の時、縁日の露店で祖母に買ってもらったイエロー・マジック・オーケストラの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。中学生時代にクラフトワークやニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らすようになる。この当時、石野の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している。やがてRoland SH-2、TR-606などの機材を買い揃え、宅録ユニット「メリーノイズ」として活動を開始する。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たテクノ

    インディーズブームに上手く乗っかり、レコードは作品を出す度にインディーズ・ベスト10にランクインする程の人気者になると同時に、ナゴム人気にも貢献する。1989年にメンバー・おばば(ex.分度器)の脱退に伴い『人生』を解散する。『人生』解散後、1989年にテクノバンドの電気グルーヴを結成。数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

189件中 111 - 120件表示