1185件中 101 - 110件表示
  • サイバーカルチャー

    サイバーカルチャーから見た社会社会

    サイバーカルチャーの範囲を正確に定義することは困難だが、この用語は柔軟に使われ、場合によっては相互に矛盾する使われ方もする。少なくとも仮想共同体の文化を指すのは確かだが、それだけではなくサイバネティックスや、今後予想される人体や社会のサイボーグ化といった「サイバー」な文化的話題も含む場合がある。さらには、サイバーパンクなどの文化運動も含めることもできる。この用語には明らかに未来への希望的観測という側面が常に含まれている。サイバーカルチャー フレッシュアイペディアより)

  • ギュスターヴ・ランソン

    ギュスターヴ・ランソンから見た社会社会

    ランソンは文芸社会学の研究を提唱した。これは社会環境が作者に与える影響や、読者の予期への影響、さらにテクスト自体への影響を複合的に検討するものである。ランソンによればテクストとは、集合的な社会的諸力から自動的に生成されるものではないし、孤立した天才が独自に産み出すものでもない。これら両極端の間にあるものである。テクストとは社会が強力な目に見えない力を発揮して作り上げる作品であるが、しかしその力から逃れることもでき、そのようにして社会の力の及ぶ範囲を超えて何かが伝えられる。このようにテクストを複合的に捉えることによって、ランソンはテクストが意図する複数の読み手を想定できるようになった。すなわち、一方にはテクストを生産する社会に属する直接の読者たちがおり、そしてもう一方には、テクストそれ自体によってある程度決定され得る理想の読者たちである。ギュスターヴ・ランソン フレッシュアイペディアより)

  • ディスインフォメーション・カンパニー

    ディスインフォメーション・カンパニーから見た社会社会

    ディスインフォメーション・カンパニー (The Disinformation Company) はアメリカ合衆国の社会ドキュメンタリー製作、出版社。ディスインフォメーション・カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • カゲラ州

    カゲラ州から見た社会社会

    約5世紀の間、この地域は9つの王国と非常に階層的な社会を持っていた。それはコーヒーが換金作物として導入され、バナナが主食となった時期であった。カゲラ州 フレッシュアイペディアより)

  • 一宮川

    一宮川から見た社会社会

    千葉県長生郡長南町深沢の山間部の房総丘陵に源を発し、長生村一松の九十九里浜で太平洋に注ぐ。流域は古くから上総国の社会・経済・文化の中心となってきたところであり、その中で重要な役割を担ってきた川である。一宮川 フレッシュアイペディアより)

  • 再生産

    再生産から見た社会社会

    社会の構成主体である人間は消費を行うことによって生存しているため、生産を継続的に反復するという再生産がなければ社会は存続できない。同時にすべての人間が社会の中で商品を売買し、それを消費して生活しているため、この場合すべての生産は再生産の側面を併せ持つと言える。再生産 フレッシュアイペディアより)

  • メタ知識

    メタ知識から見た社会社会

    メタ知識の具体例として、計画手法、モデリング手法、学習手法などがある。手続き、方法論、戦略、訓練法などは、知的実体(人々、組織、社会)のメタメタ知識である。もちろん、汎用のメタ知識フレームワークは、個々のメタ知識のメタレベルの組織化に有効でなければならない。メタ知識 フレッシュアイペディアより)

  • 文科

    文科から見た社会社会

    初等中等教育においては、国語科、英語科、社会科、道徳科などが相当する。文科 フレッシュアイペディアより)

  • 言語共同体

    言語共同体から見た社会社会

    言語共同体という概念は、もっぱら言語の変異と変化についての分析単位を定義する手段として用いられる。文体の特性は集団の社会経済上の地位、共通の利益、集団の内部においてやそれよりも大きい社会によって想定される儀礼の水準などの要因によって、言語共同体の間で異なっている。言語共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素吸収源

    二酸化炭素吸収源から見た社会社会

    森林管理:持続可能な方法で、森林の適切な生態学的機能(生物多様性を含む)、経済的機能、社会的機能を満たすことを目的に、森林を管理・利用する行為やシステム。二酸化炭素吸収源 フレッシュアイペディアより)

1185件中 101 - 110件表示

「社会の話題」のニューストピックワード