927件中 111 - 120件表示
  • 全日本自治団体労働組合

    全日本自治団体労働組合から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    東北地連に所属する県本部や北信地連、四国地連、九州地連に所属する一部の県本部、いわゆる「13県本部」では社民党を支援しており、こちらからも組織内議員を送り込んでいる(又市征治、吉田忠智)。全日本自治団体労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川元 (政治家)

    吉川元 (政治家)から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    吉川 元(よしかわ はじめ、1966年9月28日 - )は、日本の政治家。社会民主党所属の衆議院議員(3期)。党幹事長兼政策審議会長。吉川元 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 東京・生活者ネットワーク

    東京・生活者ネットワークから見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    自治体議会では、民進党や社民党と統一会派を組むこともある。世田谷区、小平市、武蔵野市などでは、区・市長与党的立場に立っている。東京・生活者ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 県民クラブ (大分)

    県民クラブ (大分)から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    県民クラブ(けんみん‐)は、民進党・社会民主党・連合大分系の議員らによって構成されている大分県議会の会派。県民クラブ (大分) フレッシュアイペディアより)

  • 日本におけるLGBTの権利

    日本におけるLGBTの権利から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    LGBTの権利は人権問題として取り上げられるが、公の場で討論となるケースは多くない。2001年(平成13年)に法務省の人権擁護推進審議会は「人権救済制度の在り方について」という答申をまとめた。この答申には性的指向に基づく差別の禁止が盛り込まれ、人権擁護法案として国会に提出されたが廃案となった。2007年(平成19年)8月11日開催の第6回東京プライドパレードには、初めて厚生労働省と東京都が後援となった。また、パレードの開催地区の渋谷区とセクシュアル・マイノリティに縁の深い新宿二丁目を擁する新宿区の区長からメッセージが寄せられた。2014年(平成26年)の東京レインボープライドでは、安倍昭恵首相夫人が参加、性的少数者の支持を表明した。2016年(平成28年)5月27日、民進、共産、社民、生活の野党4党が国や地方公共団体に差別の解消施策を取るよう義務付け、企業や学校が性自認や性的指向を理由とした不当な取り扱いを禁止する性的指向又は性自認を理由とする差別の解消等の推進に関する法律案(LGBT差別解消法案)を提出し、継続審議となっている。日本におけるLGBTの権利 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年沖縄県知事選挙

    2014年沖縄県知事選挙から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    在日米軍普天間基地の辺野古移設に反対し続けてきた翁長雄志(那覇市長)に対して社民・共産両党など野党陣営が候補者の検討を絞りつつあったなか、6月に自由民主党(以下、自民党)の那覇市議会会派「自民党新風会」所属議員11名が翁長市長に出馬要請した他、前回選挙で仲井眞を支援した地元企業の一部も翁長支援を表明するなど、普天間基地移設問題への対応が保守政界内でも分かれており、複雑な様相を呈した。なお、市議らはこの行動により除名などの処分となった。2014年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪国際空港

    大阪国際空港から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    次節で示す内容と前後するが、2012年には大阪国際空港と関西国際空港の経営が新関西国際空港株式会社に統合され、両空港の協力体勢が開始している。大阪国際空港の廃止を主張してきた橋下であるが、経営統合後は大阪国際空港に対する姿勢を変化させている。橋下は、もはや大阪国際空港は民間企業であるからと、その経営方針には口出しをしないことを語った。また、橋下率いる日本維新の会は、大阪国際空港のお膝元である兵庫県伊丹市と宝塚市における2013年4月14日投開票の両市長選挙への進出を画策した。大阪国際空港の地元での両市長選を展開するにあたって、橋下と両市長候補をはじめ維新の会の陣営は、これまで主張してきた大阪国際空港廃止論を封印して、選挙活動に臨んだ。このように大阪国際空港廃止論をトーンダウンさせた一方で、日本維新の会では大阪国際空港廃止論はくすぶり続けていた。大阪市長に転身していた橋下は、将来的な大阪国際空港の廃止を諦めておらず、大阪国際空港の活用方針を打ち出す11市協から大阪市を脱退させた。またその後も、日本維新の会幹事長・大阪府知事の松井一郎は、将来的な大阪国際空港の廃止を匂わす発言をしていた。このような状態から、日本維新の会の党内では、大阪国際空港の存続・廃止をめぐり、党内意見が混乱した。伊丹・宝塚両市長選挙では、日本維新の会の候補は、大阪国際空港の積極活用策を打ち出す藤原保幸候補と社民党出身ながらも大阪国際空港の活性化に前向きな中川智子候補の両現職候補と選挙戦を争い、両市とも圧倒的大差で現職候補が勝利し、日本維新の会は大敗を喫した。この結果について、橋下は、自身の掲げる将来的な大阪国際空港廃港構想を含む諸政策について、両市民にしっかり説明できなかったと敗因を語った。これに対して、「両市民は日本維新の会が掲げる大阪国際空港廃港論を含む政策をしっかり理解したうえで維新候補を拒絶したのではないか」との意見も報道機関から寄せられた。また、当選を果たした藤原市長は、自身の当選によって、地元の世論の大阪国際空港への支持が示されたとし、本選挙結果で大阪国際空港の存廃議論に決着がついた、との見方を示した。なお、橋下率いる日本維新の会は、後の2013年兵庫県知事選挙において、井戸への対立候補擁立を、党勢の低迷などを理由に断念することになった。大阪国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 社共共闘

    社共共闘から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    社共共闘(しゃきょうきょうとう)とは、1960年代から70年代にかけて、日本社会党(現・社会民主党)と日本共産党の共闘により革新政権を目指そうとした政治方針である。より幅広く「革新共闘」とも呼ばれる。社共共闘 フレッシュアイペディアより)

  • 革新統一

    革新統一から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    1980年の「社公合意」で社会党と共産党の決裂は決定的なものとなり、その後社会党は社公民路線を経て相乗りオール与党体制に取り込まれていき、この路線は社会民主党・民主党にも引き継がれている。共産党は「平和・民主・革新の日本をめざす全国の会」(全国革新懇)に参加、無党派との共同を主眼とした独自の革新共闘構築の路線を歩んでいく。革新統一 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    立憲民主党政調会長、民進党幹事長代行、民進党役員室長、民進党ネクスト内閣府特命大臣(新しい公共・社会的包摂・消費者及び食品安全・男女共同参画・子どもの貧困・自殺対策・NPO)、民主党新しい公共・社会的包摂総合調査会長、民主党幹事長代理、社会民主党政策審議会会長(第5代)・国会対策委員長(第8代)、国土交通副大臣(鳩山由紀夫内閣)、内閣総理大臣補佐官(災害ボランティア活動担当)などを歴任。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

927件中 111 - 120件表示

「社民党」のニューストピックワード