927件中 121 - 130件表示
  • 横光克彦

    横光克彦から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党副党首、同党国会対策委員長、環境副大臣を歴任。後に社民党を離党し、民主党に入党した。横光克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保地区労働組合会議

    佐世保地区労働組合会議から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2009年(平成21年)11月20日 - 関門海峡で発生した海上自衛隊護衛艦「くらま」と韓国籍貨物船の衝突事故で社会民主党佐世保総支部及び全日本港湾労働組合(全港湾)と連名で海自佐世保地方総監部に「早急な原因究明」「国民と港湾利用者への謝罪」「自衛艦の関門海峡通航停止あるいは夜間などの通航停止」「佐世保港での安全航行の具体策の明示」について文書回答を要求した。佐世保地区労働組合会議 フレッシュアイペディアより)

  • フォーラム平和・人権・環境

    フォーラム平和・人権・環境から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    護憲連合との友好関係を築いてきた社会党は1996年に社民党へと名称を変え、そこから民主党が分裂した。平和フォーラムは社会党の流れを汲む両党との友好関係を築くこととなった。2015年に内閣が国会に提出した平和安全保障法案に対しては、戦争法案であるとして、戦争をさせない1000人委員会の中核となり、加盟している労働組合の多くがかつて袂を分かった経験のある全労連系の労働組合などとも一緒にこれに反対する運動に取り組んだ。また、この一連の運動からの野党の共闘には積極的な立場であり、平和フォーラム参加労組の多くも野党共闘を推進する立場である。フォーラム平和・人権・環境 フレッシュアイペディアより)

  • 神楽坂女声合唱団

    神楽坂女声合唱団から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    (衆議院議員(民主党、合唱団在籍当時は社会民主党))神楽坂女声合唱団 フレッシュアイペディアより)

  • 追加公認

    追加公認から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    他に、党が他党候補を推薦しながら、地元組織が保守系無所属として独自候補を立て、当選後に追加公認された例がある。自民党では2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙で、静岡7区で保守新党の熊谷弘を推薦したものの、県連は独自の対立候補者として城内実を立て、結果は城内が当選、追加公認で自民党会派入りした。民主党にも同様の例として、2009年の第45回衆議院議員総選挙で、秋田2区で川口博が、民主党が推薦した社会民主党の山本喜代宏を破った例がある。追加公認 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における同性結婚

    日本における同性結婚から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    日本においては社会民主党が選挙公約にフランスのPACSをモデルとした新制度の創設を目指すとし、日本共産党は欧米各国のパートナーシップ法などを参考に、日本でも同様の制度を実現するとした。その他、下節でも触れるように、日本維新の会が「レインボープライド愛媛」が実施した政党アンケートで、同性婚に賛成とした。国会では、同性結婚を認めるための法案が提出されたことは2012年(平成24年)時点ではない。日本における同性結婚 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    1989年の東欧革命後の、1990年7月の第19回党大会では、社会主義はまだ生成期のために大国主義や覇権主義や官僚主義などの問題があるとした(社会主義「生成期」論)。1991年8月のクーデター後に発表されたソ連共産党の解散には、「もろ手を上げて歓迎する」という宮本顕治の発言が発表された(8月31日付毎日新聞によるインタビューでの発言)。その発言の翌日に常任幹部会は「大国主義・覇権主義の歴史的巨悪の党の終焉を歓迎する - ソ連共産党の解体にさいして」との声明を発表した。その一方、ソ連・東欧諸国の脱社会主義への動きを「歴史の逆行」とも評しており、その整合性に疑問の声も上がった。また1980年代には中国共産党に反論する形で、「社会主義完全変質論」を否定して「社会主義の復元力」を主張していたこととも矛盾していた。ほぼ時を同じくして、政府与党や社会党(現在の社会民主党)を含む他の野党、マスコミなどにより「体制選択論」「冷戦終結論」「保革対立消滅論」が大々的に宣伝され、党員の所属する労組・団体の弱体化が進み、党・労組・団体の解散と政治・社会運動からの撤退などの要求を突きつけられるなど、その後の選挙では苦戦を強いられた。また、核兵器問題など外交問題をはじめとする諸問題で、ソ連やルーマニアの指導者と共同声明を出したこともあった。特に、「宮本顕治同志とニコラエ・チャウシェスク同志の共同宣言」は、党内外からきびしい批判にさらされることとなった。1994年の第20回党大会では、ソ連は問題もあるが社会主義社会であるとしていた従来の「生成期」論を修正して、「スターリン以後のソ連社会は経済的土台も社会主義とは無縁」で、「社会帝国主義的」とした。日本共産党は、『80年代半ばまではソ連の指導者を「同志」と呼んだり、「レーニンに次ぐ平和の戦士」とたたえたりしていた』と読売新聞は報じている。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 民進党の派閥

    民進党の派閥から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    民由合併により自由党から合流した議員を中心とする小沢グループのほか、旧民主党の結成時に社民党(旧社会党)から合流した議員を中心とする横路グループ、民友連の統合による民主党の結成時に新党友愛(旧民社党)から合流した議員を中心とする川端グループ、旧民主党の結成時にさきがけなどから合流した議員を中心とする菅グループの4グループは、比較的強い結束力を持つとされていた。民進党の派閥 フレッシュアイペディアより)

  • 立憲民主党 (日本)

    立憲民主党 (日本)から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2017年10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙を前に、民進党代表の前原は、選挙で民進党が公認候補を擁立せず、2017年9月25日に結党された希望の党への事実上の合流を提案した。両院議員総会において前原は、「新しい器で民進党の理念や政策を実現する」と話し、小池から「民進党所属だから排除するということはない」との言質を取っていた。合流提案に対して枝野は、合流案を蹴った場合、離党者が続出し選挙を戦えないとみて、同僚の多くが希望から出馬できるならと「邪魔はしない」と伝えた。9月28日午前の民進党常任幹事会および同日午後に行われた民進党両院議員総会において反対意見はなく満場一致で提案が了承された。民進党の希望の党への合流により、野党共闘体制を袖にされた日本共産党・志位和夫委員長は、希望の党について「自民党の補完勢力」と非難。かつての原則全選挙区での擁立方針に戻すことをこの時点では表明し、民進党と共産党と社会民主党の共闘は破綻した。立憲民主党 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 村山富市

    村山富市から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    労働組合運動から日本社会党の政治家となり、大分県大分市議会議員(2期)、大分県議会議員(3期)、衆議院議員(8期)、日本社会党委員長(第13代)、内閣総理大臣(第81代)、社会民主党党首(初代)等を歴任。2016年現在は社会民主党名誉党首である。村山富市 フレッシュアイペディアより)

927件中 121 - 130件表示

「社民党」のニューストピックワード