927件中 131 - 140件表示
  • ベーシックインカム

    ベーシックインカムから見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    韓国では民主労総、進歩新党、旧社会党、旧民主労働党などの左派勢力がベーシックインカムを支持している。これは日本の連合、日本共産党、社民党などの左派勢力がベーシックインカムに反対していることとは対照的である。ベーシックインカム フレッシュアイペディアより)

  • 部落解放同盟

    部落解放同盟から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    ただし一部の地方では、自由民主党議員の支援も行っており、全国大会では、自民党、民主党の他、公明党、社会民主党などの政党からも来賓の出席や祝電の披露がされている。部落解放同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 在日特権を許さない市民の会

    在日特権を許さない市民の会から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2009年(平成21年)、不法入国や違法行為により摘発された在日外国人とその支持者が在留特別許可を求めて行っている活動を、「法治を捻じ曲げようとする無法者」と非難した、在留特別許可を与えることで在日特権を維持しようとしていると主張し、社会民主党・民主党議員への非難も行っている(中、活動報告ブログ参照)。在日特権を許さない市民の会 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太郎

    麻生太郎から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    公称サイズは、身長175cm、体重70kg。名門の一族に育ち、財閥の元社長でもあるが、本人は「首相の家庭なんて幸せなもんじゃねえ」「両親にほったらかしにされて育った」「生まれはいいが、育ちは悪い」と語っている。口の左端が下がり気味なため雑誌などの似顔絵ではへの字に描かれることが多い。べらんめえ調の軽妙な語り口と歯に衣着せぬ発言で、街頭演説などで聴衆の人気を博した。周囲からは、「明るく気さくな人柄で、親しく付き合えば一方で魅力が伝わる人物」と認識されており、その人柄を評して「半径2メートルの男」とも呼ばれる。一方で、歯に衣着せぬ物言いが祟って日本共産党・社会民主党を中心に野党から失言が指摘されたり、問題視ときには進退問題に発展することが多々ある。麻生太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 目片信

    目片信から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2007年9月10日の市議会で、2008年の市長選に立候補して再選を目指すことを正式表明。市長選には、他に共産党推薦の井上敏一、民主・社民党推薦の黄瀬紀美子が出馬した。目片は自身を「市民党」と位置づけて各政党に推薦を要請し、市議会最大会派で自民党系の「大志会」と公明党議員団の支持を得た。自民党、公明党の県連も目片の推薦を表明し、これに加えて約420の推薦団体が組織的に目片を支援した。2007年の参議院選挙で自民党を中心とした与党は敗北しており、目片も「過去5回の選挙で一番苦しい」と語ったが、目片は現職としての知名度・実績をアピールし、少子高齢化や地震への対策を主張し、2008年1月20日に執行された市長選挙で黄瀬候補を約3,600票差で下して再選を果たした。目片信 フレッシュアイペディアより)

  • 土井たか子

    土井たか子から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    衆議院議員(12期)、日本社会党委員長(第10代)、衆議院議長(第68代)、社会民主党党首(第2代)などを歴任した。土井たか子 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2007年4月の東京都知事選挙への出馬待望論が民主党内で沸き起こった。背景には民主党が都議会で与党だったにも拘らず独自候補の擁立を図る小沢執行部の方針と人選がなかなか決まらぬお家事情があり、党中央の要職にある菅本人が出馬の可能性を否定し続ける中、石原慎太郎東京都知事に対抗できる目玉候補として朝日新聞などにも立候補を促された。しかし「国政に携わり政権交代を実現する」ため「太陽が西から出ても、出ることはない」と固辞を貫いた。その一方で浅野史郎前宮城県知事など党内外の知名度の高い人物に出馬を打診したとされるがことごとく失敗した。この問題では、菅直人と親交関係にある五十嵐敬喜法政大学教授らが立ち上げた市民団体「浅野史郎さんのハートに火をつける会」(現都民のハートに火をつける会)などの説得に応える形で浅野が立候補を決意したことで、民主党は独自候補の擁立を見送って社民党などとともに支援に回ることとなったが、浅野があまり都政に精通していなかったことやなかなか決断せず立候補の表明が遅れたこと、さらに日本共産党が擁立した吉田万三前足立区長との一本化に失敗したことなどが響き、浅野は石原知事に惨敗した。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀市

    佐賀市から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    社会市民クラブ(3人)- 社民党の流れを汲む会派。佐賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 翁長雄志

    翁長雄志から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    2014年6月5日、一部与党(この時点では国政県政市政いずれも与党に自由民主党が含まれる。)議員からの沖縄県知事選挙立候補要請を受けて出馬表明した。出馬要請した与党議員は同年8月8日に除名、もしくは離党勧告に従って離党した。同年8月11日、日本共産党・社会民主党・生活の党・沖縄社会大衆党・県民ネットの県政野党4会派で構成する知事選候補者選考委員会は「建白書に示された理念を堅持するぶれない知事が求められている」「沖縄うまんちゅ(民衆)のため力を尽くされる決意をお願いしたい」と要請文を読み上げ、翁長の出馬を求めた。翁長雄志 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た社会民主党 (日本 1996-)社会民主党 (日本 1996-)

    第41回衆議院議員総選挙では初の小選挙区比例代表並立制で自身は京都4区で共産党新人や新進党現職豊田潤多郎に圧勝(自身が重複立候補した比例近畿ブロックで後藤田正晴擁立を検討していた)。選挙後は幹事長代理として加藤幹事長と組んで、早くに新進党から復党した杉山憲夫らと共に、新進党からの議員を引き抜いた。その結果、1997年には自民単独過半数を回復させ、新進党解散の一因を作った。野中らは、新進党を引き抜きの「釣り堀」と呼んだ。野中は自社さ連立堅持を主張していたが、自民単独過半数回復は、社民党、新党さきがけの発言力を低下させ、連立崩壊を早めることになった。野中広務 フレッシュアイペディアより)

927件中 131 - 140件表示

「社民党」のニューストピックワード