前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示
  • 石川佳純

    石川佳純から見た福原愛福原愛

    母が指導する「山口ジュニアクラブ」で腕を磨き、土日は毎週のように各地で開かれる大会に参加し、大人相手に実戦経験を積んだ。小学校6年で出場した2005年1月の全日本卓球選手権・女子シングルスでは高校生と大学生を破り3回戦進出し、「愛ちゃん2世」として話題になった。石川佳純 フレッシュアイペディアより)

  • 平野美宇

    平野美宇から見た福原愛福原愛

    3歳5カ月で卓球を始め母が指導する「平野英才教育研究センター卓球研究部(平野卓研)」や小学5年生まで過ごした祖父の自宅の2階にも卓球台を置き腕を磨いた。2004年4月、旧田富町ラージボール卓球大会で大会デビュー。7月、全日本卓球選手権大会バンビの部史上最年少出場。2005年10月号卓球王国の表紙を飾るなど、かつての福原愛のように、幼い頃から卓球が上手く、負けそうになると泣いて悔しがったので、マスコミから「第2の愛ちゃん」と呼ばれ一躍有名になった。2007年4月から中央市立田富北小学校に通う。また西村卓二元女子日本代表監督が指導する東京富士大学卓球部に年に数回、小学1年生から卒業するまで練習に参加していた。7月、バンビの部では福原愛以来史上2人目の小学校1年生の優勝者になった。2009年1月ジュニアの部に小学2年で出場し、福原愛の最年少出場と勝利記録を更新した。またホープス日本代表合宿に最年少で招集された。3月東京選手権で大会最年少勝利記録を更新した。平野美宇 フレッシュアイペディアより)

  • 第52回世界卓球選手権個人戦

    第52回世界卓球選手権個人戦から見た福原愛福原愛

    1回戦で大会第10シードの福原愛(世界ランク12位)が朴晟恵(166位)に敗れ、フー・メレク(101位)が強豪選手を次々と破るなどの波乱があった。第52回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回世界卓球選手権個人戦

    第51回世界卓球選手権個人戦から見た福原愛福原愛

    決勝で中国の張超、曹臻組が同じ中国の郝帥、木子組を4-1で破り優勝した。曹臻は前回2009年横浜大会で李平とのペアでの優勝に続いて2度目の優勝、中国勢の優勝は1991年千葉大会以来11回連続となった。香港の張鈺、姜華珺組と日本の岸川聖也、福原愛が銅メダル、日本ペアは、この種目の日本勢34年ぶりとなるメダルとなる銅メダルを獲得した。第51回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤美誠

    伊藤美誠から見た福原愛福原愛

    1月、10歳2カ月で出場した全日本卓球選手権で初勝利を挙げ、それまで福原愛が持っていた史上最年少勝利記録を塗り替えた。8月に行われたITTFジュニアサーキット・韓国オープンでは10歳10ヶ月でカデットシングルスを初優勝し同種目の最年少優勝記録を樹立した伊藤美誠 フレッシュアイペディアより)

  • 第47回世界卓球選手権個人戦

    第47回世界卓球選手権個人戦から見た福原愛福原愛

    男子シングルスでオーストリアのヴェルナー・シュラガーが優勝したほかは、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの4種目を中国勢が制した。中国の王楠は女子シングルス・ダブルス・混合ダブルスの3種目で優勝した。日本勢ではシングルスで福原愛がベスト8、ダブルスで梅村礼・高橋美貴江組がベスト8に入ったのが最高であった。第47回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第49回世界卓球選手権個人戦

    第49回世界卓球選手権個人戦から見た福原愛福原愛

    日本からは男子シングルスに韓陽、松下浩二、岸川聖也、水谷隼、松平健太の5名、女子シングルスに福原愛、平野早矢香、福岡春菜、樋浦令子、藤井寛子の5名、男子ダブルスに岸川聖也、水谷隼組、高木和卓、松平健太組、女子ダブルスに福原愛、藤沼亜衣組、平野早矢香、石川佳純組、混合ダブルスに水谷隼、福岡春菜組、岸川聖也、福原愛組、韓陽、藤沼亜衣組、高木和卓、平野早矢香組、松平健太、石川佳純組が出場した。第49回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 294 (グループ)

    294 (グループ)から見た福原愛福原愛

    横顔が卓球の福原愛選手に似ている。子供の頃たい焼き屋のおじさんに「愛ちゃんに似ている」と言われ、ただでたい焼きを貰ったことがある。2008年12月30日放送「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(フジテレビ)に福原愛選手の顔だけそっくりさんとして出演した。294 (グループ) フレッシュアイペディアより)

  • 第50回世界卓球選手権個人戦

    第50回世界卓球選手権個人戦から見た福原愛福原愛

    日本からは男子シングルスに韓陽、水谷隼、吉田海偉、大矢英俊、松平賢二、松平健太、丹羽孝希の7名、女子シングルスに福原愛、藤沼亜衣、田勢美貴江、平野早矢香、福岡春菜、石川佳純、石垣優香の7名、男子ダブルスに水谷隼、岸川聖也組、松平健太、丹羽孝希組、松平賢二、上田仁組、女子ダブルスに福原愛、平野早矢香組、藤井寛子、石川佳純組、樋浦令子、藤沼亜衣組、混合ダブルスに田勢邦史、田勢美貴江組、水谷隼、平野早矢香組、岸川聖也、石川佳純組、松平健太、福原愛組、松平賢二、若宮三紗子組、上田仁、福岡春菜組、丹羽孝希、森薗美咲組が選ばれた。混合ダブルスの田勢、田勢組は世界選手権日本代表としては初の夫婦によるダブルスであった。第50回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • とっさの中国語

    とっさの中国語から見た福原愛福原愛

    全25回。内容は、基本的に『とっさのハングル』のスタイルを踏襲し、『中国語会話』の2006年度雑誌記者役だった俳優の谷原章介と盧思が中国国内を旅しながら、盧思が谷原にさまざまな場面で役立つ中国語のフレーズを教えていく。東京のスタジオでは陳淑梅が細かく解説、さらに中国でも活躍した卓球選手の福原愛が、その日のキーフレーズを紹介する役割を担う。とっさの中国語 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
163件中 1 - 10件表示

「福原愛」のニューストピックワード