福士加代子 ニュース&Wiki etc.

福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「福士加代子」のつながり調べ

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た福士加代子

    【陸上競技】 リオ五輪代表選手選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンで、福士加代子(ワコール)が2時間22分17秒で優勝。日本陸上競技連盟(以下日本陸連と表記)が定める派遣設定記録(2時間22分30秒)を上回り、代表をほぼ確実にした。しかし「代表内定がもらえなかった」として3月13日に行われる名古屋ウィメンズマラソンにも参戦することを所属先の監督である永山忠幸が2月2日に表明。その後、2月21日に日本陸連強化委員長の麻場一徳が名古屋への出場を控えるように福士サイドと協議する意向であることを明らかにし、2月25日に一般参加で参戦することが一旦発表されたものの、3月1日に福士側が「総合的に判断して」同大会の欠場を表明した。(2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年世界陸上競技選手権大会・女子マラソン

    2013年世界陸上競技選手権大会・女子マラソンから見た福士加代子

    レースは、全チェックポイントを先頭で通過したイタリアの37歳ヴァレリア・ストラーネオによって支配された。エドナ・キプラガトは10キロ地点で先頭集団から30秒近く遅れていた。キプラガトは14キロ地点で先頭集団に追いつき、賈、ワゴイ、キプケテル、メルカム、タデッセ、福士と先頭集団を形成した。先頭集団から最初に賈が脱落、続いてタデッセ、キプケテル、ワゴイが脱落した。25キロ地点で先頭集団から15秒差の5位で木崎が追走していた。30キロ手前で先頭集団から福士が離れた。先頭集団はストラーネオ、キプラガト、メルカムに絞られたが、メルカムは33キロ地点で遅れ、その後福士に逆転された後に棄権した。40キロ地点でキプラガトがスパートしてストラーネオを離し、決着を付けた。世界選手権・女子マラソンにおける2連覇は初めて。14秒差の2位にストラーネオが続き、2分01秒差の3位に福士が入った。(2013年世界陸上競技選手権大会・女子マラソン フレッシュアイペディアより)

「福士加代子」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「福士加代子」のニューストピックワード