90件中 61 - 70件表示
  • 福田健二

    福田健二から見た高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    1993年に習志野高校に進学。本田裕一郎監督からゴールへの執念を買われて、1年時から1軍入りし、1994年の高円宮杯で3位、1995年の高校総体で優勝。同期には廣山を始め、小田島隆幸、西脇徹也、御厨景、桜井啓らがいた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会

    1993年に習志野高校に進学。本田裕一郎監督からゴールへの執念を買われて、1年時から1軍入りし、1994年の高円宮杯で3位、1995年の高校総体で優勝。同期には廣山を始め、小田島隆幸、西脇徹也、御厨景、桜井啓らがいた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た新居浜市

    福田 健二(ふくだ けんじ、1977年10月21日 - )は、愛媛県新居浜市出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たセロ・ポルテーニョ

    2003年夏、海外リーグで経験を積んでいた旧友の廣山から代理人を紹介され、2004年より仙台からリーガ・パラグアージャ(パラグアイ1部リーグ)のクラブ・グアラニーへ半年間の期限付き移籍。リーグ第2節のソル・デ・アメリカ戦で高い打点のヘディングから移籍後初ゴールを記録した。外国籍選手として結果を求められることによってプレーの迷いが消え、激しいボティコンタクトを厭わず、パラグアイ人選手に比べると優れたスピードも活きて得点を量産。コパ・リベルタドーレスでも活躍し、契約延長を勝ち取った。この時のチームメートであるアウレリアーノ・トーレスとは互いに成長を誓い合い、後にスペインでの対戦を果たしている。セロ・ポルテーニョのヘラルド・マルティーノ監督からの移籍オファーを固辞した際には、グアラニーサポーターから「お前を愛している」と横断幕を掲げられた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たアル・アインFC

    イオニコスを離れた後、UAE1部のアル・アインFCやフランス1部のUSブローニュにテスト生として練習に参加したものの契約に至らず無所属となっていた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た袖ケ浦市

    父に引き取られて千葉県袖ケ浦市へ転居した後も金銭的な問題からサッカーを諦めかけたが、同級生で同じサッカークラブに所属していた廣山望ら友人たちの助けもあって中学でもサッカーを続け、1992年のU-15クラブ選手権で全国3位の成績を残した。Jリーグ開幕前だったこともあり、中学卒業時にはサッカーのためにブラジルへの移住を考えるなど当時から海外志向を持っていた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たアジアカップウィナーズカップ

    1996年 アジアカップウィナーズカップ 4試合3得点福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たスペイン

    2006年1月、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部リーグ)のCDカステリョンへ期限付き移籍。パラグアイ及びメキシコでの実績、グアラニ在籍時の監督であるマリオ・ハケからの推薦、スペイン語が話せる点をペペ・モレ監督に評価されての移籍だった。しかし、シーズン途中加入だったためポジション争いから始まり、左サイドに配されたこともあって力を発揮できずに終わった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たコソボ紛争

    名古屋ではドラガン・ストイコビッチの勝利への執着心に刺激を受け、その姿勢を学びとろうと片言の英語を使って話しかけている。英語は元々好きだったが「ストイコビッチと少しでも会話がしたくて」熱心に英語のレッスンを受けたという。二人の話題はコソボ紛争にも及び、1999年3月27日の「名古屋vsヴィッセル神戸」において福田がストイコビッチのアシストから決勝点を挙げた際、ストイコビッチは「NATO STOP STRIKES」とメッセージを示したが、福田もすぐさま駆け寄ってこのメッセージが書かれたシャツを指差し、共にアピールした。ストイコビッチの去就は、福田が名古屋退団を考える切っ掛けの一つとなった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たリーガ・デ・アセンソ

    2005年、プリメーラ・ディビシオン(メキシコ1部リーグ)のCFパチューカへ期限付き移籍。当初はリザーブチーム(2部リーグ)のパチューカ・ジュニアーズに登録されたが、標高2400mの高地にも順応し、出だしから好調なプレーでクラブからの信頼を得ると、コパ・リベルタドーレスではトップチームに入りハレド・ボルヘッティを押しのけて出場した。福田健二 フレッシュアイペディアより)

90件中 61 - 70件表示