90件中 71 - 80件表示
  • 福田健二

    福田健二から見たテレレ

    パラグアイはスペイン語圏であり、2003年時点の福田の語学力は「知っていた言葉はグラシアスとオラくらい」という状態だったが、通訳無しで渡ったため、会う人会う人にとにかく挨拶をすることがコミュニケーションの一歩目となった。辞書で調べながら自身が載っている新聞記事を読み、チームメートが行うテレレを回し飲みしながらの歓談にも欠かさず参加。半年程でスペイン語でのインタビューをこなすようになり、1年程でプレーに支障が出ない程度に成熟させた。メキシコもスペイン語が公用語であったためパラグアイでの経験が活かされ、スペインへの移籍の際も有利に働いた。とはいえ、スペインではパラグアイやメキシコで用いたものとは異義の単語も少なくなく、当初は南米仕込みの発音をからかわれていた。福田によれば、スペイン人はとにかくお喋りが大好きで、敵地への遠征中もサッカーに関係ない話題を含めて終始喋ってばかりいるため、もし日本から直接渡西していたら苦しかっただろうとのこと。愛媛FCのイヴィッツァ・バルバリッチ監督(スペインでのプレー経験が長かった)とも通訳を介さず対話した。香港では漢字の筆談を使って親交を築いている。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たギリシャ

    2008-09シーズンは、ベータ・エスニキ(ギリシャ2部リーグ)のイオニコスFCへ移籍。開幕からの6試合で3得点を挙げ、靭帯損傷による3ヶ月の欠場がありながらも24試合出場9得点と上々の成績を記録。翌シーズンもイオニコスでプレーする予定でいたが、クラブの給与未払いにより1年限りで契約を解除した。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たUAEリーグ

    イオニコスを離れた後、UAE1部のアル・アインFCやフランス1部のUSブローニュにテスト生として練習に参加したものの契約に至らず無所属となっていた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た天然ボケ

    天然キャラ。本人は自覚に無いそうだが、矢部次郎(名古屋)、佐藤由紀彦(東京)、大木勉(愛媛)など、かつてのチームメートの見解は一致している。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た期限付き移籍

    2003年夏、海外リーグで経験を積んでいた旧友の廣山から代理人を紹介され、2004年より仙台からリーガ・パラグアージャ(パラグアイ1部リーグ)のクラブ・グアラニーへ半年間の期限付き移籍。リーグ第2節のソル・デ・アメリカ戦で高い打点のヘディングから移籍後初ゴールを記録した。外国籍選手として結果を求められることによってプレーの迷いが消え、激しいボティコンタクトを厭わず、パラグアイ人選手に比べると優れたスピードも活きて得点を量産。コパ・リベルタドーレスでも活躍し、契約延長を勝ち取った。この時のチームメートであるアウレリアーノ・トーレスとは互いに成長を誓い合い、後にスペインでの対戦を果たしている。セロ・ポルテーニョのヘラルド・マルティーノ監督からの移籍オファーを固辞した際には、グアラニーサポーターから「お前を愛している」と横断幕を掲げられた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たプリメーラ・ディビシオン (メキシコ)

    2005年、プリメーラ・ディビシオン(メキシコ1部リーグ)のCFパチューカへ期限付き移籍。当初はリザーブチーム(2部リーグ)のパチューカ・ジュニアーズに登録されたが、標高2400mの高地にも順応し、出だしから好調なプレーでクラブからの信頼を得ると、コパ・リベルタドーレスではトップチームに入りハレド・ボルヘッティを押しのけて出場した。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たセグンダ・ディビシオン

    2006年1月、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部リーグ)のCDカステリョンへ期限付き移籍。パラグアイ及びメキシコでの実績、グアラニ在籍時の監督であるマリオ・ハケからの推薦、スペイン語が話せる点をペペ・モレ監督に評価されての移籍だった。しかし、シーズン途中加入だったためポジション争いから始まり、左サイドに配されたこともあって力を発揮できずに終わった。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たクラブ・グアラニー

    2003年夏、海外リーグで経験を積んでいた旧友の廣山から代理人を紹介され、2004年より仙台からリーガ・パラグアージャ(パラグアイ1部リーグ)のクラブ・グアラニーへ半年間の期限付き移籍。リーグ第2節のソル・デ・アメリカ戦で高い打点のヘディングから移籍後初ゴールを記録した。外国籍選手として結果を求められることによってプレーの迷いが消え、激しいボティコンタクトを厭わず、パラグアイ人選手に比べると優れたスピードも活きて得点を量産。コパ・リベルタドーレスでも活躍し、契約延長を勝ち取った。この時のチームメートであるアウレリアーノ・トーレスとは互いに成長を誓い合い、後にスペインでの対戦を果たしている。セロ・ポルテーニョのヘラルド・マルティーノ監督からの移籍オファーを固辞した際には、グアラニーサポーターから「お前を愛している」と横断幕を掲げられた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たAFCカップ2016

    AFCカップ2016プレーオフ 1試合0得点福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たフォワード (サッカー)

    福田 健二(ふくだ けんじ、1977年10月21日 - )は、愛媛県新居浜市出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。福田健二 フレッシュアイペディアより)

90件中 71 - 80件表示