1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示
  • 福田健二

    福田健二から見た同音異義語

    パラグアイはスペイン語圏であり、2003年時点の福田の語学力は「知っていた言葉はグラシアスとオラくらい」という状態だったが、通訳無しで渡ったため、会う人会う人にとにかく挨拶をすることがコミュニケーションの一歩目となった。辞書で調べながら自身が載っている新聞記事を読み、チームメートが行うテレレを回し飲みしながらの歓談にも欠かさず参加。半年程でスペイン語でのインタビューをこなすようになり、1年程でプレーに支障が出ない程度に成熟させた。メキシコもスペイン語が公用語であったためパラグアイでの経験が活かされ、スペインへの移籍の際も有利に働いた。とはいえ、スペインではパラグアイやメキシコで用いたものとは異義の単語も少なくなく、当初は南米仕込みの発音をからかわれていた。福田によれば、スペイン人はとにかくお喋りが大好きで、敵地への遠征中もサッカーに関係ない話題を含めて終始喋ってばかりいるため、もし日本から直接渡西していたら苦しかっただろうとのこと。愛媛FCのイヴィッツァ・バルバリッチ監督(スペインでのプレー経験が長かった)とも通訳を介さず対話した。香港では漢字の筆談を使って親交を築いている。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た筆談

    パラグアイはスペイン語圏であり、2003年時点の福田の語学力は「知っていた言葉はグラシアスとオラくらい」という状態だったが、通訳無しで渡ったため、会う人会う人にとにかく挨拶をすることがコミュニケーションの一歩目となった。辞書で調べながら自身が載っている新聞記事を読み、チームメートが行うテレレを回し飲みしながらの歓談にも欠かさず参加。半年程でスペイン語でのインタビューをこなすようになり、1年程でプレーに支障が出ない程度に成熟させた。メキシコもスペイン語が公用語であったためパラグアイでの経験が活かされ、スペインへの移籍の際も有利に働いた。とはいえ、スペインではパラグアイやメキシコで用いたものとは異義の単語も少なくなく、当初は南米仕込みの発音をからかわれていた。福田によれば、スペイン人はとにかくお喋りが大好きで、敵地への遠征中もサッカーに関係ない話題を含めて終始喋ってばかりいるため、もし日本から直接渡西していたら苦しかっただろうとのこと。愛媛FCのイヴィッツァ・バルバリッチ監督(スペインでのプレー経験が長かった)とも通訳を介さず対話した。香港では漢字の筆談を使って親交を築いている。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たゴールデンゴール

    2002年J1・2nd第14節「FC東京vs浦和レッズ(東京スタジアム)」では両者無得点のまま延長戦に入り、途中出場の福田がVゴールを挙げた。この得点はこぼれ玉を押し込んだだけというものだったが、福田は喜びを爆発させて上半身裸になり、ゴール裏のスタンドをよじ登ろうとした。この時、スタンドとピッチの間にある溝に落下してしまい、場内は一時騒然としたが、東京サポーターがスタンド壁面に掲げていた横断幕が偶然にも防護マット代わりとなったおかげで大事には至らなかった。劇的勝利の立役者であることに加え、苦闘を続けていた福田の喜び様は、多くのサポーターに強い印象を残した。なお、同会場ではこれ以後、転落防止ネットが張られている。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たメキシコ

    2005年、プリメーラ・ディビシオン(メキシコ1部リーグ)のCFパチューカへ期限付き移籍。当初はリザーブチーム(2部リーグ)のパチューカ・ジュニアーズに登録されたが、標高2400mの高地にも順応し、出だしから好調なプレーでクラブからの信頼を得ると、コパ・リベルタドーレスではトップチームに入りハレド・ボルヘッティを押しのけて出場した。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た四国ダービー

    愛媛在籍時のダービーマッチでの対戦を機に親交を持ったペ・スンジン(2012年より横浜FCに在籍)から横浜FC香港(後に改称)がFWを探していると聞かされ、2013年1月に香港甲組(1部リーグ)の同クラブへ完全移籍。2012-13シーズン終了までの4ヶ月契約だった。同年、JFA・B級ライセンス取得。香港では前年より加入していたFW吉武剛との共存を求められ、トップ下でチャンスメイクにも励んだ。シーズン最終節では、試合終了間際になってチームを2部降格の危機から救う劇的な同点ゴールを挙げ、チームの1部残留と自身の契約延長を掴んだ。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た1997 FIFAワールドユース選手権

    1996年に高校を卒業し、Jリーグ・名古屋グランパスエイトに加入。「日本人ストライカーを育てたい」と語るアーセン・ベンゲル監督の下、同年3月のスーパーカップで先発出場し、デビュー戦で1得点1アシストを記録した。1997年、U-20日本代表としてワールドユース出場。名古屋ではストイコビッチと好連携を築き、1998年には公式戦18得点(リーグ戦ではチーム得点王となる16得点)を記録。Jリーグで結果を残したことで海外移籍につながると考えていたが、移籍金や契約期間の関係で不調に終わり、翌1999年のシーズン終了後の移籍も叶わなかった。フィリップ・トルシエ監督率いるシドニーオリンピックを目指す日本代表に招集され、アジア予選では平瀬とともにレギュラー格として出場を続けていたが、平瀬が得点を量産するのに対しなかなか得点ができず、スランプだった柳沢が復調してきた事や、ひとつ下のワールドユース組のエース高原がFW争いに加わり、出番が減っていった。トルシエからは「クラブでレギュラーを取らなければ代表でも呼べない」と発破をかけられるが、呂比須ワグナーやウェズレイとのレギュラー争いに勝てずベンチ要員となると、シドニー五輪本大会のメンバーから外れた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会

    父に引き取られて千葉県袖ケ浦市へ転居した後も金銭的な問題からサッカーを諦めかけたが、同級生で同じサッカークラブに所属していた廣山望ら友人たちの助けもあって中学でもサッカーを続け、1992年のU-15クラブ選手権で全国3位の成績を残した。Jリーグ開幕前だったこともあり、中学卒業時にはサッカーのためにブラジルへの移住を考えるなど当時から海外志向を持っていた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見たポストプレー

    2010年は前所属クラブであるイオニコスが移籍証明書の発行を拒否したために開幕戦への選手登録が叶わず、已む無くFIFA承認の下での暫定登録という措置を取り第2節以降の出場が可能となった。サッカー人生初となる主将を任され、巧みなポストプレーや相手DFを引き付ける潰れ役として貢献し、チーム最多の7得点を記録した。しかし2011年、2012年と徐々に出場機会を減らしていき、2012年限りで契約満了により退団。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た愛媛県

    福田 健二(ふくだ けんじ、1977年10月21日 - )は、愛媛県新居浜市出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。福田健二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田健二

    福田健二から見た千葉県

    父に引き取られて千葉県袖ケ浦市へ転居した後も金銭的な問題からサッカーを諦めかけたが、同級生で同じサッカークラブに所属していた廣山望ら友人たちの助けもあって中学でもサッカーを続け、1992年のU-15クラブ選手権で全国3位の成績を残した。Jリーグ開幕前だったこともあり、中学卒業時にはサッカーのためにブラジルへの移住を考えるなど当時から海外志向を持っていた。福田健二 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示