287件中 121 - 130件表示
  • 高浪慶太郎

    高浪慶太郎から見た稲垣潤一稲垣潤一

    稲垣潤一「FM AOR?Respect Remix For JUNICHI INAGAKI?」(編曲)高浪慶太郎 フレッシュアイペディアより)

  • キスなら後にして

    キスなら後にしてから見た稲垣潤一稲垣潤一

    「キスなら後にして」(キスならあとにして)は、1994年リリースの稲垣潤一の31枚目のシングル。キスなら後にして フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木雄大

    鈴木雄大から見た稲垣潤一稲垣潤一

    慶應義塾大学卒業後の1982年、都倉俊一のプロデュースで東芝EMIよりシングル「19,600,000の悲しい夜と眩しい夢」とアルバム「FRIDAY NIGHT」を発売し、正式デビュー(当時の事務所は都倉の経営していた「エスワン・カンパニー」)。翌1983年のシングル「レイニーサマー」でブレイク。同時期に東芝EMIに所属していたシティ・ポップス系のアーティスト(稲垣潤一、安部恭弘、井上鑑)と共に「ニューウェーブ4人衆」と呼ばれて人気を博した。1984年11月、ファンハウスに移籍。1982年から1990年までにシングル17枚とアルバム8枚をリリースした。鈴木雄大 フレッシュアイペディアより)

  • ゴンザレス鈴木

    ゴンザレス鈴木から見た稲垣潤一稲垣潤一

    稲垣潤一「LABIOS」「Cheers For Hearts」(オリジナルアルバム「V.O.Z.」より)、「J's Love Song」(リミックスアルバム「FM AOR?Respect Remix For JUNICHI INAGAKI?」より)ゴンザレス鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • 素顔が一番!

    素顔が一番!から見た稲垣潤一稲垣潤一

    愛のために僕は変わる(稲垣潤一、2000年)素顔が一番! フレッシュアイペディアより)

  • 小柳ゆき

    小柳ゆきから見た稲垣潤一稲垣潤一

    2008年2月20日発売のYuki-K名義の「Rehab - 女神たちの休息 - / Listen」(エイミー・ワインハウスとビヨンセを日本語カバーした企画シングル)より、NAYUTAWAVE RECORDS(ユニバーサルミュージック内)へ移籍。同年10月21日、移籍第1弾となるシングル「we can go anywhere」のプロモーションで「笑っていいとも!」(フジテレビ)に出演した。その2週間後、「稲垣潤一&小柳ゆき」名義で杏里の「悲しみがとまらない」をデュエットでカバーしたシングルをリリース。奇しくもこの日は、杏里のオリジナルのリリースからちょうど25年に当たる。小柳ゆき フレッシュアイペディアより)

  • 夜のストレンジャー

    夜のストレンジャーから見た稲垣潤一稲垣潤一

    稲垣潤一 - 2001年のアルバム『ある恋の物語 My Standard Collection』。安井かずみの訳詞。夜のストレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 郷ひろみの宴ターテイメント

    郷ひろみの宴ターテイメントから見た稲垣潤一稲垣潤一

    第五回(1989年8月23日):北島三郎、五木ひろし、小泉今日子、南野陽子、稲垣潤一、小柳ルミ子、※赤坂プリンスホテル内にあるクリスタル・パレスで収録郷ひろみの宴ターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • たづたづし

    たづたづしから見た稲垣潤一稲垣潤一

    テーマ曲:稲垣潤一「TOKYO ELEGY」たづたづし フレッシュアイペディアより)

  • ロング・バージョン

    ロング・バージョンから見た稲垣潤一稲垣潤一

    「ロング・バージョン」は、1983年リリースの稲垣潤一の6枚目のシングル。ロング・バージョン フレッシュアイペディアより)

287件中 121 - 130件表示

「稲垣潤一」のニューストピックワード