309件中 51 - 60件表示
  • 競走馬

    競走馬から見たケンタッキーダービー

    日本国内に「バルバロ」という、ケンタッキーダービー優勝馬「バーバロ(Barbaro)」と英表記で同一になる競走馬がいる。「バルバロ」は「バーバロ」と同じ2003年生まれで、「バーバロ」が活躍する以前に馬名を登録されたことから問題はなかった。ただし、「バーバロ」が活躍した現在では、「バルバロ」の登録抹消後5年を経過しても「バルバロ」という競走馬名は英表記で「Barbaro」となることから認められない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たダイワメジャー

    疝痛 - 俗に腹痛とよばれるものである。原因はさまざまであり、主として胃や腸など消化器系の内臓異常・疾病で発生する。代表的な疾患としては過食疝・便秘疝・風気疝・寄生疝・痙攣疝・血栓疝・変位疝などがある。馬は一度食べたものを嘔吐できない身体的構造を伴うので、胃腸に食物・消化物がつまりやすい。その結果、胃破裂などを引き起こす(ナリタブライアンがこのケース)。また腸ねん転の場合、非常に危険であるので開腹手術など早急な措置が求められる。また、馬がくっさく・グイッポ(馬房にある馬栓棒などを噛んでしまうクセ。空気を飲み込んでしまうので止めるよう調教される)などをしてしまって空気を飲むことでも発生する。馬はデリケートであるため、緊張のあまりひきおこすこともあるようである(ダイワメジャー)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た姫路競馬場

    また、川崎競馬場や姫路競馬場のように、小回りながら急なコーナーと長い直線という組み合わせの競馬場では、小回り適性・急コーナーに対する適性と直線の末脚の両方が要求される。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たフェブラリーステークス

    日本では芝とダート、2種類のコースによってレースが行われる。芝コースを得意とする競走馬を芝馬、ダートコースを得意とする競走馬をダート馬という。どちらのコースも得意である場合は芝ダート兼用、あるいは万能などと表現される。近年の日本では競走馬を芝あるいはダートの一方に絞って出走させる傾向が強く、芝・ダート両方でグレードワン競走を勝利するような万能馬は稀である。万能馬の例としてはアグネスデジタル(芝で天皇賞(秋)等、ダートでフェブラリーステークス等を勝利)などが挙げられる。また、芝コースでの成績が伸び悩んでいた馬が、ダート転向した結果適性が見出されて大成するというケースも少なくなく、中にはホクトベガ、アドマイヤドン、カネヒキリのように、ダートのトップホースにまで上り詰める事例もある。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たマイラーズカップ

    1968年の金鯱賞を制したローエングリン(1965年生まれ、父・タリヤートス、母・トサモアー)の馬名を再使用した1999年生まれのローエングリンは、中山記念やマイラーズカップなどに勝利した。なお、厩舎、馬主とも両馬との関係はなかった。このほか「コンチネンタル」「ホワイトアロー」などの馬名が再使用されている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た大井競馬場

    持ち回りで開催される南関東公営競馬の4場では、大井競馬場だけが右回りであるため、大井巧者や逆に大井下手と呼ばれる馬が存在する。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た出産

    ウマの妊娠期間は約330日で、それ以上の例もある。出産時期は2 - 6月ころである。生まれた仔馬は出産から約6か月で母馬から強制的に引き離される(これを「離乳」もしくは「子別れ(仔別れ)」と呼ぶ)。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た東京優駿

    日本調教馬も前出の対象競走優勝馬のほかに、一部の東京優駿の優勝馬(例:SHINZAN、TAKE HOPEなど)や著名馬(HAISEIKO)などが登録されている。また2006年度時点のリストには、KATSURANO HAISEIKO、OPEC HORSE(ともに東京優駿優勝馬)が登録されている一方で、St.Lite(1941年の三冠馬)、NARITA BRIAN(1994年の三冠馬)やOGURI CAP(顕彰馬)が未登録など必ずしも一貫して申請・登録されてはいない。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た日本中央競馬会

    日本中央競馬会(JRA)には、かつては生産者から自らが購入し、育成した後に抽選で馬主に販売する、という抽せん馬の制度もあった。現在は法改正に基づきこれを改める形で、購入して自ら育成した後に競り市で販売するという制度を行っており、ピンフッカー的なものに移行しているといえる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見たサル

    生物の知性は一般的に脳と全体の比率によって知性の高さが予測できる。そのためただ単に脳の総重量が大きいからといって人間より知性が高いとは限らない。全体の総重量と比較して、脳の比率が馬よりも高い生物には、ヒト、イヌ、サル、ネコなどがいる。競走馬 フレッシュアイペディアより)

309件中 51 - 60件表示