前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • 調教師

    調教師から見た騎手

    また、調騎分離の制度があり、騎手免許と調教師免許は同時に取得することは出来ないため、騎手免許を持っていた者が調教師免許を取得した場合、騎手免許を返上し騎手を引退するのが通例である。調教師免許を持っていた者が騎手免許を取得した例は、日本では過去の地方競馬の例外的な事例を除けば無い。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た競走馬

    調教師(ちょうきょうし)とは、競馬において厩舎を運営し競走馬を管理することを業とする者のことである。日本の現場では、俗に騎手を逆にした手騎(テキ)と呼ばれている。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た馬主

    なお、調教師免許取得者は、免許取得からいくらかの期間をすでに開業している調教師の下で研修を積むのが通例である。中央競馬ではこの期間の肩書は「技術調教師」と呼ばれている。この期間に馬主との人脈を確保し、開業時の管理競走馬を確保する準備期間も兼ねている。通常、免許所得年は技術調教師として研修し、翌年の3月1日付で開業するケースがでほとんどであったが、近年は、業績悪化に伴い調教師が定年を待たずして勇退するケースも多々見られる事で空き馬房が発生し、新規調教師免許の合格発表からほとんど日を得ず、3月1日の免許交付と同時に開業するケースも見られる様になった(このため、以前は2月中旬に新規調教師免許の合格者が発表されていたが、最近は12月初旬に合格が発表されている)。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た稲葉幸夫

    しかし、中央競馬では総馬房数が限られているにもかかわらず高齢の調教師が引退しないために世代交代がうまく進まず、調教師試験の合格率が5%前後にまで落ち込むなど旧来の制度の弊害が顕著に表れた。そのため、日本調教師会の提案により1989年2月28日から調教師の70歳定年制が導入された。ただし当時は70歳を超える調教師が多数であったため1999年までは経過期間とされ、要件どおりの制度運用が開始されたのは2000年以降である。この制度により、稲葉幸夫、二本柳俊夫、大久保房松といった数多くのベテラン調教師が勇退した。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た大久保房松

    しかし、中央競馬では総馬房数が限られているにもかかわらず高齢の調教師が引退しないために世代交代がうまく進まず、調教師試験の合格率が5%前後にまで落ち込むなど旧来の制度の弊害が顕著に表れた。そのため、日本調教師会の提案により1989年2月28日から調教師の70歳定年制が導入された。ただし当時は70歳を超える調教師が多数であったため1999年までは経過期間とされ、要件どおりの制度運用が開始されたのは2000年以降である。この制度により、稲葉幸夫、二本柳俊夫、大久保房松といった数多くのベテラン調教師が勇退した。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た岩城博俊

    厩舍経営の厳しい現在では、所属馬の成績不振や馬主・競走馬の確保難による収入減によって厩舍運営が立ち行かなくなる事も見られ、実態としては経営破綻に等しい形で調教師免許を返上し、事実上の廃業を余儀なくされるケースも見られる。この場合、定年よりも前の段階で自ら調教師免許を返上し勇退する。過去には理由として「健康面の都合」と公表されていたことがある。なお、JRAでは65歳を迎えた調教師が引退または勇退した場合、慰労金が支給される。一方で1996年3月に開業したものの、13年後の2009年2月に56歳で勇退した岩城博俊は、他厩舎の調教助手として引き続き競馬界に携わっている。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た二本柳俊夫

    しかし、中央競馬では総馬房数が限られているにもかかわらず高齢の調教師が引退しないために世代交代がうまく進まず、調教師試験の合格率が5%前後にまで落ち込むなど旧来の制度の弊害が顕著に表れた。そのため、日本調教師会の提案により1989年2月28日から調教師の70歳定年制が導入された。ただし当時は70歳を超える調教師が多数であったため1999年までは経過期間とされ、要件どおりの制度運用が開始されたのは2000年以降である。この制度により、稲葉幸夫、二本柳俊夫、大久保房松といった数多くのベテラン調教師が勇退した。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た角居勝彦

    中央競馬では物理的な制約という要因から総馬房数が決定され、それを各調教師ごとに配分している。現在では新規開業調教師には少なく割り当てられ(12から16馬房程度)、年々その数を増やすことで、開業当初の不慣れな調教師業での負担軽減と、慣れてきた頃に調教師業の拡大を円滑に行わせる目的がある。また、近年では馬房数は競争原理により増減させるメリットシステムを導入しており(を参照)、調教師が馬主と預託契約を結ぶことのできる頭数には一定の制限が設けられている。以前は管理馬房数の3倍(20頭を超える分の係数は2倍)が預託契約の上限であったが、2013年3月からは2.5倍に引き下げられた。この件に関し、栗東所属の調教師角居勝彦は自身のブログで抗議の意思を示し、2012年生まれとなる1歳(翌2014年の年齢で2歳)馬の預託を一切受け付けないことを表明し物議を醸した(後に撤回)。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た地方競馬全国協会

    日本では競馬法第23条により、農林水産大臣の認可を受け日本中央競馬会と地方競馬全国協会が調教師試験の施行および免許を交付している。調教師 フレッシュアイペディアより)

  • 調教師

    調教師から見た大井競馬場

    地方競馬では定年制の有無は所属場毎に異なっている。一例を挙げると大井競馬では定年制(75歳)が導入されている。その一方で川崎競馬では定年制が無く、八木正雄(1917年2月23日 - 2009年11月24日)は、92歳で亡くなるまでの73年間(騎手兼業時代も含む)、現役の調教師として活躍した。調教師 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示