前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • 東京少女

    東京少女から見た篠崎誠篠崎誠

    東京変身少女 出演:北乃きい、諏訪太朗、志保、滝本ゆに、植岡喜晴 監督:篠崎誠 脚本:瀬田なつき、村越繁東京少女 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅隆太

    三宅隆太から見た篠崎誠篠崎誠

    『怪談新耳袋 怪奇 ツキモノ』 対談:三宅隆太X篠崎誠三宅隆太 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯秀男

    佐伯秀男から見た篠崎誠篠崎誠

    1981年(昭和56年)に地下鉄で佐伯をみかけた池波正太郎は、「先日、久しぶりで佐伯秀男を地下鉄の車内で見た。若いころ、ボクシングできたえた、がっしりとした躰にスポーティなスーツをまとい、大きな旅行鞄を二つも提げ、若い者も顔負けの足取りで、新橋の地下鉄ホームを去って行った」と記している。当時佐伯は満69歳、池波は満61歳であった。1991年(平成3年)、第26回東京ボディビル選手権大会マスターズの部で特別賞を受賞する。最晩年まで「現役最高齢のファッションモデル」、「現役最高齢のボディビルダー」として活動した。1999年(平成11年)にはサンスターの歯磨広告に87歳のボディビルダーとして登場、現役ぶりを示し、2001年(平成13年)9月15日に公開された『忘れられぬ人々』(監督篠崎誠)に出演、主演の三橋達也(1923年 - 2004年)、大木実(1923年 - 2009年)、青木富夫(1923年 - 2004年)のほか、内海桂子(1922年 - )、風見章子(1921年 - 2016年)、星美智子(1927年 - )ら、佐伯よりも10歳若い世代の老優たちに交じって「戦友会の鈴木」という役を演じた。佐伯秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 田口清隆

    田口清隆から見た篠崎誠篠崎誠

    死ね!死ね!シネマ(2011年、篠崎誠監督) ※特撮田口清隆 フレッシュアイペディアより)

  • KAWASAKIしんゆり映画祭

    KAWASAKIしんゆり映画祭から見た篠崎誠篠崎誠

    ゲスト - 淀川長治 橋口亮輔 篠崎誠 上野昂志 佐藤忠男 佐々木史朗 河合美智子 相米慎二 井筒和幸 大森一樹 今村昌平 細野辰興 役所広司 山崎まさよし 篠原哲雄  諏訪敦彦 中島哲也 瀬々敬久 矢口史靖 長尾直樹 藤田傳 阿川佐和子KAWASAKIしんゆり映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • カイエ・デュ・シネマ

    カイエ・デュ・シネマから見た篠崎誠篠崎誠

    1991年には日本語版である「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」が創刊された。80年代にフランス本誌に寄稿していた梅本洋一を編集長として、仏本誌の批評の翻訳紹介、さらには独自の批評活動を展開する。仏本誌同様、執筆者から青山真治、篠崎誠ら映画作家を生む。フィルムアート社、勁草書房、と版元を変遷したのち、2001年に休刊。カイエ・デュ・シネマ フレッシュアイペディアより)

  • 柳下美恵

    柳下美恵から見た篠崎誠篠崎誠

    1995年、山形国際ドキュメンタリー映画祭の映画誕生100年記念上映会でデビュー。2011年に杉田協士監督『ひとつの歌』の音楽を手がけ、2012年に篠崎誠監督『あれから』の音楽を手がける。2012年、カール・テオドア・ドライヤー監督『裁かるるジャンヌ』のUK盤DVDとUK盤Blu-ray Discに柳下のピアノ伴奏が収録された。柳下美恵 フレッシュアイペディアより)

  • 井川耕一郎

    井川耕一郎から見た篠崎誠篠崎誠

    殺しのはらわた(監督篠崎誠、2006年) - 出演井川耕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 先生道

    先生道から見た篠崎誠篠崎誠

    プロデューサー: 丹羽多聞アンドリウ、篠崎誠、鈴木浩介(演出家)ほか先生道 フレッシュアイペディアより)

  • おかえり (映画)

    おかえり (映画)から見た篠崎誠篠崎誠

    自主映画出身で、「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」の映画ライターも経験した篠崎誠監督の長編第一作。『関の弥太っぺ』、『沓掛時次郎 遊侠一匹』等といった往年の東映時代劇を手がけてきた古谷伸が撮影、若松孝二監督作品や小川紳介監督作品に関わっていた栗林豊彦が録音を担当。北野武監督作品常連の寺島進初主演映画でもあり、これまで専らチンピラヤクザといったコワモテな役柄ばかりだった寺島が、心の病を抱えた妻にはじめ翻弄されるが、自分が今まで妻にしてきたことを反省し優しく寄り添う平凡な夫役を演じた。おかえり (映画) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示