57件中 21 - 30件表示
  • 霧立のぼる

    霧立のぼるから見た篠崎誠篠崎誠

    一番目の夫であった佐伯秀男(さえき・ひでお=俳優、本名:鬼武秀治=おにたけ・ひではる、1912年(明治45年)1月9日 - 2003年(平成15年)11月1日)は東京都出身で成瀬巳喜男監督の「雪崩」などで霧立と共演して、篠崎誠監督の「忘れられぬ人々」(2000年)にも出演した。なお、晩年は「現役最高齢の男性ファッションモデル」、「現役最高齢の男性ボディービルダー」として雑誌やテレビ番組などで紹介されており、1993年には81歳で、上岡龍太郎がズバリ!の「男性ボディービルダー50人」の回に33番目の男性ボディービルダーとしてテレビ出演をした。2003年11月1日午後7時35分、胃がんのため逝去。享年91。霧立のぼる フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木 卓爾

    鈴木卓爾から見た篠崎誠篠崎誠

    忘れられぬ人々(2001年、篠崎誠監督) - 出演鈴木卓爾 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤瑛亮

    内藤瑛亮から見た篠崎誠篠崎誠

    造形家の百武朋とは、自主制作時代に映画監督の篠崎誠からの紹介で知り合い、『高速ばぁば』で再会して以来、造形は百武に依頼している。内藤瑛亮 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敦弘

    山下敦弘から見た篠崎誠篠崎誠

    大学時代の先輩に熊切和嘉、山本浩司、宇治田隆史、本田隆一、元木隆史。同期には寺内康太郎、呉美保、柴田剛などがいる。卒業制作として撮った『どんてん生活』のビデオを、知人に配っていたら、篠崎誠経由で(北野武を国際的に紹介した批評家の)トニー・レインズに注目され、国際映画祭に出品される。山下敦弘 フレッシュアイペディアより)

  • 芹川 藍

    芹川藍から見た篠崎誠篠崎誠

    「忘れられぬ人々」(監督:篠崎誠芹川藍 フレッシュアイペディアより)

  • 青木富夫

    青木富夫から見た篠崎誠篠崎誠

    晩年には、鈴木清順監督の『ピストルオペラ』、篠崎誠監督『忘れられぬ人々』などに出演し、後者は2000年(平成12年)にフランスのナント三大陸映画祭にて共演の三橋達也・大木実とともに主演男優賞を受賞した。青木富夫 フレッシュアイペディアより)

  • 保坂大輔

    保坂大輔から見た篠崎誠篠崎誠

    立教大学在学中から映画研究会で自主映画の製作を開始。8mm作品の『ダイナマイト青春』が、2000年京都国際学生映画祭に入選する。卒業後、当時立教大学で講師をしていた篠崎誠の勧めで、映画美学校に入学。西山洋市、瀬々敬久らの下で学ぶ。保坂大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 岡元夕紀子

    岡元夕紀子から見た篠崎誠篠崎誠

    電脳刑事まつり(オムニバス) - 篠崎誠監督「霊感のない刑事」岡元夕紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 東京島

    東京島から見た篠崎誠篠崎誠

    篠崎誠監督が現代人のサバイバルエンタテインメントとして映画化。撮影は実際に鹿児島県の沖永良部島と徳之島で40日以上のオールロケで行われた。エルメスが日本映画史上で初めて本作とコラボレーションし、エルメス伝統のスカーフ「carré」がバッグや洋服になったり、頭に巻いたりと本編各所で象徴的に使われている。東京島 フレッシュアイペディアより)

  • 映画美学校

    映画美学校から見た篠崎誠篠崎誠

    1997年に発足し、2000年に東京都から特定非営利活動法人に認証される。劇映画を学ぶ「フィクション・コース」、ドキュメンタリー映画制作を学ぶ「ドキュメンタリー・コース」、字幕翻訳者を育成する「映像翻訳講座」のほか、2011年に「脚本コース」、「アクターズ・コース」を、2012年に「批評家養成ギブス」が開講される。受講生とプロのコラボレーションによってつくられた『あれから』(篠崎誠監督)が第25回東京国際映画祭「ある視点」部門に出品される。映画美学校 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示