1495件中 31 - 40件表示
  • Open Firmware

    Open Firmwareから見たアップル (企業)アップル (企業)

    Open Firmware(またはOpenBoot)はハードウェアに依存しないファームウェア(オペレーティングシステムをロードするソフトウェア)であり、サン・マイクロシステムズのミッチ・ブラッドリーによって開発され、IEEEにより標準化され、サン・マイクロシステムズ、アップル、IBMなどによって使われている。Open Firmware フレッシュアイペディアより)

  • Zeroconf

    Zeroconfから見たアップル (企業)アップル (企業)

    2000年、Bill Manning と Bill Woodcock が Multicast Domain Name Service を発表し、そこからアップルとマイクロソフトの実装が生まれた。両社の実装はよく似ている。アップルのマルチキャストDNS (mDNS) はオープン仕様だが、マイクロソフトのLLMNR()はIETFの RFC 4795 として公開されている。Zeroconf フレッシュアイペディアより)

  • ポッドキャスト

    ポッドキャストから見たアップル (企業)アップル (企業)

    ポッドキャストは、アップルのポータブルマルチメディアプレーヤーであるiPod(アイポッド)シリーズと、"放送"を意味するbroadcast(ブロードキャスト)を組み合わせた造語である。元々は『iPodシリーズなどの携帯プレイヤーに音声データファイルを保存して聴く事が可能な放送(配信)番組』という意味で名付けられた。出自こそアップルとは無関係であったが、後に半自動でポッドキャスト番組をダウンロードし、iPodシリーズに転送する機能がiTunesに組み込まれた。ポッドキャスト フレッシュアイペディアより)

  • Extended Copy Protection

    Extended Copy Protectionから見たアップル (企業)アップル (企業)

    付属するプレーヤーソフトウエアは音楽を再生することができるが、これ以外の操作は非常に限定されたものだけが許される。たとえば曲をある決まった回数だけ別のCDに焼くとか、それを、ほんの2〜3種類のポータブルプレーヤーのような、特定のサポートされているデバイスにダウンロードするなど。人気のiPod(ソニーの商売敵であるアップルが販売している)はサポートされていない。Extended Copy Protection フレッシュアイペディアより)

  • A/UX

    A/UXから見たアップル (企業)アップル (企業)

    A/UX(エーユーエックス)は、アップルにより開発された、68kMacintosh向けのUNIXである。A/UX フレッシュアイペディアより)

  • 64ビット

    64ビットから見たアップル (企業)アップル (企業)

    しかし1990年代初期、メモリの低価格化によって4GiB以上のメモリを実装することが現実味を帯びてきた。また、同時期に特定のアプリケーションで4GiBの仮想空間の制限が邪魔になってきた。それを受けて、いくつかのコンピュータ企業が64ビットアーキテクチャのプロセッサを、当初はスーパーコンピュータやサーバやハイエンドワークステーション向けにリリースし始めた。64ビットコンピューティングは徐々に一般化していき、アップルのMacintoshが2002年にPowerPC 970プロセッサを採用し、2003年にはx86-64プロセッサが登場してハイエンドのPCに搭載されるようになった。64ビットアーキテクチャによってメモリの上限は264個のアドレス、すなわち約172億GiB(1680万TiB、16EiB)にまで拡張された。分かりやすく例えると、4MiBのメインメモリが主流だった当時、232という上限は典型的なメモリ構成の約1,000倍であった。一方、2015年11月においては8GiBのメインメモリが典型的であり、264という上限はそれの約25億倍である。64ビット フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木八朗

    鈴木八朗から見たアップル (企業)アップル (企業)

    電通のアートディレクターとして多数の作品を手がける。17年担当した日本国有鉄道(JNR)の各種キャンペーンでは「エキゾチックジャパン」や「フルムーン」などのキャッチコピーを生み出した。1985年のアップルコンピュータ日本上陸時の広告も手がけた。鈴木八朗 フレッシュアイペディアより)

  • オズボーン効果

    オズボーン効果から見たアップル (企業)アップル (企業)

    2005年に発表されたアップルコンピュータのインテル製プロセッサ移行(後述)をめぐってオズボーン効果に関する議論が再燃した後に、コラムニストのロバート・クリンジリーはオズボーン社の元従業員であるマイク・マッカーシーにインタビューを行って「オズボーン効果」の裏事情を明らかにしている。オズボーン効果 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロンメモリジャパン

    マイクロンメモリジャパンから見たアップル (企業)アップル (企業)

    アメリカ司法省による刑事訴訟とは別に、DRAMチップを購入していた同国のコンピューターメーカーであるデル、コンパック?コンピュータ、ヒューレット?パッカード、アップル、インターナショナル?ビジネス?マシンズ(IBM)、ゲートウェイの6社から反トラスト法違反による損害賠償請求の民事集団訴訟が起こった。マイクロンメモリジャパン フレッシュアイペディアより)

  • Vine (アプリケーション)

    Vine (アプリケーション)から見たアップル (企業)アップル (企業)

    2015年、子供向けにデザインしたアプリケーションであるVine Kidsをリリースした。子供向けループ再生動画の閲覧に加え、アプリケーションにはスワイプで新しいビデオを見たり、違う音を聴くことができる。アップルのiOSでのみ配信されている。Vine (アプリケーション) フレッシュアイペディアより)

1495件中 31 - 40件表示

「米アップル」のニューストピックワード