前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示
  • NBA

    NBAから見たロサンゼルス・レイカーズ

    1960年 ジェリー・ウェストがミネアポリス・レイカーズに入団。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たレブロン・ジェームズ

    2010年オフにマイアミ・ヒートがFAでレブロン・ジェームズとクリス・ボッシュを同時に獲得して、スリーキングスを結成。大きな話題となる。ヒートは直ちに強豪チームとなり、初のシーズンは、2011年のファイナルでダラス・マーベリックスに敗れたものの、2012年、2013年とチャンピオンとなり連覇した。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見た田臥勇太

    2004年 シャーロット・ボブキャッツが新設され、アメリカに29チーム、カナダに1チームの計30チーム、2カンファレンス6ディヴィジョンに。田臥勇太がフェニックス・サンズに入団。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たマイケル・ジョーダン

    どん底まで沈んでいたNBAを救ったのはマジック・ジョンソンとラリー・バードの登場だった。両者のライバル関係はリーグを活性化させ、1980年代のNBAファイナルはジョンソンのロサンゼルス・レイカーズとバードのセルティックスのいずれかが争った。またマイケル・ジョーダンら次世代を担うスター選手らが続々とNBA入りを果たしたのもこの時期であり、また第4代コミッショナーに就任したデビッド・スターンはリーグのクリーン化に力を注いだ。NBAの人気は加速度的に増していき、チーム数は27にまで増加する。そして80年代末のバッドボーイズの連覇を経て、NBAはジョーダンの時代を迎えた。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見た姚明

    2002年 ホーネッツがニューオーリンズに移転。姚明がヒューストン・ロケッツに入団。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たシャキール・オニール

    21世紀最初の王朝はシャキール・オニールとコービー・ブライアントを擁し3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズだった。またティム・ダンカン擁するサンアントニオ・スパーズも98-99シーズンを含む計4回の優勝を果たすなど、2000年代のNBAはウェスタン・カンファレンスに強豪チームが揃う西高東低と呼ばれる図式となった。また、2000年代は海外出身選手も急増し、2002年、2005年、2006年のNBAドラフトではアメリカ国外出身選手が1位指名を受け、04-05シーズン以降3シーズン連続でシーズンMVPは海外出身選手が獲得しており、06-07シーズンにはシーズンMVPとファイナルMVPを海外出身選手が獲得した。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たコービー・ブライアント

    21世紀最初の王朝はシャキール・オニールとコービー・ブライアントを擁し3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズだった。またティム・ダンカン擁するサンアントニオ・スパーズも98-99シーズンを含む計4回の優勝を果たすなど、2000年代のNBAはウェスタン・カンファレンスに強豪チームが揃う西高東低と呼ばれる図式となった。また、2000年代は海外出身選手も急増し、2002年、2005年、2006年のNBAドラフトではアメリカ国外出身選手が1位指名を受け、04-05シーズン以降3シーズン連続でシーズンMVPは海外出身選手が獲得しており、06-07シーズンにはシーズンMVPとファイナルMVPを海外出身選手が獲得した。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たニューヨーク・ニックス

    NBAはバスケットボール誕生から約半世紀後に創設された。創設の目的はプロアイスホッケーに利用されるアリーナの空き時間を埋めるためであり、初代コミッショナーにはAHLの会長であるモーリス・ポドロフが就任した。1946年11月1日に、トロント・ハスキーズ対ニューヨーク・ニッカボッカーズの顔合わせで初めて試合が行われた。1949年NBLと合併し、ジョージ・マイカンがNBA入りした。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たサンアントニオ・スパーズ

    1976年 ABAが消滅。ABAの4チーム、サンアントニオ・スパーズ、デンバー・ナゲッツ、インディアナ・ペイサーズ、ニューヨーク・ネッツがNBAに加入し、チーム数は22に。NBA フレッシュアイペディアより)

  • NBA

    NBAから見たWOWOW

    日本向け放映権は2017-18シーズンより楽天が独占放映権を取得。楽天ではRakuten TVで週9試合日本語実況を行う他、NBAリーグパスを販売予定(月額税抜900円)。他にはWOWOWで週に5試合程度(生放送中心)、NHK BS1で週に2-3試合程度(録画中継)放映されている。NBA フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
129件中 1 - 10件表示

「米プロバスケットボール」のニューストピックワード