158件中 141 - 150件表示
  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た米 〜Best of Best〜

    2005年6月16日、古くから親交のあるCharの50歳のバースデーパーティーを開催するに当たり、Charの息子であるRIZEのJESSEが、「サプライズで米米をやってほしい」と石井やメンバーに頼み、石井もCharに恩返しするという意味も込めて、久々に演奏することになった。その際バンド名を「米米米CLUB」とし楽曲を演奏。10月21日には、デビュー20周年の日に、ファン投票によるリクエストベストアルバム『米 〜Best of Best〜』がリリース。その頃から、石井がテレビやラジオの番組に出演した際、「米米に関して何か企画している」というような発言が聞かれるようになった。2005年12月には、青山のライブハウスでシュークリームシュの一夜限りの復活ライブが行われ、米米CLUBのメンバーがバンドとして出演した。また、特別ゲストとして小野田が出演し、往年のヒット曲を歌った。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たどうにもとまらない

    コンサートも、他のバンドとは位置付けが大きく違い、「音楽を演奏するためのコンサート」というより「エンターテイメントショーのメインが音楽」というスタンスであり、「何よりもライブが活動の中心」という意識を強く持ち続けていた。多くのコンサートで2パターンないし3パターンの演出を準備し、セット・衣装・曲目ともすべて違うものを日替わりで行うなど、ショーへのこだわりは徹底しており、リハーサルは本番と寸分違わずに行っていたという。コンサートツアーの度に新曲が披露されたが、最後までレコーディングされず、コンサートでしか聴けなかった曲も多い。初期から演奏していた山本リンダの曲は、最後まで人気が高く、小野田のボーカルで「狂わせたいの」「どうにもとまらない」などをよく演奏していたが、「狙いうち」などは、原曲にはない3番を作詞して歌っていた。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たブラス・ロック

    音楽的にはバリエーションが非常に豊富で、主なジャンルはR&B、ソウル音楽、ニュー・ロマンティック、ポップ・ロック、ブラス・ロック、ムード歌謡、ファンク等。楽曲面は別として、編曲面ではBIG HORNS BEEの存在は非常に重要なものになっている。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たパーカッション

    Swing Sue・MARI(マリ)天ヶ谷真利:踊り子、パーカッション、ボーカル米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た音楽家

    1988年4月には、シュークリームシュが正式にメンバーとなって以来、米米CLUBのメンバーは8人という定義で活動していた。「8」という数にこだわり、1993年にはコンサート「THE 8TH OF ACE」で、デビュー8年目を記念し八角形の武道館で8日間公演を行った。1995年4月、その内2人の脱退を境に、BIG HORNS BEEのメンバーやサポートメンバーも米米CLUBの一員であるというスタンスを取るようになり、正規メンバーとサポートメンバーの区別をやめた。コンサート毎に違うサポートミュージシャンが参加することが度々あった。以降はダンサーも増やしたため、メンバーの入れ替えや増加が激しく、彼ら自身ですら最終的に何人で活動しているのか分かっていないことも多く、石井などはトーク番組で「うちはメンバーが何人いるのかわからない」とネタにしていたほどであった。なお、再結成後は正規メンバーとサポートメンバーの区別を再び行っている。また、定義上は「米米CLUBは8人」だが、現在はこれに林部が正規メンバーに加入し、9人として今に至る。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た第47回NHK紅白歌合戦

    2007年の第58回NHK紅白歌合戦に、第47回以来11年ぶりに出場。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た千秋楽

    2009年には、10月14日に2年ぶりの最新アルバム『SUNRICE』の発売が決定。全国ホールツアーとしては「a K2C ENTERTAINMENT SHARISHARISM DECADENCE」ツアー以来17年ぶりとなるホールツアー「SUNRICE〜宇宙からの地球編・地球からの宇宙編」を行い、追加公演として2010年1月に横浜アリーナで「LOVE SUNRICE編・SUNRICE LIVE編」を行った。また、仙台公演中にカールスモーキー石井の体調不良により、2009年12月に予定されていた大阪公演は、2010年2月に延期となり「宇宙からの地球編・地球からの宇宙編」で2月5日で千秋楽となった。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た浪漫ストリーム

    シーモネーター時代に米米CLUBの浪漫飛行をサンプリングした「浪漫ストリーム」を2002年4月にリリース。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見たクレジットタイトル

    そうした状況の変化が原因となってか、1995年には結成当初からのメンバーであった坂口と得能が脱退。米米CLUBの基本的姿勢として、すべての楽曲で「作詞・作曲(・編曲) 米米CLUB」とクレジットし、ギャラを全メンバーできっちり等分するというものがあったが、1993年頃から編曲の名義は個人名も出し、石井の映画主題歌などでは石井個人名義でクレジットする、などの行動があったことにより、軋轢が生じたとの見方もある。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

  • 米米CLUB

    米米CLUBから見た司会

    ファンクミュージックをベースとした楽曲や演奏技術、メンバーの音楽センスは、高く評価する声もあったが、奇抜な衣装やメイク、コントのようなMCやキャラクター重視で寸劇混じりの演出などにより、デビュー当初は“イロモノ”として扱われることが多かった。当時、同じソニー系列のレコード会社に所属していた聖飢魔II、爆風スランプと合わせて「ソニー三大色物バンド」と呼ばれていたこともあった。米米CLUB フレッシュアイペディアより)

158件中 141 - 150件表示

「米米CLUB」のニューストピックワード