米紙ロサンゼルス・タイムズ ニュース&Wiki etc.

ロサンゼルス・タイムズ(英語:Los Angeles Times)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州・ロサンゼルスで発行され、主にアメリカ合衆国西部で購読される日刊紙。しばしば「L.A. Times」とも呼ばれる。米国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォールストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ロサンゼルス・タイムズ」のつながり調べ

  • デヴィッド・T・フレンドリー

    デヴィッド・T・フレンドリーから見たロサンゼルス・タイムズ

    1978年にノースウェスタン大学を卒業後にジャーナリストとなり、『ニューズウィーク』誌のスタッフライターとなった。1985年に『ロサンゼルス・タイムズ』へと移ると映画産業関係のコラムを執筆するようになり、1987年にはイマジン・エンターテインメントの設立者のブライアン・グレイザーとロン・ハワードの誘いで同社の映画部門の副社長となった。同社では『マイ・ガール』、『』、『バラ色の選択』、『』、『チェンバー/凍った絆』で製作総指揮を務めた。1994年にはの社長に就任し、同社で『デイライト』、『ウィズ・ユー』を製作した。また自らの製作会社であるフレンドリー・プロダクションズを立ち上げ、『愛ここにありて』を製作した。2000年9月にはマーク・タートルトーブと共同でディープ・リヴァー・プロダクションズを立ち上げた。(デヴィッド・T・フレンドリー フレッシュアイペディアより)

  • Terra Nova 〜未来創世記

    Terra Nova 〜未来創世記から見たロサンゼルス・タイムズ

    2011年6月、パイロット版を見たジャーナリストの投票により、で「最もエキサイティングな新シリーズ」の8作品のうちの1作となった。『Pittsburgh Post-Gazette』では『Outcasts』と比較された。『ロサンゼルス・タイムズ』では、「秋季で最もエキサイティングな番組」と書かれた。『ニューヨーク・ポスト』では「良い家族の娯楽」と呼ばれた。『ウォール・ストリート・ジャーナル』では「各エピソードは映画のようなプロダクション・バリューで、古くチープなセット・シリーズを滅ぼす」と書かれた。『ワシントン・ポスト』では「文字通りこの秋最大のテレビ番組『Terra Nova』は、タイムトラベル、間違ったユートピア、『スイスのロビンソン』型の結束、空腹の恐竜、全てがある。それらすべてが輝いている。」と書かれた。(Terra Nova 〜未来創世記 フレッシュアイペディアより)

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード