米軍厚木基地 ニュース&Wiki etc.

厚木海軍飛行場(あつぎかいぐんひこうじょう)は、神奈川県綾瀬市と大和市にまたがる軍用飛行場で、アメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している軍事基地。県内で唯一、固定翼ジェット機が離着陸できる航空施設である。航空管制は海上自衛隊が行なっている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「厚木海軍飛行場」のつながり調べ

  • 相模野台地

    相模野台地から見た厚木海軍飛行場

    東京に近く、広大な平坦地が広がっていることから、昭和初期(1930年代以降)に軍関係の施設が相次いでこの地域に進出した。陸軍の士官学校(座間町・新磯村、現座間市・相模原市。1937年)、相模陸軍造兵廠(大野村・相原村、現相模原市。1938年)や、海軍の厚木飛行場(大和町・渋谷町・綾瀬村、現大和市・綾瀬市。1942年)、高座海軍工廠(座間町、現座間市。1944年)などが代表的なものである。主に北半部には陸軍、南半部には海軍の施設が進出した。(相模野台地 フレッシュアイペディアより)

  • 小柴貯油施設

    小柴貯油施設から見た厚木海軍飛行場

    所在地は金沢区柴町、長浜、幸浦二丁目、並木三丁目にまたがる。陸上部の面積は526,205m2で、そのうち国有地511,859m2(97.3%)、市有地4,746m2(0.9%)、民有地は9,600m2(1.8%)を占める。制限水域は約470,000m2で、このうち後述のBバース跡のの点を中心とする半径365.5メートルの円周によって囲まれる水域約420,000m2は未返還であり、浚渫や底引き網は制限される。陸上部には地下タンク29基と地上タンク5基があり、地下タンクは直径37?38m・高さ28?29mの大型タンク11基、直径18m・高さ20?21mの中型タンク14基、10×18×6.5mのスペースに2基ずつ納められた小型タンク計4基。1981年に爆発火災を起こした6号タンクは、大型のタイプである。地上タンクは直径23m・高さ11mのものが4基と、直径15m・高さ9mのものが1基ある。このうち小型地下タンク4基と直径15mの地上タンクは東側の低地、残りは丘陵部に配置されていた。地下タンクの内空体積の合計は458,781m3であった。シーバースは、金沢区東部の海上に北東に向かうAバース・南東に向かうBバースの2か所あり、海底および長浜水路沿いのパイプラインで陸上部につながっていた。Aバースで大型タンカーから航空燃料を陸揚げし、Bバースで小型タンカーに積み込み鶴見区安善町の鶴見貯油施設に移送し、さらに横田飛行場・厚木海軍飛行場・立川飛行場に陸送するものであったが、金沢地先埋立事業に支障するため、1975年にBバース側に集約された。現在は横須賀市の吾妻島に所在する吾妻倉庫地区から鶴見貯油施設に航空燃料が輸送される。(小柴貯油施設 フレッシュアイペディアより)

「厚木海軍飛行場」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「米軍厚木基地」のニューストピックワード