前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • 経済

    経済から見た伊藤元重

    伊藤元重 『入門|経済学』 日本評論社,1988年経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た企業

    生活に必要な物やサービスは需要と供給の上に成り立っており、それらの消費のために生産が必要となる。社会が生育し近代化する過程において、自給自足から生活に必要な物やサービスを交換し合うシステムが構築されることでさらに豊かになって行った。この交換を潤滑にするものが金である。近代社会における経済は、物やサービスを生産する企業、物やサービスを消費する消費者である家庭(家計)、公共的サービスを提供する政府の3つに分けられる。以上のような経済を主な対象とする学問として、経済学がある。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見たN・グレゴリー・マンキュー

    N・グレゴリー・マンキュー著、足立英之、石川城太、小川永治、地主敏樹、中馬宏之、柳川隆訳 『マンキュー経済学1 ミクロ編(第2版)』 東洋経済新報社、2005年経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た福澤諭吉

    日本のみならず漢字文化圏のほとんどの国では、上記のような"economy"を意味する「経済」の語が普及している。この「経済」という言葉は、幕末維新期の日本において、初め(古典派経済学における)"political economy"の訳語として導入された。この訳語の考案者を福澤諭吉とする文献もあるが、福沢が書物の名前ないし講義名として「経済」という語を用いた時点(1862年、1868年)で、すでに1862年発行の辞書『英和対訳袖珍辞典』がpolitical economyの訳語として「経済」「経済学」の訳語を挙げており、同じ年に西周が手紙の中で「経済学」の語を用いている。これらの点から、福沢一人をこの訳語の作者とするのは困難である。訳語として同時期に資生も提唱されたが、こちらはあまり普及しなかった。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見たアルフレッド・マーシャル

    日本語の「経済」は英語の"economy"の訳語であるが、この語は古典ギリシャ語の ''(家政術)に由来する。 は家を意味し、 は規則・管理を意味する。従って、economyの本来の意味は家庭のやりくりにおける財の扱い方であるが、近代になってこれを国家統治の単位にまで拡張し、以前の意味と区別して政治経済学(political economy)という名称が登場する(この名称は後にアルフレッド・マーシャルによってeconomicsと改められた。)。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見たジョセフ・E・スティグリッツ

    ジョセフ・E・スティグリッツ著、藪下史郎、秋山太郎、金子能宏、木立力、清野一治訳 『スティグリッツ マクロ経済学 第2版』 東洋経済新報社、2001年。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た西周 (啓蒙家)

    日本のみならず漢字文化圏のほとんどの国では、上記のような"economy"を意味する「経済」の語が普及している。この「経済」という言葉は、幕末維新期の日本において、初め(古典派経済学における)"political economy"の訳語として導入された。この訳語の考案者を福澤諭吉とする文献もあるが、福沢が書物の名前ないし講義名として「経済」という語を用いた時点(1862年、1868年)で、すでに1862年発行の辞書『英和対訳袖珍辞典』がpolitical economyの訳語として「経済」「経済学」の訳語を挙げており、同じ年に西周が手紙の中で「経済学」の語を用いている。これらの点から、福沢一人をこの訳語の作者とするのは困難である。訳語として同時期に資生も提唱されたが、こちらはあまり普及しなかった。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た

    生活に必要な物やサービスは需要と供給の上に成り立っており、それらの消費のために生産が必要となる。社会が生育し近代化する過程において、自給自足から生活に必要な物やサービスを交換し合うシステムが構築されることでさらに豊かになって行った。この交換を潤滑にするものがである。近代社会における経済は、物やサービスを生産する企業、物やサービスを消費する消費者である家庭(家計)、公共的サービスを提供する政府の3つに分けられる。以上のような経済を主な対象とする学問として、経済学がある。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た消費

    生活に必要な物やサービスは需要と供給の上に成り立っており、それらの消費のために生産が必要となる。社会が生育し近代化する過程において、自給自足から生活に必要な物やサービスを交換し合うシステムが構築されることでさらに豊かになって行った。この交換を潤滑にするものが金である。近代社会における経済は、物やサービスを生産する企業、物やサービスを消費する消費者である家庭(家計)、公共的サービスを提供する政府の3つに分けられる。以上のような経済を主な対象とする学問として、経済学がある。経済 フレッシュアイペディアより)

  • 経済

    経済から見た失業率

    経済成長とは経済規模の増大や生産性の向上といった経済的な能力の伸びを示す概念である。国あるいは地域の経済規模は、国民総生産(GNP)や国内総生産(GDP)によって測られる。これら産出量の変化率が経済成長率であり、狭義にはこの変化率の長期的上昇傾向を指して経済成長と呼ぶ。経済成長を決定づける要因や、経済成長率と失業率、物価などとの関連を分析する経済学の分野としてマクロ経済学がある。経済 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「経済の話題」のニューストピックワード