2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
110件中 101 - 110件表示
  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たヘキサゴンファミリーコンサート

    10月4日に『ヘキサゴンファミリーコンサート』開催、それぞれのソロ楽曲も披露された。新曲「我が敵は我にあり」「南の島〜友へ〜」を含む番組発コンピレーション・アルバム『WE LOVE ヘキサゴン』はオリコン1位を獲得。同月、羞恥心とPaboのメンバーおよび『ヘキサゴンII』プロデューサーの神原孝に「フジテレビ社長賞」が授与された。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たやわらか戦車

    ネットアニメ『やわらか戦車』第18話(2008年公開)に、「笠恥羞」(りゅうちしゅう)という三人組の音楽グループが登場している。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たウルトラマンダイナ

    リニューアル前の『クイズ!ヘキサゴン』時代から「おバカタレント」の称号が与えられている。番組初登場は2005年7月6日放送分と最も早く(ただし当初は中庸な成績で、それほど目立つ存在ではなかった)、常連となったのも2007年3月頃と最も早い。羞恥心以前に出演者テロップに付け加えられていた肩書きは「俳優/ミュージシャン」「俳優/元ウルトラマンダイナ」など。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たキューピー

    それぞれのイメージカラーの服とイメージカラーとは別の色の眼鏡を着用し、顔は個々にやや似せて描かれた、三頭身ほどの小人のようなキャラクター。「羞恥心」のミュージックビデオで初登場。以降CD付属のDVDに1分程度のアニメが収録されたほか、『ヘキサゴンII』の番組グッズなどで展開された。このキャラクターを元にした「羞恥心キューピー」「羞恥心キティ」が公式に作られている。並び順は左から「羞」・「恥」・「心」が基本で、実際の羞恥心の立ち位置(左から心・羞・恥)とは異なる。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たヘキサゴンファミリーコンサート 2011 WE LIVE ヘキサゴン

    2011年11月26日、『ヘキサゴンファミリーコンサート2011』開催。出演告知のなかった野久保がコンサート途中でサプライズで登場。約2年ぶりに3人全員が公の場に揃い、さらにこのコンサート中に正式に解散が発表された。つるの・上地・野久保はそれぞれのブログやTwitterでその心情を明かした。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たスーパーインポーズ (映像編集)

    リニューアル前の『クイズ!ヘキサゴン』時代から「おバカタレント」の称号が与えられている。番組初登場は2005年7月6日放送分と最も早く(ただし当初は中庸な成績で、それほど目立つ存在ではなかった)、常連となったのも2007年3月頃と最も早い。羞恥心以前に出演者テロップに付け加えられていた肩書きは「俳優/ミュージシャン」「俳優/元ウルトラマンダイナ」など。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たキャッチコピー

    年齢順につるのが長男、上地が次男、野久保が末っ子という立場で扱われる、または自ら称することがある。戦国三大武将に準えた「鳴かぬなら…ホトトギス、○です」というキャッチフレーズは、2008年1月30日放送の『ヘキサゴンII』内で発表された。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た社会現象

    1980年代アイドル風の楽曲「羞恥心」でCDデビュー。同曲のヒットをフジパシフィック音楽出版は「社会現象的な大ヒット」と表現した。発売したシングル3作は全てオリコン年間シングルチャートの20位以内にランクインし、2008年のオリコン年間ランキング新人部門作品別/アーティスト別売上ランキングで1位を獲得。オリコンスタイルは羞恥心を「国民的人気キャラクター」「2008年を代表するキャラクター」などと評した。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たリミックス

    羞恥心として発表した単体名義の作品は、2008年に発表された「羞恥心」「泣かないで」「弱虫サンタ」のシングル3作のみである。CD化されているオリジナル楽曲数は6曲(リミックスを除く)で、『ヘキサゴンII』発ユニットの中ではサーターアンダギー、里田まい with 合田兄妹/家族に次ぐ数である。シングルを発表した『ヘキサゴンII』発ユニットの中で、最も多い累計売上枚数・平均売上枚数を記録している。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見たコンピレーション・アルバム

    10月4日に『ヘキサゴンファミリーコンサート』開催、それぞれのソロ楽曲も披露された。新曲「我が敵は我にあり」「南の島〜友へ〜」を含む番組発コンピレーション・アルバム『WE LOVE ヘキサゴン』はオリコン1位を獲得。同月、羞恥心とPaboのメンバーおよび『ヘキサゴンII』プロデューサーの神原孝に「フジテレビ社長賞」が授与された。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
110件中 101 - 110件表示