前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
323件中 1 - 10件表示
  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たハビエル・フェルナンデス

    影響を受けた選手として、エフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、ステファン・ランビエール、ハビエル・フェルナンデス、ディック・バトンを挙げている。同郷の荒川静香は東北高、早稲田大(荒川は教育学部)でも先輩(13歳上)にあたり、彼女の代名詞であるレイバック・イナバウワーを自身の演技に取り入れ、荒川へのリスペクトを示している。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たパトリック・チャン

    世界選手権のショートでは7位発進と出遅れる。しかしフリーでは中盤繋ぎの部分で突然転倒するアクシデントを起こしながらも、エレメンツはパーフェクトにまとめ巻き返し2位まで追い上げる。この結果総合で3位に入り、初出場で銅メダルを獲得。特に技術要素点ではパトリック・チャン・高橋大輔らを上回る同大会最高の点数をマークした。17歳3ヶ月でワールドメダリストとなったが、これは日本男子史上における最年少記録となっている。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た荒川静香

    影響を受けた選手として、エフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、ステファン・ランビエール、ハビエル・フェルナンデス、ディック・バトンを挙げている。同郷の荒川静香は東北高、早稲田大(荒川は教育学部)でも先輩(13歳上)にあたり、彼女の代名詞であるレイバック・イナバウワーを自身の演技に取り入れ、荒川へのリスペクトを示している。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たネイサン・チェン

    12月8日よりマルセイユで開催のグランプリファイナルに、史上初となる4連覇をかけ出場。ショート冒頭の4回転ループの着氷を何とか堪え、全てのジャンプを成功。スピン、ステップの全てで最高評価のレベル4を獲得した。ステップはジャッジ9人中8人がGOE満点のプラス3をつけ、上限となる2.1点の加点を得るという圧倒的な演技で、シーズンベストを更新する106.53点をマーク。首位発進で臨んだフリーだったが、冒頭の4回転ループと4回転サルコーは成功するも、演技後半の4回転サルコーで転倒するなどミスが相次ぎ失速。得点を伸ばすことができず、フリーは全体3位となる187.37点にとどまった。しかしながらショートでの大幅なリードに助けられ、2位まで追い上げたネイサン・チェンに10点以上差を付ける合計293.90点で大会を制し、男女を通じてグランプリファイナル史上初となる4連覇を達成した。また大会4度の優勝は、男子では羽生が憧れるエフゲニー・プルシェンコと並ぶ記録となる。この結果を喜ぶ一方、ノーミスの演技を達成できなかった悔いの残るシーズン前半戦を「めちゃくちゃ悔しい。反省点だらけ」と総括。シーズン後半に向け改めて、4回転ジャンプ4本を組み込むフリー構成の完成を目指す。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た清水宏保

    2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病があり、スケートを始めた当初の目的のひとつは、喘息を克服することにあった。15歳の時に、喘息の持病がありながら五輪金メダリストになった清水宏保に会う機会があり、スケートを続けていくための助言を得た経験がある。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た全日本空輸

    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手。男子シングル。全日本空輸 (ANA) 所属。早稲田大学人間科学部(通信教育課程 eスクール)在学中。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たエフゲニー・プルシェンコ

    影響を受けた選手として、エフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、ステファン・ランビエール、ハビエル・フェルナンデス、ディック・バトンを挙げている。同郷の荒川静香は東北高、早稲田大(荒川は教育学部)でも先輩(13歳上)にあたり、彼女の代名詞であるレイバック・イナバウワーを自身の演技に取り入れ、荒川へのリスペクトを示している。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見た宇野昌磨

    続く全日本選手権ではさらなる記録更新に期待がかけられたが、フリーの演技後半の2度のジャンプの転倒が響き183.73点という得点に。トータルは286.36点にとどまった。2位の宇野昌磨に20点近い大差をつけ、男子史上29年ぶりとなる大会4連覇を果たしたものの「ひどい演技をしてしまった。自分の中では勝ったとは思っていない」と悔しさをあらわに、2015年を締めくくる試合を終えた。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たISUグランプリファイナル

    男子シングル競技における主要な戦績として、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続優勝(男子シングル種目で66年ぶりの2連覇)。2014年世界選手権・2017年世界選手権2回優勝。グランプリファイナル4連覇(2013年 - 2016年)、全日本選手権4連覇(2012年 - 2015年)。世界ランキングは、2013年10月より1位を保持している。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生結弦

    羽生結弦から見たオリコン

    2014年7月16日に発売された初の映像作品「覚醒の時」は初週売り上げ2.1万枚を記録し、オリコン週間DVDランキングで最高位1位を記録した。スポーツ選手のDVDが総合1位となるのは1999年4月のDVDランキング開始以来史上初となった。また、同時発売のBlu-ray Discもオリコン週間Blu-rayランキングの総合3位となっており、こちらもスポーツ関連Blu-ray Discとしては、DVD同様に歴代最高位と歴代最高初週売上枚数となった。羽生結弦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
323件中 1 - 10件表示

「羽生結弦」のニューストピックワード