499件中 141 - 150件表示
  • 吉江景資

    吉江景資から見た能登国能登国

    上杉謙信に旗本として仕え、謙信の関東や越中出兵の際は春日山城留守居役軍監などを務めた。永禄10年(1567年)には下野唐沢山城を守った。天正年間からは、能登、越中を転戦した。吉江景資 フレッシュアイペディアより)

  • 気多本宮

    気多本宮から見た能登国能登国

    能登国総鎮守で、上代には能登の大神と仰がれていた。大己貴命を祭神とする。気多本宮 フレッシュアイペディアより)

  • 山田文右衛門

    山田文右衛門から見た能登国能登国

    山田 文右衛門(やまだ ぶんえもん)は、天明年間に能登国から蝦夷地に進出した商人。「文右衛門」は当主によってたびたび襲名されている。山田文右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 平頼盛

    平頼盛から見た能登国能登国

    6月になると、清盛は突如として福原行幸を強行する。福原では頼盛の邸宅が内裏となり、次いで高倉上皇の御所となった。頼盛は邸宅を提供した功により正二位に叙せられる。遷都計画は準備不足のため思うように進まず、全国各地で反乱が頻発していた。11月には富士川の戦いで追討軍が大敗したという報告が福原に届き、頼盛と教盛が新たに東国追討使となっている。ここに至り、清盛も遷都を断念せざるを得なくなった。11月26日、京都に戻った高倉上皇は頼盛の六波羅池殿に入り、そこで病の床についた。翌月から平氏は総力を挙げて反撃を開始する。一門の知行国には兵糧米が課せられ、能登国(教盛の知行国)・但馬国(経盛の知行国)は了承したが、紀伊国・佐渡国(頼盛の知行国)は「力及ばず」と返答した。平頼盛 フレッシュアイペディアより)

  • 越前騒動

    越前騒動から見た能登国能登国

    『徳川実紀』によると、翌28日に判決が言い渡され、今村盛次は陸奥磐城平藩の鳥居家預け、清水孝正は陸奥仙台藩の伊達家預け、林定正は出羽山形藩の最上家預け、、岡部自休は能登に配流。慶長18年に中川一茂は信濃に配流、落合美作は紀伊に配流、広沢重信も配流、谷兵庫(谷衛好次男)は改易となったが、久世方の本多らには全く処分がなかった。越前騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 冷泉為広

    冷泉為広から見た能登国能登国

    能登国守護の畠山氏と最も親しく、能登国に長らく在国し、同国で薨去したともいわれる。冷泉為広 フレッシュアイペディアより)

  • 前田安勝

    前田安勝から見た能登国能登国

    永禄12年(1569年)、主君・織田信長の命で前田氏の家督を継いでいた兄・前田利久が隠居し、弟・前田利家が家督を継ぐが、安勝が利家に仕えるのは利家が越前府中に城を構えてからであった。のちに七尾城代となり、知行1万3500石を有し、能登国支配を一任されるなど利家からの信頼は厚かった。前田安勝 フレッシュアイペディアより)

  • 三条公頼

    三条公頼から見た能登国能登国

    1529年(享禄2年)4月3日、守護畠山義総を頼って能登国に下向。5月25日、帰洛。三条公頼 フレッシュアイペディアより)

  • 源隆綱 (醍醐源氏)

    源隆綱 (醍醐源氏)から見た能登権守能登国

    天喜2年2月22日(1054年4月2日) - ? 能登権守源隆綱 (醍醐源氏) フレッシュアイペディアより)

  • 寺西秀則

    寺西秀則から見た能登国能登国

    寺西氏は桓武平氏千葉一族という。秀則は石見守秀之の子として尾張国荒子に生まれた。織田信長に仕え佐久間信盛の与力とされ、野洲川の戦い、姉川の戦いで功を顕し近江石部城主となる。天正3年、長篠の戦いで重傷を負った。その後石山合戦に従軍したが、信盛の失脚に秀則も連座して追放された。秀則は佐渡国を目指して落ち行く途上、能登国七尾で同郷の前田利家に慰留され、信長横死後に5千俵を給され臣下となった。その後賤ヶ岳の戦い、末森城の戦いに従軍、加賀松任城代を務め、累功によって5千石を領した。慶長16年死去。子孫は加賀藩士として続いた。弟・清左衛門之政は滝川一益、織田信雄に仕えたのち、天正19年、浅野長政に1500石をもって仕え、子孫は安芸広島藩士となっている。寺西秀則 フレッシュアイペディアより)

499件中 141 - 150件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード