499件中 151 - 160件表示
  • 嫁威谷

    嫁威谷から見た能登国能登国

    文明3年(1471年)、蓮如が北国筋の勧化のために、越前国吉崎道場において、朝夕に化導したとき、加賀国、能登国、越中国、越後国、信濃国、出羽国、奥羽の信者が説教を聴聞するために群衆した。その中で、越前国二袴の百姓である与惣治夫婦は、ひとえに蓮如上人の高徳を慕い、教化によって即得往生の果を得ようと、暇を見ては吉崎に通った。これを見て、与惣治の母は、無信心や邪見の心から、明け暮れの後世願いに通い詰めることは家業の妨げであるとして、吉崎通いを止めさせようと考えた。嫁威谷 フレッシュアイペディアより)

  • 花嫁のれん

    花嫁のれんから見た能登国能登国

    幕末から明治時代にかけて、加賀藩の領地である加賀・能登・越中の地域で行われた。平成時代に入っては石川県能登地方の観光資源としても扱われており、地域で受け継がれた花嫁のれんの展示会やこれを使用した花嫁道中などの観光イベントが行われ、「花嫁のれん」の語は七尾市の一本杉通り振興会によって商標登録されている(第5353935号)。花嫁のれん フレッシュアイペディアより)

  • 河合谷村

    河合谷村から見た能登国能登国

    村名はこの地域の通称に依った。現在の津幡町の中では、令制国の区分においては唯一能登国に属していた地域であり、能登国の中では一番南に位置していた。「かわいだにむら」とも称した。河合谷村 フレッシュアイペディアより)

  • 南大海村

    南大海村から見た能登国能登国

    村名はこの地域が江戸時代の「押水大海荘」の南部だったことによる。現在のかほく市の中では、この旧・南大海村の区域のみ令制国の区分において能登国に属していた地域であった。南大海村 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義元

    畠山義元から見た能登国能登国

    畠山 義元(はたけやま よしもと)は、室町時代の能登の守護大名。畠山義元 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山義統

    畠山義統から見た能登国能登国

    畠山 義統(はたけやま よしむね)は、室町時代後期から戦国時代前期の武将、守護大名。室町幕府相伴衆、能登守護。能登畠山氏の第3代当主。2代当主畠山義忠の嫡男畠山義有の嫡男。弟に政国。子に義元、慶致、義智。畠山義統 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山慶致

    畠山慶致から見た能登国能登国

    畠山 慶致(はたけやま よしむね)は、室町時代後期の能登の守護大名。能登畠山氏の第5代当主。畠山慶致 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山満慶

    畠山満慶から見た能登国能登国

    畠山 満慶(はたけやま みつのり)は、室町時代の守護大名。室町幕府相伴衆、越中・紀伊・河内・能登守護。能登畠山氏の初代当主。畠山基国の次男で、満家の弟。子に畠山義忠、畠山教国(のりくに)がいる。畠山満慶 フレッシュアイペディアより)

  • 射水郡

    射水郡から見た能登国能登国

    江戸時代までは越中国の北西部一帯を占める郡で、現在の高岡市の一部(北部・中部)、富山市の一部(老田地区)、射水市、氷見市の市域に相当する。南を礪波郡、東を婦負郡、北と東を加賀国・能登国に接する。律令時代には伏木(現 高岡市伏木)に越中国府が置かれた。射水郡 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部正備

    阿部正備から見た能登国能登国

    文政6年(1823年)、肥前大村藩主・大村純昌の五男として生まれる。天保9年(1838年)5月12日に先代藩主・阿部正瞭が亡くなったため、養子となり同年6月28日に跡を継ぎ、従五位下能登守に叙任された。天保14年(1843年)9月、奏者番になったが、弘化4年(1847年)に辞任。翌年の嘉永元年(1848年)5月10日には隠居し、養子の正定に家督を譲った。明治7年(1874年)、52歳で死去した。阿部正備 フレッシュアイペディアより)

499件中 151 - 160件表示

「能登のできごと」のニューストピックワード