航空自由化 ニュース&Wiki etc.

オープンスカイ協定(オープンスカイきょうてい)とは、1995年頃にアメリカで提唱された協定で航空会社が2ヶ国間あるいは、地域内の各国において空港の発着枠、航空路線、便数などを決められる航空協定の事である。。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「航空協定」のつながり調べ

  • 日本航空 (持株会社)

    日本航空 (持株会社)から見た航空協定

    日本航空システム発足当初は、貨物事業(国内・国際とも)を「日本航空カーゴ」として分社する計画だったが、航空協定上の問題があったため、日本航空インターナショナルの事業とした。(日本航空 (持株会社) フレッシュアイペディアより)

  • 福永健司

    福永健司から見た航空協定

    日ソ航空協定締結交渉では、首都間の相互乗り入れを主張する日本に対し、ソ連側がシベリヤ上空は外国機に開放できないとして日本内の一地点とハバロフスクとの相互乗り入れを主張したため進展していなかったが、福永がフルシチョフ首相との会談で「東京―モスクワの距離が遠いのは日本のせいではなく、貴国が大き過ぎるからだ。国土の大小にかかわらず、相互乗り入れは首府対首府が常識である」とユーモアを交えて主張したことから、ソ連機及びソ連人乗組員を日本航空とアエロフロートが共同でチャーターするという形で東京―モスクワ間の乗り入れが実現した。(福永健司 フレッシュアイペディアより)

「航空協定」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ