花博記念公園鶴見緑地 ニュース&Wiki etc.

花博記念公園鶴見緑地(はなはくきねんこうえんつるみりょくち)は、大阪府大阪市鶴見区と守口市にまたがって位置している大阪市立の都市公園(広域公園)である。 (出典:Wikipedia)

「花博記念公園鶴見緑地」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「花博記念公園鶴見緑地」のつながり調べ

  • 佐藤美術館

    佐藤美術館から見た花博記念公園鶴見緑地

    現在の公益財団法人の前身となった財団法人佐藤国際文化育英財団は、1990年3月に、第一不動産グループ創業者佐藤行雄によって、美術館の運営とともに、国内外の美術専攻学生への奨学援助や美術を通じた国際交流への貢献を目的に掲げて設立された。1990年4月から9月まで大阪府の鶴見緑地で開催された国際花と緑の博覧会の際に、第一不動産グループが出展した花と緑・日本画美術館に展示された「花と緑」をテーマとして制作が委嘱された日本画作品の寄贈を受ける形で、佐藤美術館が開設された。当初は、新宿区西新宿3-2-2に所在していたが、2002年には、現在地で再開館した。コレクションの中核となっている花と緑・日本画美術館から引き継いだ作品は50点で、高山辰雄、上村松篁、小倉遊亀らの作品が含まれている。(佐藤美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 防空緑地

    防空緑地から見た花博記念公園鶴見緑地

    防空法は戦後廃止されたが、防空空地帯の大部分は1946年(昭和21年)に公布された特別都市計画法による緑地地域に指定され、緑を保存し市街地化を防止するという思想が継承された。実際太平洋戦争終結後はそのまま公園になったものが多く、主要なものに東京都世田谷区の砧公園、同板橋区の城北中央公園、同足立区の舎人公園、大阪府の大阪四大緑地(服部・鶴見・久宝寺・大泉)などがある。また防空緑地同士を結ぶ疎開地帯は、主に道路になった。防空空地は、計画が決定された場合は戦後の復興計画に反映したところが多い。しかし、制度は、戦後の復興都市計画制度には反映しなかった。戦後の新制度である緑地地域は、建蔽率を著しく低くするものの建築を全く禁止するものではなく、公園等として都市計画指定したところにも木造住宅が建設され、緑の空間は次第に失われていった。そして緑地帯の農地解放政策と、この緑地地域への住宅の侵入が続き、1969年に最終的に廃止されている。(防空緑地 フレッシュアイペディアより)

「花博記念公園鶴見緑地」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「花博記念公園鶴見緑地」
地図情報

「花博記念公園鶴見緑地」のニューストピックワード