200件中 121 - 130件表示
  • ガダーレフ

    ガダーレフから見た菜種アブラナ

    第二次世界大戦中、ガダーレフは小麦粉や菜種を東アフリカ戦線に供給したので、英埃領スーダン(1899年?1956年)にとってとても重要だった。ガダーレフ フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道2000系電車

    東葉高速鉄道2000系電車から見たアブラナアブラナ

    側窓はドア間の2連窓はいずれも開閉可能な下降窓、車端部は固定窓としている。ロールカーテンは千葉県の花であるナノハナを温暖な丘陵に一面に咲かせたイメージを表現した。東葉高速鉄道2000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 花冠

    花冠から見たアブラナアブラナ

    ファイル:Brassica rapa (xndr).jpg|十字形花冠(アブラナ花冠 フレッシュアイペディアより)

  • 雑穀

    雑穀から見たナタネアブラナ

    雑穀は、狭義ではイネ科の草本のキビ亜科に含まれる穀類を指すが、日本ではもっと広い意味を持ち、キビ亜科以外のイネ科穀物では、モロコシ属のソルガム、ハトムギも含まれ、大豆、小豆、菜豆の豆類、ソバ、キヌア等の擬似穀類、ナタネ、ゴマ、ヒマワリ等の油糧作物他を含む。雑穀 フレッシュアイペディアより)

  • 油問屋

    油問屋から見た菜種アブラナ

    中世末期に日常生活で用いられる油が荏胡麻を原料とする「荏油」から菜種を原料とする「水油(種油)」と綿実を原料とする「綿油」に切り替えられ、油座の衰退とともに油販売の中心地も山崎から大坂へと移っていき、油問屋も大坂に集まることになった。油問屋 フレッシュアイペディアより)

  • 潤滑油

    潤滑油から見たアブラナアブラナ

    食用油の代表格だが、日本では照明にも使われたため比較的広い範囲で菜種が栽培され得易かったため、築城などの折に大きな石の運搬で、ソリの潤滑にも使われた。潤滑油 フレッシュアイペディアより)

  • 誕生花

    誕生花から見たアブラナアブラナ

    2月6日…ハマベンケイソウ・アブラナ・イワレンゲ・スミレ(黄)・クロッカス(黄)誕生花 フレッシュアイペディアより)

  • 古曽部

    古曽部から見た菜種アブラナ

    主たる作物は米で、酒米として伏見や灘へ移出された。副業として、ケシやタバコ、菜種、除虫菊、ジキタリスなどが栽培されていた。古曽部 フレッシュアイペディアより)

  • 果実

    果実から見たアブラナアブラナ

    角果 - アブラナなどの果実。雌蕊の内部は中央に仕切りがあり、それを残して左右の殻がはがれるもの。細長い場合は長角果、長さが短い時には短角果という。果実 フレッシュアイペディアより)

  • 虹色とうがらし

    虹色とうがらしから見た菜種アブラナ

    それぞれの名前の胡麻、麻、芥子、菜種、陳皮、山椒は七味唐辛子の材料。また江戸では七味唐辛子を「なないろとうがらし」と呼ぶ(詳しくは七味唐辛子の項を参照)。虹色とうがらし フレッシュアイペディアより)

200件中 121 - 130件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード