200件中 131 - 140件表示
  • ハツタケ

    ハツタケから見たアブラナアブラナ

    ハツタケの子実体の水抽出物はイヌビエやアブラナあるいはダイコンに対してアレロパシーを誘引するとされているが、その本態物質はまだ明らかにされていない。ハツタケ フレッシュアイペディアより)

  • 鰊粕

    鰊粕から見たアブラナアブラナ

    ニシンが産卵のため北海道近海を訪れる春が鰊粕の生産のピークである。鰊粕は北前船交易で北陸地方や西日本各地に輸出され、ミカン、菜種、藍、綿花栽培などの商品作物栽培に重要な役割を果たした。鰊粕 フレッシュアイペディアより)

  • アンドル県

    アンドル県から見たナタネアブラナ

    農業は穀物生産、たとえばコムギ、オートムギ、マイス、オオムギ、ナタネ、ヒマワリが生産されている。アンドル県 フレッシュアイペディアより)

  • 禹長春

    禹長春から見たナタネアブラナ

    1926年、埼玉県鴻巣試験地(鴻巣市)転任。ナタネの研究を主に行ったが、この頃発見したペチュニア(つくばあさがお)の全八重の作出法(完全八重咲き理論)を元に坂田商会(現サカタのタネ)創業者・坂田武雄がこれを事業化し会社を拡大させた。。また1936年には、論文「種の合成」で東京帝国大学より、朝鮮人初の農学博士号を取得。「種の合成」は「禹長春のトライアングル」とも呼ばれ、1960年代には細胞遺伝学を学ぶ学生は必須で、禹の理論は最も盛んに学ばれた。禹が研究に用いたアブラナ科の植物は欧米で人気が高く、数々の新種開発に応用されたため世界に知られるようになった。今日、日本人が食するキャベツや白菜などアブラナ科の野菜は、禹が築いた土台を基に品種改良が進められた。禹長春 フレッシュアイペディアより)

  • 広島菜

    広島菜から見たアブラナアブラナ

    広島菜(ひろしまな)とは、アブラナ科に属する野菜で白菜の一種。広島菜 フレッシュアイペディアより)

  • 江油市

    江油市から見たアブラナアブラナ

    農業ではコメ、トウモロコシ、コムギ、アブラナなどの生産が盛んな穀倉地帯。著名な特産品にはトリカブト(附子。「彰明附片」の名で知られる)や太白花茶、方水生姜、中壩醤油などがある。木製家具も生産される。江油市 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡京市

    長岡京市から見たアブラナアブラナ

    隣接する向日市、大山崎町とともにタケノコの産地として著名。花菜(食用の菜の花)の産地でもある。市制施行前は乙訓郡に属し、市内に古寺乙訓寺がある。長岡京市 フレッシュアイペディアより)

  • 墨

    から見たアブラナアブラナ

    油煙は、煤の粒子が細かく均一で、黒色に光沢と深味がある。製法は土器に、油を入れ灯芯をともし、土器の蓋についた煤を集めて作る。油は、植物性油は菜種が最適とされるが、他にゴマ油や大豆油、ツバキ、キリなどがある。鉱物性油は重油や軽油、灯油である。雨風に強い。 フレッシュアイペディアより)

  • 安永餅

    安永餅から見たアブラナアブラナ

    永餅屋老舗では、通常の安永餅の他に、なばなの里店限定、かつ、季節限定で、安永餅の生地になばなを混ぜ込んだ「なばな安永餅」も販売されている。また両店とも、事前予約をすれば慶事用の「紅白安永餅」の注文を受け付けている。安永餅 フレッシュアイペディアより)

  • 合水県

    合水県から見たアブラナアブラナ

    小麦、トウモロコシ、馬鈴薯、大豆、アブラナ、リンゴなどの他、瓜類などの野菜栽培も行われている。合水県 フレッシュアイペディアより)

200件中 131 - 140件表示

「菜の花情報」のニューストピックワード