落語 ニュース&Wiki etc.

落語(らくご)は、江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種である。最後に「落ち(サゲ)」がつくことをひとつの特徴としてきた経緯があり、「落としばなし」略して「はなし」ともいう。「はなし」は「話」または「噺」とも表記する。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「落語」のつながり調べ

  • 浚渫

    浚渫から見た落語

    代書 - 落語の演目。大阪では浚渫業者を「河太郎(がたろ)」(=河童)と呼んでいたことが分かる。(浚渫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本語

    日本語から見た落語

    日本人が商取引で「考えさせてもらいます」という場合は拒絶の意味であると言われる。英語でも (誘ってくれてありがとう)とは誘いを断る表現である。また、京都では、京都弁で帰りがけの客にその気がないのに「ぶぶづけ(お茶漬け)でもあがっておいきやす」と愛想を言うとされる(出典は落語「京のぶぶづけ」「京の茶漬け」よるという)。これらは、相手の気分を害さないように工夫した表現という意味では、広義の敬意表現と呼ぶべきものであるが、その呼吸が分からない人との間に誤解を招くおそれもある。(日本語 フレッシュアイペディアより)

「落語」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「落語」のニューストピックワード