155件中 91 - 100件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た解像度

    応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感がある。また、動画の解像度が静止画に比べ低くなる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た東芝ストアー

    地デジ及びBS・110度CS用アンテナはかつて国内大手電機メーカーの殆どが生産していたが、組織再編やリストラなどに伴い大手電機メーカーは2014年までに相次いでアンテナ生産より撤退(東芝・ソニー・シャープ・日立リビングサプライがアンテナ自社生産を相次ぎ終了)。地デジ及びBS・110度CS用アンテナを製造する国内大手電機メーカーは現在パナソニックのみとなった。このためパナソニックショップ以外の他社系列電器店(日立チェーンストール・東芝ストアー・三菱電機ストアー・シャープフレンドショップ・ソニーショップ)ではマスプロ電工・日本アンテナ・DXアンテナ・八木アンテナ・サン電子などの他社製品を販売している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た薄膜トランジスタ

    液晶材料と画素電極構造での対応(TFTと周辺回路に大きな負担が掛かり、高価となる)薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たアメリカ州

    日本国内では2003年からの薄型テレビの主流は「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」である。これらは表示原理が全く異なり、液晶テレビは数インチの小画面から最大108インチほどの大画面までであり、プラズマテレビは32から150インチの大画面のものだけが製品となっている。この他米州大陸を中心に(2008年までは日本でも生産されていた)、リアプロジェクションテレビのような投影型の大型テレビもある程度人気があり、販売されているが、世界的に見れば少数派である。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たBDプレーヤー

    地上デジタル放送を開始した頃は(携帯電話も含めて)地上アナログ放送チューナー併載機も発売されていたが、地上アナログ放送が停波した現在、発売されている機種は全て地上デジタル放送専用である。ワンセグ及びフルセグ放送が受信可能なポータブルタイプ、さらにBDプレーヤー併載機やAM/FMチューナー併載機も発売されている(本体にアンテナ内蔵、もしくはロッドアンテナ付き。外部アンテナ線と接続可能な機種もある)。ただし小型ポータブル薄型テレビの国内メーカーは少なく、ラインアップは据置型より少ない。なおフルセグが受信可能な機種の多くは電波状態に応じてフルセグ・ワンセグどちらを映すか自動切替する機能を有している。さらに都道府県庁所在地を中心とする主要都市圏のチャンネルが予め記憶されていて、居住地を選ぶだけでチャンネルが自動設定され手動チャンネルスキャンの手間が省ける「エリアバンク」機能を有する機種もある(ワンセグのみ視聴可能な機種が中心。登録外の地区では手動でチャンネルスキャン。設定チャンネル保存フォルダは居住地で視聴する時の「ホーム」と出張・旅行先で視聴する時の「おでかけ」の2種類搭載)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た子供部屋

    低価格化にしたがって40V型以上の大画面テレビの販売比率が年々上がっているが、依然として最も売れているのは32?42V型の製品である。また薄型テレビの普及率が上がった2007年前後から、「2台目需要」を意識した32V型以下の液晶テレビにも各社が力を入れるようになった。ただ、32V型を除く19V?31V型の近年の傾向としてラインナップがあるだけで特段と言って需要がある訳ではなく19V?24V型は、狭い個室用(子供部屋やアパート等)やBtoB向け(病院や漫画喫茶等)となっている。25V?31V型に至っては2013年以降の4K傾向から2018年現在、25V?31V型を製造してるメーカーがわずかとなっている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たMEDIA SKIN

    有機ELディスプレイを使用したテレビ。家庭用テレビとしては世界で初めて、ソニーが2007年11月22日に11V型を販売開始した。また、エプソン・東芝・サムスン電子なども開発に注力している。携帯電話でのワンセグテレビとしてはauのW53HやMEDIA SKINなどのディスプレイに使用されている。有機エレクトロルミネッセンス (商品)も参照のこと。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たアパート

    低価格化にしたがって40V型以上の大画面テレビの販売比率が年々上がっているが、依然として最も売れているのは32?42V型の製品である。また薄型テレビの普及率が上がった2007年前後から、「2台目需要」を意識した32V型以下の液晶テレビにも各社が力を入れるようになった。ただ、32V型を除く19V?31V型の近年の傾向としてラインナップがあるだけで特段と言って需要がある訳ではなく19V?24V型は、狭い個室用(子供部屋やアパート等)やBtoB向け(病院や漫画喫茶等)となっている。25V?31V型に至っては2013年以降の4K傾向から2018年現在、25V?31V型を製造してるメーカーがわずかとなっている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たドット抜け

    画素抜け(いわゆるドット抜け)が存在する。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たハイビジョンブラウン管テレビ

    ブラウン管テレビにもハイビジョン解像度をもつ製品(ハイビジョンブラウン管テレビ)が存在するが、あくまでも高級品であった。ハイビジョン解像度がより一般的になったのは薄型テレビの世代からである。デジタルハイビジョン放送の普及とテレビの低価格化が主な要因となっている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

155件中 91 - 100件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード