155件中 101 - 110件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た三種の神器 (電化製品)

    日本では、2003年からの地上デジタル放送の開始によるテレビの買い替えに合わせて、一般家庭、事業所、公共施設、各種交通車両(機材)などで普及が進んでいる。薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たバックライト

    比較的長寿命(バックライトの寿命は6万?10万時間超)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た集積回路

    薄型テレビの性能を決定付けるものはディスプレイパネル自体の性能に加え、映像を処理する集積回路の性能が大きく関わっている。入力された映像をより美しく調整し、パネルの弱点を補ったり能力を引き出す働きを担っている。デジタル放送で発生する圧縮由来のノイズを軽減し、圧縮で失われた情報を復元したり色・輝度などの表現をより豊かにする機能などがある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たデジタル家電

    日本では、2003年からの地上デジタル放送の開始によるテレビの買い替えに合わせて、一般家庭、事業所、公共施設、各種交通車両(機材)などで普及が進んでいる。薄型テレビとデジタルカメラ、DVDレコーダーとを合わせて「デジタル家電」、「デジタル三種の神器」と呼ばれる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た薄型ブラウン管

    薄型ブラウン管を使用したテレビである。2007年頃、サムスン電子が販売していた。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たSuper Density Disc

    薄型のものが現れる以前のテレビはほとんどがブラウン管式だったが、ブラウン管で大きな画面のテレビを作ると奥行きと共に質量も非常に大きくなり、37インチ程度が実用上限界であった。当初はそれほど大きな画面が製造できなかった「薄型テレビ」も、薄く軽いといった生来の長所を活かして大画面化向きとなり、テレビメーカー各社がさらなる画面サイズの拡大・低価格化に取り組んだ結果、画像圧縮・伸張を使用したSDテレビ画像ソース(DVDなど)を除いてはブラウン管式テレビと置き換えられるだけの性能と価格を備えるものが作られるようになった。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たパララックス

    一方、かまぼこ形の縦長レンズを液晶パネルの前面に配置し、左右の目に異なった映像を届けることで、裸眼でも3D映像を楽しむことができるようにしたレンチキュラーレンズ方式などが開発されており、日本の主要メーカーでは唯一東芝が2010年以降に発売している。しかし画面の表面に凹凸を設けることで2D映像の画質が劣化する弊害が指摘されている。なお、ニンテンドー3DSが採用したパララックス(視差)バリア方式の液晶パネルも存在し、70V型といった大型のパネルも登場している。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たコントラスト

    コントラストが低く、立体的な映像表現に難がある。特に部屋の照度が低くなると黒浮きが起こりやすく暗いシーンの階調再現が困難になる。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たハイビジョン

    ブラウン管テレビにもハイビジョン解像度をもつ製品(ハイビジョンブラウン管テレビ)が存在するが、あくまでも高級品であった。ハイビジョン解像度がより一般的になったのは薄型テレビの世代からである。デジタルハイビジョン放送の普及とテレビの低価格化が主な要因となっている。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見た石膏ボード

    一般家庭でも「壁掛け」は不可能ではないが、重量の点がネックとなって高いコストがかかる場合が多い。32型で20kg前後、50型以上では60kgを超える薄型テレビを壁に掛ける場合、多くの日本の一般住宅で使用されている石膏ボードなどの壁材では強度が足りない。そのため大がかりな取り付け・補強工事が必要になる。また三菱電機のBD内蔵REALなどは3.5インチBDドライブを前面に搭載しているため薄型テレビであっても壁掛けは構造上不可能である。またテレビの位置を自由に移動できなくなるなどの理由もあり、これまでと同じくテレビスタンドに設置する(以前のブラウン管テレビを載せていた台を流用する)場合がほとんどである。なお、登場当初は37v型以上のモデルを中心に据置スタンドおよびテレビ台が別売りの機種が多かったが、現在は全て据置スタンド付属で、本体の向きを左右それぞれ最大15度あるいは20度まで変えられる「スイーベル(首振り)機構」を搭載した機種と、向きを変えられない固定式の二通りがある。スイーベル機構搭載モデルは50v型以下の機種がほとんどで、52v型以上の機種は全て固定式である。さらに23v以下の小型モデルは左右に向きを変えられるのみならず、前後に角度調整が可能な機種もある(左右スイーベル機構非搭載で前後角度調整機構のみ搭載の機種もあり)。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

155件中 101 - 110件表示

「薄型テレビ」のニューストピックワード