薬害C型肝炎 ニュース&Wiki etc.

薬害肝炎(やくがいかんえん)とは、血液凝固因子製剤(フィブリノゲン製剤、非加熱第IX因子製剤、非加熱第VIII因子製剤)の投与によるC型肝炎(非A非B型肝炎)の感染被害のこと。製薬会社「田辺三菱製薬」は、フィブリノゲン製剤の推定投与数は約29万人であり、推定肝炎感染数1万人以上と試算している。 (出典:Wikipedia)

「薬害C型肝炎」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「薬害肝炎」のつながり調べ

  • 福田おろし

    福田おろしから見た薬害肝炎

    薬害肝炎訴訟の和解成立によって支持率が持ち直し、北海道洞爺湖サミットでの一気呵成を目指していた福田康夫内閣であったが、他方、連立与党の公明党では福田おろしの動きがくすぶりはじめた。神崎武法・前代表はサミット前に「これから支持率が上がり、福田首相の手で解散になるのか、支持率が低迷して次の首相で解散になるのか分からない」と予期的な発言をすると一気に党内での緊張感は高まった。公明党は、橋頭堡でもある東京都議選を翌年夏に控えているため、それを重視している公明党にとっては、総選挙と都議選の日程が近くなるのはのぞましくなく、年明けまでの早期解散は望ましいはずであると、自民党執行部やフジテレビの和田圭、岸井成格、『スーパーモーニング』解説員等のマスコミの政治記者は見ていた。しかし、公明党の有力議員の多くが「自民党は全くわかっていない」と難色を示し、「1月解散でも、任期満了選挙であろうと、与党が大敗して政権を野党に奪われては元も子もない。問題は福田首相のままで総選挙に勝てるかどうかだ。サミット後の支持率を見ても、この政権はもう国民の支持を回復できそうにない。自民党は解散時期を考える前に、首相のクビを代えるかどうかの判断をすべきではないのか」との認識が完全に浸透し、福田首相のままの内閣改造案も拒否した。(福田おろし フレッシュアイペディアより)

  • 血友病

    血友病から見た薬害肝炎

    濃縮血液製剤(非加熱製剤)の中にHIVやHCV、HBVが混入していたため、血友病患者がエイズに感染した薬害エイズ事件、C型肝炎、B型肝炎に感染した薬害肝炎事件が発生した。(血友病 フレッシュアイペディアより)

「薬害肝炎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「薬害C型肝炎」のニューストピックワード