藤ノ木古墳 ニュース&Wiki etc.

藤ノ木古墳(ふじのきこふん)は奈良県生駒郡斑鳩町にある古墳(円墳)。「藤ノ木」の名称は所在地の字名に由来するが、法隆寺関係の古文書・古記録によれば、かつては「ミササキ」「陵山」(みささぎやま)などと呼ばれていた。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「藤ノ木古墳」のつながり調べ

  • 天寿国繍帳

    天寿国繍帳から見た藤ノ木古墳

    刺繍が行われている台裂(だいぎれ)には、羅(絹糸を用いた捩り織の一種)、綾、平絹(平織の絹)の3種がある。このことを最初に指摘したのは明治・大正期の美術史家・中川忠順(ただより)であり、昭和期に入って太田英蔵が下地裂と制作年代の関係、用いられている刺繍技法の種類などについて詳細な研究を発表した。太田によれば、飛鳥時代と推定される、台裂に紫色の羅が用いられている部分では、人物の服装、蓮弁、銘文の漢字など、全てのモチーフは輪郭線を刺繍で表し、その内側を別色の糸で密に繍い詰めている。糸は撚りが強く、中心部まで深く染められており、刺繍は返し繍という単純な技法(一針繍い進めると、少し後退した位置から針を布の表面に出し、また一針繍い進めては後退する、という作業を繰り返す繍い方)のみが使用されている。撚りの強い糸を使い、単一の技法(この場合は返し繍)で密に繍い詰めるのは飛鳥時代刺繍の特色で、法隆寺献納宝物等の繍仏や、藤ノ木古墳出土の刺繍にも同様の技法がみられる。これに対し、正倉院宝物などにみられる奈良時代の刺繍は、撚りのない平糸を用い、刺繍も多種の技法を使い分けるのが特色である。(天寿国繍帳 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た藤ノ木古墳

    法隆寺のある斑鳩の地は、生駒山地の南端近くに位置し、大和川を通じて大和と河内とを結ぶ交通の要衝であった。付近には藤ノ木古墳を始めとする多くの古墳や古墳時代の遺跡が存在し、この地が古くから一つの文化圏を形成していたことをうかがわせる。(法隆寺 フレッシュアイペディアより)

「藤ノ木古墳」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「藤ノ木古墳」
地図情報

「藤ノ木古墳」のニューストピックワード