前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示
  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た藤原喜明藤原 喜明

    2013年2月20日、古希を祝うパーティーが東京都港区のホテルオークラ東京で催され、坂口征二、小川直也、藤波辰爾、藤原喜明、木村健悟、佐山聡、ジョージ高野、前田日明、北沢幹之、蝶野正洋、棚橋弘至、橋本大地、スタン・ハンセンらかつての愛弟子・ライバルや、各界から千葉真一・谷隼人、デヴィ・スカルノ、船越英一郎、九重親方、南部虎弾、野村克也&野村沙知代夫妻など、660人が祝福に駆けつけた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • 木村健悟

    木村健悟から見た藤原喜明藤原 喜明

    1988年のスーパー・ファイト・シリーズ開幕戦より、リングネームの表記を木村健吾から木村健悟に改めた。?改名後最初の試合は4月11日の後楽園ホール大会における藤原喜明と組んでのスコット・ホール&クラッシャー・クランチキー戦で、ワールドプロレスリングの放送が土曜16時に移行して最初の大会だった(木村の試合は放送なし)。木村健悟 フレッシュアイペディアより)

  • UWF無限大記念日

    UWF無限大記念日から見た藤原喜明藤原 喜明

    新日本プロレスから移籍した藤原喜明、高田伸彦のUWF移籍後初の試合が行われた。これにより前田日明とのカール・ゴッチイズムを引き継ぐストロングスタイルの陣容が揃った。UWF無限大記念日 フレッシュアイペディアより)

  • UWF

    UWFから見た藤原喜明藤原 喜明

    1984年4月11日、埼玉県大宮市の大宮スケートセンターで旗揚げ戦を開催。ポスターに掲載されていた猪木を始めとする当時における新日本主力選手やハルク・ホーガン、アンドレ・ザ・ジャイアントら当時における新日本のトップ外国人選手は誰も出場しなかった。そのため、これらの選手の来場を期待したファンからの罵声や当日の興行には関係のない猪木、長州力、藤波辰巳らのコールがメインイベントの前田の試合中に発生するなど波瀾含みのスタートだった。旗揚げシリーズは路線も定まらない状態だったが、前田の師匠格である藤原喜明が?田伸彦を引き連れ参加したあたりから方向性が定まり始め、道場で行われるスパーリングのような関節を取り合う攻防を中心としたレスリングに転換していく。殴打技や蹴り技も取り入れており、極真会館の空手家でキックボクサーの山崎照朝を特別コーチに招いて指導を受けた。その様子は後に極真会館の空手選手の松井章圭と専門誌「ゴング格闘技(1987年8月号)」で対談した際に前田自ら語っている。UWF フレッシュアイペディアより)

  • 高田延彦

    高田延彦から見た藤原喜明藤原 喜明

    少年時代は長嶋茂雄に憧れる野球少年で、少年野球ではオール?浜に選出されるが、長嶋の引退と共に野球熱が冷める。その後アントニオ猪木に憧れて、中学生になった頃にはプロレス入りを決意。中学校卒業後、アルバイトをしながら独自の方法で体を鍛え、1980年に新日本プロレスへ入団した。道場では藤原喜明と前田日明が兄貴分的な存在となり、スパーリングで鍛えられた。太りにくい体質で、新弟子時代は毎月のように体重のノルマを課せられて、それをクリアできなければ解雇される状態だった。高田延彦 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸修

    木戸修から見た藤原喜明藤原 喜明

    大技の攻防が日常化していく1990年代以後の新日本の中で一人、地味ながら切れ味鋭いレスリングスタイルを貫いた木戸は「新日本の良心」として、特に札幌地区での人気はすさまじいものがあった。木戸自身と札幌とは特に縁があるわけではないが、新日本の札幌大会は藤原喜明のテロリスト事件(藤原の項を参照)に代表されるハプニングが頻発し、しっかりとした試合が提供されないことが多かったためである。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • IWGPリーグ戦

    IWGPリーグ戦から見た藤原喜明藤原 喜明

    前大会の汚名を返上したいアントニオ猪木は、気合充分でこの決勝戦に臨んだが決着はなかなかつかず、二度の延長戦にもつれ込んだ時に、何故か現れた長州力が場外のアントニオ猪木とハルク・ホーガンに次々にラリアットを食らわせるとそのまま立ち去った。レフェリーの場外カウントが進み、20カウント以内で先にリングインしたアントニオ猪木がリングアウト勝ちを収め第二回優勝者となった。新日本プロレス側が描いたこのような形でのアントニオ猪木勝利ブックは余りにも唐突で不透明であった。この為、当日蔵前国技館に詰め掛けた観衆は当然納得せず、観客席から次々と物が投げられ、「長州力、出て来い!」コール、大「金返せ」コールが起こり、更に放火騒ぎや蔵前国技館の二階席のイスを破壊する者もいたなど、試合終了後に暴動寸前の状態にまで発展した。このような状況を収拾するためにアントニオ猪木や藤原喜明がリング上に現れて観衆を静める一幕もあった。IWGPリーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • ラスタとんねるず'94

    ラスタとんねるず'94から見た藤原喜明藤原 喜明

    「貴王」こと石橋と「憲王」こと木梨が格闘家らを集めて闘うという設定の将棋と格闘技を組み合わせた日本で初めてのスポーツ格闘技ゲーム。出場者には各界(格闘技界、男女プロレス界、プロボクシング界、芸能界)の選手が出場。藤原喜明、アンディ・フグや佐山聡、渡辺二郎、井上貴子、豊田真奈美などをはじめ、芸能人枠で当時それほど有名でなかったよゐこもレギュラー出場していた。藤原は最初は貴王側として登場していたものの、途中から憲王側に移行している(理由は、キューティー鈴木と闘いたいから)。また、最終回の特別企画「ジャイアント将棋インテグラル」は、ジェラルド・ゴルドーやスタン・ザ・マンに神取忍やザ・グレート・サスケなどの面々を集めて開催された。特にUWF絡みで因縁のあった藤原VS佐山の対決や、レギュラーだったアンディ・フグとスタン・ザ・マンのボクシング対決は当時としては夢のカードだった(この対決は後に1996年9月1日のK-1 REVENGE '96(大阪城ホール)で実際にWMTC世界スーパーヘビー級選手権試合として行われた)。放送期間中、インテグラルを含め全9局(試合)を行ったが、試合が長い為1週では収まり切れず、3週1局(試合)放送という体裁だった。通算成績は石橋(貴王)の7勝2敗であった。ラスタとんねるず'94 フレッシュアイペディアより)

  • 脇固め

    脇固めから見た藤原喜明藤原 喜明

    プロレスでは藤原喜明が名手として知られておりラリアットをかいくぐっての脇固め、ブレーンバスターをかけられようとするところからの脇固めなど返し技としても用いている(フェイント的に自分からブレーンバスターをしかけて移行することもある)。脇固め フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー市川

    ストーカー市川から見た藤原喜明藤原 喜明

    2013年は藤原喜明と対決。ストーカー市川 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示

「藤原喜明」のニューストピックワード