275件中 101 - 110件表示
  • 絶対に笑ってはいけないスパイ24時

    絶対に笑ってはいけないスパイ24時から見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋 - 美少女時代の所属する芸能プロダクションの社長絶対に笑ってはいけないスパイ24時 フレッシュアイペディアより)

  • ポイズンJULIE澤田

    ポイズンJULIE澤田から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2009年の両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜ではシングルマッチで蝶野正洋と対戦。敗れはしたものの、蝶野に対して呪文をかけることに成功した。ポイズンJULIE澤田 フレッシュアイペディアより)

  • デイビーボーイ・スミス・ジュニア

    デイビーボーイ・スミス・ジュニアから見た蝶野正洋蝶野正洋

    8歳の時に「ダンジョン」への立ち入りが認められ、伯父のブルース・ハートやロス・ハート、帰国時の父から指導を受けた。1994年、8歳のときにカルガリーを拠点とするスタンピード・レスリングのロッキーフォード大会で、いとこのマッド・アニス(当時11歳)を相手に、本名のハリー・スミス名義でデビュー。3年後にマットが病気で亡くなった時、1996年10月のWWFカルガリー大会で、マット追悼チャリティーマッチとしてテッド・ハートと組んでいとこのタイソン・キッド組と対戦した。2000年に両親は離婚したが、2002年5月にはカナダのウィニペグで父のスミスとタッグマッチ、6人タッグマッチのチームを結成している。ところが1週間後に父のスミスが他界した。また、2年後には祖父のスチュが88歳で亡くなっている。2004年5月にはTJ・ウィルソン(現タイソン・キッド)とスタンビート・ブルドックスを結成し、この頃は当時北米地区のブッカーをしていた大剛鉄之助のトレーニングを受けており、2005年6月、WWEからのオファーを断り大剛のルートから新日本プロレスにハーリー "ブルドッグ" スミスの名前で参戦した。蝶野正洋率いるブラック・ニュー・ジャパンと共闘を展開、新日本には3度来日している。デイビーボーイ・スミス・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • IWGPリーグ戦

    IWGPリーグ戦から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2011年、アントニオ猪木が代表を務めるIGFの蝶野正洋エグゼクティブプロデューサーが「IGF版IWGP」を提唱し、12月2日の両国大会「INOKI BOM-BA-YE 2011」にも始動させると発表したが、蝶野正洋の退任もあり立ち消えとなっている。IWGPリーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のスポーツ

    2002年のスポーツから見た蝶野正洋蝶野正洋

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(4回目)2002年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 素晴らしい世界

    素晴らしい世界から見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋(2008年7月7日)素晴らしい世界 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一夫 (プロレスラー)

    山崎一夫 (プロレスラー)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    この後新日本本体の興行にも参戦し、フリー的立場を貫いていたが、所属選手となり新日本本隊と合流。1998年のG1 CLIMAXでは、藤波辰爾、佐々木健介、蝶野正洋と過去のG1タイトルホルダーを破り決勝進出。橋本真也との優勝戦では大激闘の末破れるも、その厳しくもけれんみの無いファイトに多くのファンが惜しみない拍手を贈った。これがレスラー人生最大の晴れ舞台だったと言ってよい(実際に山崎も後年、自身のベストバウトに橋本戦を上げている)。山崎一夫 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 菊タロー

    菊タローから見た蝶野正洋蝶野正洋

    シャイニング菊ザードと見せかけて放つ。お決まりの蝶野正洋ムーブが入る。菊タロー フレッシュアイペディアより)

  • モンスターストライク リアル版 超・獣神祭 十二支再競争

    モンスターストライク リアル版 超・獣神祭 十二支再競争から見た蝶野正洋蝶野正洋

    出演者:蝶野正洋、柴田英嗣、キンタロー。、井上咲楽モンスターストライク リアル版 超・獣神祭 十二支再競争 フレッシュアイペディアより)

  • リングの魂

    リングの魂から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2005年8月20日深夜に一晩限りの限定復活で、急逝した橋本真也の追悼企画番組として生放送された。「しんみりやるのは橋本に似合わない、明るく楽しく追悼をやろう」とし、過去の試合映像や出演者による橋本がらみの爆笑トーク、さらには橋本がかつて雑誌に掲載した下ネタの数々を大暴露などが繰り広げられ、涙一つ無いカラッとした追悼番組となった。番組後半は橋本本人がベストバウトと認めた1996年4月29日の対高田延彦戦と、橋本が人生を賭けた2000年4月7日の対小川直也戦を完全放送し、最後は南原が橋本への追悼文を読み、テーマ曲「爆勝宣言」をバックに橋本コールを叫びながら『スポコン!』番組内で集められた折り鶴をテレビ朝日のロビーに敷き詰めた映像が映し出された。ゲストとして闘魂三銃士時代の盟友・蝶野正洋と、武藤敬司の扮装をした神奈月、そして橋本の大ファンの勝俣州和とビビる大木が出演。リングの魂 フレッシュアイペディアより)

275件中 101 - 110件表示