275件中 111 - 120件表示
  • ちょっとかわいいアイアンメイデン

    ちょっとかわいいアイアンメイデンから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野理沙(ちょうの りさ)ちょっとかわいいアイアンメイデン フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ホール

    スコット・ホールから見た蝶野正洋蝶野正洋

    1997年3月5日、新日本プロレスのStrong Style Evolution in 大阪ドームに参戦。ナッシュ&蝶野正洋と組んで武藤敬司&スタイナー・ブラザーズと6人タッグマッチを行い勝利。11月23日のWorld War III 1997では3リングバトルロイヤルにて優勝を飾った。スコット・ホール フレッシュアイペディアより)

  • 星名桜子

    星名桜子から見た蝶野正洋蝶野正洋

    マネージャーはプロレスラーの蝶野正洋も担当している。その関わりからか蝶野のイベントでMCを務めることがある。蝶野が展開するアパレルショップ「アリストトリスト」の1日店長として店頭に立つことがある。星名桜子 フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2005年11月には若手育成を目的したユニット「アックスボンバーズ」を結成。指導者、リーダーとしての一面も見せている。2006年1月4日の東京ドーム大会で新日本プロレスに初参戦。越中詩郎とのタッグで蝶野正洋&天山広吉組の持つIWGPタッグ王座に挑戦した。2006年4月1日、靖国神社相撲場で行われた大谷晋二郎との一戦に勝利し、再度AWA世界ヘビー級王座を獲得した。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • ストロングスタイル (お笑いコンビ)

    ストロングスタイル (お笑いコンビ)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    プロレスラー・蝶野正洋の物真似を看板芸とする。ストロングスタイル (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 大谷晋二郎

    大谷晋二郎から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2008年、ZERO1-MAXの運営会社であるファースト・オン・ステージの社長に就任。蝶野正洋の主催するイベントPREMIUMのワンナイトタッグトーナメントでは天山と組み優勝。リング上のマイクで新日本所属時代から常に希望していたG1 CLIMAXへの出陣を表明。大谷晋二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 外道 (プロレスラー)

    外道 (プロレスラー)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    TEAM 2000時代には師であるGOKU-DOや総帥の蝶野正洋にも伝授された。外道 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 田中ケロ

    田中ケロから見た蝶野正洋蝶野正洋

    そのことは、新日本プロレス・プロレス界にとって画期的なマッチメイクである「蝶野正洋対三沢光晴戦」が行われる際、この試合はスポーツ界に対して大きな影響力をもたらすものであるとの信念から、この試合前の前口上において、「K-1! PRIDE! プロ野球! Jリーグ! いいか、よく見ていろ! これがプロレスのパワーだ! プロレスは、絶対に負けない!」と叫んだ。また、「蝶野正洋対小橋建太戦」の際においては「プロレスの誇りと、自信と、夢。プロレスファンよ胸を張れ! そして、しかと見届けよ!」とファンの前で叫んだことからも、近年のプロレス界の凋落ぶりを感じているプロレスファンに対して、改めてプロレスの素晴らしさを訴えようとしていること、プロレスに対しての誇りと自信を強く持ち合わせていることがわかる。同様の田中リングアナならではの前口上は2005年のG1 CLIMAXの開催時にもみられた。田中ケロ フレッシュアイペディアより)

  • タイガー戸口

    タイガー戸口から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2009年10月12日の『蝶野正洋25周年特別興行 ARISTTRIST in 両国国技館』の時間差バトルロイヤルに参戦、全14選手が参加した乱戦であったがラスト4人まで勝ち残り往年の雄姿を見せた。タイガー戸口 フレッシュアイペディアより)

  • 平手打ち

    平手打ちから見た蝶野正洋蝶野正洋

    相撲出身レスラーに限らず、多くのレスラーが使用している。代表的な使い手としては、アントニオ猪木、蝶野正洋、鈴木みのる、力皇猛など。特に猪木はファンに対するサービスとして行う「闘魂ビンタ」も有名である。平手打ち フレッシュアイペディアより)

275件中 111 - 120件表示