275件中 121 - 130件表示
  • スタイナー・ブラザーズ

    スタイナー・ブラザーズから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2002年5月2日、新日本プロレスの東京ドーム大会でチームを再結成し、佐々木健介&棚橋弘至に勝利。7月19日には札幌にて蝶野正洋&天山広吉のIWGPタッグ王座に挑戦した。以降はインディー団体にて単発的に再結成を行い、2006年にはバージニア州のTNTプロレスリングにて、ボビー・イートン&デニス・コンドリーの第2期ミッドナイト・エクスプレスやニュー・エイジ・アウトローズと対戦。2007年はTNAに参戦し、チーム3Dやラテン・アメリカン・エクスチェンジ(ホミサイド&ヘルナンデス)と抗争した。2008年1月4日には新日本プロレスの東京ドーム大会に6年ぶりに参戦し、ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコのIWGPタッグ王座に挑戦している。スタイナー・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日向あずみ

    日向あずみから見た蝶野正洋蝶野正洋

    11月24日、東京・新宿FACEでの「どすこいプロレス」に出場。維新力のパートナーを務め、蝶野正洋&立野記代と対戦。蝶野をエルボーで倒し顔を踏みつけるなど大いに気を吐いたが、最後は維新力が蝶野にフォールされた。日向あずみ フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見た蝶野正洋蝶野正洋

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(3回目)1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

    くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンから見た蝶野正洋蝶野正洋

    抜かなかった芸能人:浜田雅功、蝶野正洋、さかなクン、藤岡弘、、タイガー・ジェット・シン、阿藤快、中尾彬、黒柳徹子、大滝秀治、なかやまきんに君くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 柳澤龍志

    柳澤龍志から見た蝶野正洋蝶野正洋

    しかし、格闘技では目立った結果を出せずに、やがて魔界倶楽部の一員として新日本プロレスに登場。鈴木健想、吉江豊を倒してヤングライオン杯優勝。そして高山善廣が当時保持していたNWF王座に挑戦するも、噛み合わず敗北。それ以降、魔界倶楽部が消滅し、同志の村上和成、柴田勝頼が新日本を離脱したことにより孤立。蝶野正洋のBNJ (BLACK NEW JAPAN) に入るも目立った活躍はなし。新日本プロレスのリングで中堅に甘んじていた。柳澤龍志 フレッシュアイペディアより)

  • Foot!

    Foot!から見た蝶野正洋蝶野正洋

    ゲスト 中山淳(#1、#8、#15、#19、#29、#36)、藤原清美(#2、#28、#31、#35、#39)、マリーニョ(#3、#6、#11、#16、#19、#22、#31、#39)、東本貢司(#4、#12、#32、#37、#38)、金子達仁(#5、#18)、幸谷秀巳(#5、#18、#44)、亘崇詞(#7、#9、#20、#25、#41、#42)、西部謙司(#10、#40)、木村浩嗣(#10、#27、#33、#34、#40)、鈴木良平(#13、#14、#17)、原博実(#23、#24、#26、#30、#43、#44)、蝶野正洋(#27)Foot! フレッシュアイペディアより)

  • 大洗春祭り 海楽フェスタ

    大洗春祭り 海楽フェスタから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2016年-第5回目を3月20日に開催。この年はリーダーのNAOIが大洗町出身のロックバンド「B×A×G(ビーエージー)」が作詞・作曲・歌唱の「大洗町の唄」の完成記念イベントや、蝶野正洋の大洗大使任命式なども催された。来場者数は約8万人。大洗春祭り 海楽フェスタ フレッシュアイペディアより)

  • 田畑祐一 (アナウンサー)

    田畑祐一 (アナウンサー)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    主にスポーツ中継の現場で活動し、特に辻義就と共にプロレス、あわせてサッカーを中心に担当していた。テレビ朝日サッカー放送では角澤照治とともにエース格として実況に携わっていたが、2011年現在では進藤潤耶にその座を譲っている。『ワールドプロレスリング』では、蝶野正洋に頭からビールをかけられたことがある。田畑祐一 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ファーマー

    ジェフ・ファーマーから見た蝶野正洋蝶野正洋

    1997年からは、蝶野正洋率いるnWoジャパンのメンバーとして来日。nWoジャパンの主力メンバーとして暴れまわった。初期の頃は入場テーマは蝶野の「CRASH」を使用していた。ジェフ・ファーマー フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ストーム

    ジェームズ・ストームから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2009年1月8日、ルード vs モーガンにて試合中に脚を負傷したルードは場外にて10カウントでリングアウト負けとなり医療スタッフに運ばれる中、直後にTNA世界タッグ王座挑戦権を使用したコンシクエンス・クリード & ジェイ・リーサルと1人で対戦する事になり応戦するが耐えきれず、ジャッキーのサポートにも助けられるが最後にアタッシュケースを持って駆け込んできたルードがリーサルに返り討ちにされると逆にリーサルからアタッシュケースで殴打され敗戦した。同月11日、Genesis 2009にてTNA世界タッグ王座を保持するクリード & リーサル、アビス & モーガンと3wayマッチによる王座戦を行い、終盤にベルトを持って攻めてきたアビスをルードが避けてモーガンに誤爆するとジャッキーがバックステージから挑発してレフェリーの気を逸らしたところへリーサルにラストコールを浴びせリングアウトさせるとモーガンにフォールして勝利し、2度目のタッグ王座を戴冠した。2月15日、ルードと共に初来日を果たして新日本プロレスのCircuit2009 NEW JAPAN ISMに参戦。AKIRA & 蝶野正洋と対戦して最後にAKIRAへDWIを決めて勝利した。4月19日、Lockdown 2009にてチーム3Dが保持するIWGPタッグ王座とビアマネー・インクが保持するTNA世界タッグ王座を懸けてダブルタイトルマッチを行いフィラデルフィアストリートマッチを行い、終盤に先にスティールケージから脱出し、ルードがディーボンを捕まえてドアで叩こうとしたところを切り返されるとダッドリー・デス・ドロップでルードはテーブルに叩きつけられ敗戦した。IWGPタッグ王座とTNA世界タッグ王座の二分化によりタッグチームは増加するが、6月21日のSlammiversary 2009ではチーム3DとTNA世界タッグ戦を行って雪辱を果たし、3度目の王座を戴冠した。ジェームズ・ストーム フレッシュアイペディアより)

275件中 121 - 130件表示