275件中 131 - 140件表示
  • 羽交い締め

    羽交い締めから見た蝶野正洋蝶野正洋

    バタフライロックとも呼ばれる。蝶野正洋のオリジナル技。尻餅をついた相手の首の後ろに左腕を回して脇で抱え込み、相手の背中に右腕を回しながら両手をクラッチして両肩と首にダメージを与える。主な使用者はYOSHI-HASHI。羽交い締め フレッシュアイペディアより)

  • きみはペット

    きみはペットから見た蝶野正洋蝶野正洋

    祖父が空手・柔道・古武術をアレンジした巌谷武闘塾を開いており、スミレも半端ではない強さを誇る。三人姉妹の次女だが、姉・紫乃芙(しのぶ)、妹・紅音(あかね)も強さでは引けを取らない。カツアゲされている同僚の為、屈強な男性3人を一瞬で倒すなど、エピソードに事欠かない。ケンカキックは首を痛める前の蝶野正洋並み。ペットとして面倒を見ているモモにも度々プロレス技を掛けており、虐待が疑われている。ちなみに、猫アレルギー。きみはペット フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た蝶野正洋蝶野正洋

    川田については、蝶野正洋とのタッグ戦が2000年、2001年に、シングル戦が2005年に、武藤敬司とのシングル戦および多くのタッグ戦が2001年以降に、橋本真也とのタッグ戦が2003年に、シングル戦が2004年に実現プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 村上和成

    村上和成から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2004年には魔界倶楽部のリーダーとなり、蝶野正洋、柴田勝頼とトリオを組む。しかし同年夏には怪我のため欠場、秋に魔界倶楽部の解散、無期限欠場を宣言し、2005年の契約更改では更新を行わずにいた。村上和成 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤達俊

    後藤達俊から見た蝶野正洋蝶野正洋

    反選手会同盟が平成維震軍と改名した後はメンバーとして活動。眉まで剃り上げるスキンヘッドで一時ブレーク。蝶野正洋や長州力にシングル戦で勝利したこともある。越中詩郎らとともにWARにも参戦し、越中・小原道由と組んでWAR認定世界6人タッグ王者となった。後藤達俊 フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス S.X.W

    新日本プロレス S.X.Wから見た蝶野正洋蝶野正洋

    なお、2010年春改編を以ってリニューアルを敢行した。月2大会の定期録画中継を終了して、蝶野正洋をエグゼクティブ・プロデューサーに迎えた「〜蝶野正洋プロデュース〜STRONG STYLE MANIA」に変更、一方で「J SPORTS CROWN」と題したシリーズを設けて全試合を生中継または当日録画による「独占中継」とした。また、全試合ハイビジョン制作に移行した。一方で「新日本プロレスS.X.Wクラシック」と称した過去の再放送も行っている。新日本プロレス S.X.W フレッシュアイペディアより)

  • 辻よしなり

    辻よしなりから見た蝶野正洋蝶野正洋

    ワールドプロレスリングの実況担当の際、プロレスラーとの確執を何度も経験している。当時nWoジャパンの総帥だった蝶野正洋に実況席を乗っ取られた上、暴言やメガネを壊される等の被害を受けたが、逃げずに口で応戦し立ち向かっていった。他にもnWo軍の試合前の放送席奇襲に遭い、辻のジャケットを脱がされワイシャツにスプレーで「NWO」と書かれメンバーにnWo軍入りを要請された際、頑として拒否していたが、それから1ヶ月後にはnWoTシャツを着て「nWoの辻義就です。」とあっさりnWo軍入りを表明した、その後試合実況でnWo軍に対し露骨な応援実況をした為に今度は新日正規軍に実況席を乗っ取られ、襲撃されるという憂き目に遭った。また、当時新日に所属していた吉江豊の試合実況の際、試合そっちのけでプライベートで酒癖の悪い一面を長々と話してしまい、後日吉江と当時「G-EGGS」で同胞の中西学と永田裕志らに吊るし上げをくらった場面を放送されたこともあった。しかし選手からの人望は厚く、蝶野らとは和解をしており、二人の対談本も発売している。後輩の真鍋由(当時テレビ朝日スポーツ担当)が大仁田厚に暴行を受けそうになった時も大人の対応で大仁田を咎めているが大仁田と真鍋のやりとりはその後、「大仁田劇場」としてますますエスカレートしている。辻よしなり フレッシュアイペディアより)

  • nWoジャパン

    nWoジャパンから見た蝶野正洋蝶野正洋

    nWoは「New World Order」の略称。アメリカ合衆国のプロレス団体「WCW」で誕生し、蝶野正洋によって新日本プロレスにも進出した。アメリカでは社会現象にもなり、日本でも爆発的ブームとなった1997年度には約43億円の経済効果があったという(電通調べ)。さらに、その年度に「nWo Tシャツ」だけで6億円の売り上げを記録し、新日本プロレスが法人所得で娯楽部門85位にランクインしている。nWoジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 16文キック

    16文キックから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋のオリジナル技。助走して相手の正面に近づいたところで右足を振り上げて体を左方向へと軽く傾けながら右足を振り抜いて相手の顔面を右足の裏で蹴り飛ばす。かつて、使われていたヤクザ・キックという呼び名が日本では放送コードに接触して使われなくなったが、海外ではマフィア・キックという呼び名と平行して使われている。16文キック フレッシュアイペディアより)

  • 監獄固め

    監獄固めから見た蝶野正洋蝶野正洋

    谷津嘉章、マサ斎藤が主要な使い手であった。特殊な大技ではないが、これを用いる選手は多くない。ほかには蝶野正洋、佐々木健介、真壁刀義らが知られる。佐々木健介が使用する場合、佐々木と斎藤との関係が密接である事から「マサ斎藤直伝の」と呼ばれる場合がある。現在ではマサ北宮が主要な技として使用している。監獄固め フレッシュアイペディアより)

275件中 131 - 140件表示