63件中 31 - 40件表示
  • 西川美和

    西川美和から見た夢売るふたり

    2012年9月、オリジナル脚本・監督による長編4作目『夢売るふたり』公開。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見たゆれる

    2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開。カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞の戯曲・シナリオ賞も受賞する。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム「モノゴト(名作)はいつもアイマイ」を連載。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た太宰治短編小説集

    太宰治短編小説集「駈込み訴え」(2010年、NHK衛星第2テレビジョン) - 演出西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た新藤兼人賞

    2002年、自作脚本のブラックコメディ『蛇イチゴ』(主演:宮迫博之)で監督デビュー。日本の典型的な家族の崩壊をシニカルに描いた同作は、第58回毎日映画コンクール・脚本賞、”最も将来性を期待できる監督に与えられる”新藤兼人賞ほか、その年の数々の国内映画賞の新人賞を受賞する。製作は是枝裕和。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た芸術選奨新人賞

    2009年6月にオリジナル脚本・監督による長編3作目『ディア・ドクター』(主演:笑福亭鶴瓶)が公開。キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位、2度目のブルーリボン賞監督賞、芸術選奨新人賞など数多くの賞を受賞した。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た実業之日本社文庫

    『映画にまつわるXについて』(実業之日本社、2013年。実業之日本社文庫、2015年)西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た読売文学賞

    2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開。カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞の戯曲・シナリオ賞も受賞する。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム「モノゴト(名作)はいつもアイマイ」を連載。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た山本周五郎賞

    2015年には小説『永い言い訳』で第28回山本周五郎賞候補、第153回直木賞候補。2016年に自身により映画化。本作で第71回毎日映画コンクール・監督賞を受賞。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た朝日ベストテン映画祭

    2006年、再びオリジナル脚本・監督した『ゆれる』が公開。カンヌ国際映画祭の監督週間に、日本映画で唯一正式出品。2006年度、キネマ旬報ベスト・テン2位、及び脚本賞、朝日ベストテン映画祭日本映画1位、毎日映画コンクール日本映画大賞、東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)作品賞、おおさかシネマフェスティバル日本映画1位、ブルーリボン賞監督賞などを受賞。これらの映画賞で、作品賞・監督賞部門での受賞は女性監督では史上初。また、同作の脚本は、2007年2月に読売文学賞の戯曲・シナリオ賞も受賞する。2006年、9月創刊の男性誌『月刊キング』に、コラム「モノゴト(名作)はいつもアイマイ」を連載。西川美和 フレッシュアイペディアより)

  • 西川美和

    西川美和から見た小説家

    西川 美和(にしかわ みわ、1974年7月8日 - )は、日本の映画監督、脚本家、小説家西川美和 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「西川美和」のニューストピックワード