401件中 141 - 150件表示
  • 永照寺

    永照寺から見た西本願寺西本願寺

    永照寺(えいしょうじ)は、福岡県北九州市小倉北区にある浄土真宗本願寺派の仏教寺院。山号は雲龍山。本尊は阿弥陀如来立像。西本願寺初代能化・西吟の住した寺である。永照寺 フレッシュアイペディアより)

  • 浄因寺 (世田谷区)

    浄因寺 (世田谷区)から見た西本願寺西本願寺

    烏山寺町のメインストリートにあたる寺院通りは、町域を南から北に横切るように約600メートル続いている。寺院通りから宗福寺(浄土宗)の角を左折し、同寺の墓地を過ぎたあたりに、妙寿寺(法華宗本門流)の敷地と路地を挟んで向かい合うような形で浄因寺がある。浄土真宗本願寺派に属し、本山は西本願寺、山号を「寿光山」という。浄因寺 (世田谷区) フレッシュアイペディアより)

  • 善福寺 (南足柄市)

    善福寺 (南足柄市)から見た西本願寺西本願寺

    善福寺(ぜんぷくじ)は、神奈川県南足柄市にあり、浄土真宗本願寺派(西本願寺)に属する。親鸞常随の高弟である関東六老僧の一人、平塚入道了源(伊東四郎祐光)の創建。善福寺 (南足柄市) フレッシュアイペディアより)

  • 下間氏

    下間氏から見た西本願寺西本願寺

    織田信長と石山本願寺11世法主顕如が衝突した石山合戦では主に下間頼廉・下間頼龍・下間仲孝らが顕如に従って織田軍と戦った。顕如の死後、東本願寺と西本願寺に分裂すると下間氏一族もまた分裂することとなり、頼廉の刑部卿家、仲孝の少進家、下間頼芸の宮内卿家が西本願寺に仕えた。頼龍・頼広父子は東本願寺に仕えたが、頼龍の死後、頼広は出奔して親族の池田輝政を頼り、のち池田姓を名乗り池田重利と改名した。池田氏の重臣としての扱いを受けていたが、池田氏に従軍した大坂の陣の戦功により徳川家康から摂津尼崎藩1万石を与えられ、独立大名待遇となった。本家格である池田氏の転封に伴い播磨鵤藩のち新宮藩1万石に移動した。重利から五代後に池田家から養子を迎え、この系譜の下間氏の血統は途絶えている。下間氏 フレッシュアイペディアより)

  • 願証寺

    願証寺から見た西本願寺西本願寺

    名古屋願証寺は、享保3年(1718年)、西本願寺14世寂如のとき西本願寺の坊舎とされて名古屋御坊と称し、1876年(明治9年)に本願寺名古屋別院となった。同年、又木村誓来寺は誓来寺の寺号を捨てて願証寺を称したが、これが現在桑名市長島町又木にある願證寺である。なお、元の杉江の願証寺故地は、明治時代に行なわれた木曽三川分流工事によって、長良川の流路に水没している。願証寺 フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺岐阜別院

    本願寺岐阜別院から見た西本願寺西本願寺

    本願寺岐阜別院(ほんがんじぎふべついん)は、岐阜県岐阜市にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の寺院(別院)である。開基は准如上人。本願寺岐阜別院 フレッシュアイペディアより)

  • 真宗大谷派岐阜別院

    真宗大谷派岐阜別院から見た西本願寺西本願寺

    1602年(慶長7年)、本願寺は准如の本願寺(西本願寺)と教如の東本願寺とに分裂する。前述の寺は一柳直盛の申し出で西本願寺の寺院となる。その影響もあり荒廃したという。真宗大谷派岐阜別院 フレッシュアイペディアより)

  • 金龍静

    金龍静から見た西本願寺西本願寺

    金龍 静(きんりゅう しずか、1949年 - )は、北海道生まれの歴史学者、僧侶。本願寺史料研究所副所長、円満寺住職。金龍静 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山シュン太郎

    秋山シュン太郎から見た西本願寺西本願寺

    1998年 - 京都西本願寺・本願寺会館 蓮如生誕500年恩忌 7年B組 作・演出秋山シュン太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 梅原真隆

    梅原真隆から見た西本願寺西本願寺

    当時、西本願寺22世門主・鏡如(大谷光瑞)が、中央アジアの仏教遺跡発掘のために大谷探検隊を派遣していた。ある時、成績優秀な学生がいると聞きつけた光瑞が、真隆のいる講堂を訪れて直に大谷探検隊へ誘ったが、親鸞の道を歩むことを既に決心していた為これを断っている。梅原真隆 フレッシュアイペディアより)

401件中 141 - 150件表示

「西本願寺」のニューストピックワード