401件中 161 - 170件表示
  • 勝願寺 (古河市)

    勝願寺 (古河市)から見た西本願寺西本願寺

    石山合戦の講和後の慶長7年(1602年)、浄土真宗は東本願寺を本山とする真宗大谷派と、西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派とに分裂した。これにより地方の寺院でも勢力争いが活発化し、磯部6か寺も東西に分裂した。当寺も当初は西本願寺に属していたが、元和9年(1623年)までに東本願寺へと変わった。勝願寺 (古河市) フレッシュアイペディアより)

  • 花屋町通

    花屋町通から見た西本願寺西本願寺

    元々は平安時代に開通していたのだが、後の応仁の乱で荒廃し、天正年間に豊臣秀吉によって再開発された。明治時代までは大宮通から島原までの通りであり、新町通以東は万年寺通(まんねんじどおり)と呼ばれていた。明治15年(1882年)には西本願寺と本圀寺の間、つまり大宮通から堀川通にかけて花屋町通が延伸されるが、さらに新町通と堀川通の間が開通すると、一筋南の花屋町通の堀川通以西の区間とつないで全線を花屋町通と名付けた。これにより平安時代以来の花屋町通のうち新町通から堀川通までの区間は旧花屋町通と改名された。この間では一筋北の花屋町通を新花屋町通と呼ぶこともある。山陰本線以西の区間は都市計画道路として建設された。花屋町通 フレッシュアイペディアより)

  • 黒門通

    黒門通から見た西本願寺西本願寺

    黒門通(くろもんどおり)は、京都市の南北の通りの一つ。北は元誓願寺通から南は梅小路通まで至る。途中、丸太町通?押小路通間(二条城)、松原通?五条通間、花屋町通?七条通間(西本願寺)で中断する。黒門通 フレッシュアイペディアより)

  • 堀川通

    堀川通から見た西本願寺西本願寺

    御池から暗渠になった堀川の上も道路となり、堀川五条でやや東に振れて醒ヶ井通を合わせ、西本願寺北で鍵の手に東に折れ、堀川七条で暗渠のまま堀川は西に逸れ、堀川通は東海道本線北で一筋東の通りである油小路通に合流する。合流点以南の通りの名称は「油小路通」である。堀川通 フレッシュアイペディアより)

  • ダライ・ラマ13世

    ダライ・ラマ13世から見た西本願寺西本願寺

    イギリスに追われたダライ・ラマ13世は1904年末にモンゴルのウルガ(現在のウランバートル)に亡命し、現地のゲルク派の長で王でもあるジェプツンダンバ・ホトクト8世の世話になった。13世滞在時、ロシアはモンゴル領事や赴任途中の駐北京大使などを13世に接触させて関係強化を図っている。しかし質素な生活を好む13世とジェプツンダンバ・ホトクト8世とは考えが合わず、13世は1906年秋にはモンゴルを離れ、クンブム寺にしばらく滞在した後、1908年4月に中国山西省の五台山に到着した。五台山ではアメリカ大使ロックヒル、西本願寺の大谷尊由などと面談している。さらに10月14日、北京で西太后、光緒帝と面談している。この際、日本大使館にも1週間滞在している。在北京大使の林権助が厚くもてなしたのと、五台山で大谷尊由が日本が仏教国であることを説いたため、以後、13世はかなりの日本びいきになった。13世の北京滞在中、清はチベット領主としてパンチェン・ラマ9世を擁立しようとした。そのため13世は密かにイギリス、ロシア、日本の駐北京大使に密使を送って助力を求めている。1908年12月に北京を立ち、1909年12月にラサに戻った。ダライ・ラマ13世 フレッシュアイペディアより)

  • 善福寺 (金沢市)

    善福寺 (金沢市)から見た西本願寺西本願寺

    いわゆる加賀一向一揆の時代の記録に、当寺の名が一切見えず動向は不明である。ただ当時の本願寺法主であった実如上人筆の九字名号と十字名号が残されている。また、本願寺東西分裂時に、西本願寺法主であった准如上人が文禄3年 (1594年)に下された本願寺11代法主の顕如上人画像には加賀大桑村善福寺下付と記されてあることから西本願寺との繋がりが深かったようだ。しかし、慶長7年 (1602年)には、あらためて東本願寺の教如上人から同じく顕如上人画像が下付されている。善福寺 (金沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺鷺森別院

    本願寺鷺森別院から見た西本願寺西本願寺

    本願寺鷺森別院(ほんがんじさぎのもりべついん)は、和歌山県和歌山市鷺ノ森にある浄土真宗本願寺派の寺院。雜賀御坊(さいかごぼう)、鷺森本願寺とも。京都市にある西本願寺の別院である。本願寺鷺森別院 フレッシュアイペディアより)

  • 土井正治

    土井正治から見た西本願寺西本願寺

    兵庫県武庫郡大庄村浜田(尼崎市浜田町に)父・武内舛量、母・菊恵の長男として生まれる。生家は浄専寺と言い、境内に大きな樅や楠のある広い寺である。武内家は武内宿禰(神功皇后、応神天皇らに仕えた大臣。蘇我氏の祖と伝えられる)の子孫といわれる。土井は武内宿禰から数えて、ちょうど七十代目の末裔にあたる。父武内舛量は、西本願寺に勤め、法王の大谷光尊(明如上人)(大谷光瑞の父)に目をかけられ、日清戦争のころ軍隊布教使となった。ところが軍隊布教でマラリアにかかり、1897年9月、土井が3歳のとき、32歳で死去した。母菊恵も翌年22歳で父の後を追っている。弟が1人いたが、その弟も生後間もなく死んだ。このような事情で、土井は祖父母、叔父、叔母に育てられた。土井正治 フレッシュアイペディアより)

  • 本照寺 (高槻市)

    本照寺 (高槻市)から見た西本願寺西本願寺

    1646年(正保3年)、良教(西本願寺12世准如の子)が入り、本願寺の「本」の字をもらって現在の本照寺と改める。本照寺 (高槻市) フレッシュアイペディアより)

  • 良如

    良如から見た西本願寺西本願寺

    良如(りょうにょ、慶長17年12月7日(1613年1月27日)- 寛文2年9月7日(1662年10月18日))は、江戸時代前期の浄土真宗の僧。浄土真宗本願寺派第13世宗主。西本願寺住職。諱は光円。院号は教興院。法印大僧正。父は第12世准如。九条幸家の猶子。母は祇園宝光院(宝寿院 (祇園社の社家)参照)の息女、寿光院准勝。内室は九条幸家の娘。継室は八条宮智仁親王の娘殊光院、近江国三井の人(揚徳院寂照)。第14世寂如は子。播磨国本徳寺住職寂円は10男。良如 フレッシュアイペディアより)

401件中 161 - 170件表示

「西本願寺」のニューストピックワード