401件中 171 - 180件表示
  • 大須球場

    大須球場から見た西本願寺西本願寺

    スタンド等の施設はその後解体・撤去され、球場の敷地も事業主(個人)から浄土真宗本願寺派(西本願寺)に返還された。球場跡地には、戦災で焼失した本願寺名古屋別院(西別院)が再建される。また同跡地に名古屋スポーツセンターが建設され、伊藤みどり、安藤美姫、中野友加里、浅田舞・真央姉妹ら、フィギュアスケートの有力選手を多数輩出する。大須球場 フレッシュアイペディアより)

  • 中央公論

    中央公論から見た西本願寺西本願寺

    前身は、西本願寺系の普通教校(龍谷大学の前身)で高楠順次郎らの学生有志が禁酒と仏教徒の綱紀粛正を目的として1886年に組織した「反省会」の会員証を兼ねた機関誌『反省会雑誌』。禁酒を主張したり、青年の生き方を探る雑誌だった。1887年創刊、1892年に東京に進出し、『反省雑誌』と改題、口絵を尾形月耕、月岡耕漁らが描いていた。中央公論 フレッシュアイペディアより)

  • お西さん

    お西さんから見た西本願寺西本願寺

    お西さん フレッシュアイペディアより)

  • 大谷光瑩

    大谷光瑩から見た西本願寺西本願寺

    日付は、暦の正確性、著作との整合を保つ為、明治5年12月2日(1872年12月31日)までは、天保暦表示。明治6年1月1日(1873年1月1日 )からは、グレゴリオ暦表示とする(誕生年月日を除く)。また本山は、「本願寺」が正式名称だが、「西本願寺」との区別の便宜上、「東本願寺」と表記。大谷光瑩 フレッシュアイペディアより)

  • 北小路通

    北小路通から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺(堀川?大宮)北小路通 フレッシュアイペディアより)

  • 箔座

    箔座から見た西本願寺西本願寺

    製箔メーカーである高岡製箔株式会社をバックボーンに持ち、金箔・銀箔製品などの企画・開発とその販売を手掛ける。製造した金箔が中尊寺や清水寺、西本願寺といった寺院の修繕作業に用いられたこともある。箔座 フレッシュアイペディアより)

  • 証如

    証如から見た西本願寺西本願寺

    天文18年(1549年)、後奈良天皇より『三十六人家集』を下賜される。これは、後に顕如の時代に石山合戦の和議に尽くした太閤・近衛前久に贈ろうとしたものの、「天下の宝物をみだりに遣り取りすべきでない」として辞退されたという代物で現在も西本願寺に所蔵され、国宝に指定されている。同年、権僧正に任じられている。証如 フレッシュアイペディアより)

  • 南京事件の証言

    南京事件の証言から見た西本願寺西本願寺

    西本願寺の従軍僧侶大谷光照法主は12月14日に南京入りし、17日の入城式に参列、18日の慰霊祭を行ったが「虐殺を見ておりませんし、噂も聞きませんでした。もうその時は戦闘は全く終息していて一市内は平静で一市民の盗もほとんど見かけず、虐殺の起るような環境ではありませんでした。日本軍は城内城外に適宜宿営し、のんびり休養をとっていました」と証言。南京事件の証言 フレッシュアイペディアより)

  • 海物園跡

    海物園跡から見た西本願寺西本願寺

    浄土寺にある国の重要文化財である茶室「露滴庵」はもともとここにあったもの。豊臣秀吉が伏見城内に建てた茶室を、本願寺を経て、この間の経緯は不明だが豊島家が拝領しこの地に移築した。そして浄土寺の要望により文化11年(1814年)天満屋が寄進し現在に至る。海物園跡 フレッシュアイペディアより)

  • 崇徳教社

    崇徳教社から見た本派本願寺西本願寺

    進徳教校とは明治10年(1877年)2月、現在の広島市寺町に開設された学仏道場である。この進徳教校が設置された起因は、明治8年(1875年)に本願寺派と大谷派の共同で広島市胡町に寺院子弟の就学の便を図るために学仏場という学舎を設けたことに始まる。そして、後に本派本願寺が各地に末寺子弟の教育を実施することから小教校の設置を計画したため、本派の僧侶だけで小教校としての進徳教校を置くことになる。崇徳教社 フレッシュアイペディアより)

401件中 171 - 180件表示

「西本願寺」のニューストピックワード