8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ
162件中 161 - 162件表示
  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た年間最多勝

    翌1992年1月場所は14勝1敗の成績で19歳5か月での幕内初優勝を果たした。この場所14日目の打ち出し後では貴花田を乗せていたハイヤーが玉突き事故の被害に遭うも、付け人2人が体を強打して病院に運ばれたのに対して貴花田は無事であった。幕内最高優勝達成者恒例の祝杯は、未成年であった関係上酒ではなくウーロン茶で行った。優勝した千秋楽の翌日、場所後の休養を取りに若貴フィーバーで骨休めにならない国内を離れ、父の勧めでサイパンへ出掛けた。この頃は後年の不仲は影も形もなかった同年9月場所で14勝1敗の成績で2回目の幕内優勝、同年は60勝30敗と6場所制定着後最少勝ち星ではあったものの史上最年少の年間最多勝を受賞した。さらに翌1993年1月場所では11勝4敗の成績で20歳5か月の若さで大関まで上り詰め、父と同じ貴ノ花に改名する。次の5月場所では14勝1敗の成績で3回目の優勝を果たし、翌7月場所で初の綱獲りとなったが、千秋楽に13勝2敗で曙太郎・兄若ノ花らとの優勝決定戦に進出したが、曙は若ノ花を押し倒し、貴ノ花を寄り倒して破り、貴ノ花は優勝同点留まりに。その後日本相撲協会から横綱審議委員会への諮問が無かった為、横綱昇進はならなかった。この時横綱昇進を果たしていれば20歳11ヶ月での横綱昇進となり、北の湖の記録である21歳2ヶ月での昇進より早いスピード横綱昇進記録1位の座を射止めていたことになる。続いて9月場所は初の全勝優勝を狙った曙を千秋楽で下して阻止、曙に次ぐ12勝3敗の優勝次点で綱獲りを再び繋いだが、翌11月場所は体調不良により7勝8敗と負け越して綱獲りは完全に消滅。1994年1月場所では21歳5か月での大関角番も史上最年少の記録となった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た貴乃花一門

    貴乃花とその支持派閥は暫く、マスメディアで「貴乃花派」「貴乃花グループ」と呼ばれる派閥を形成し、合同で稽古を行うなど一門に準じた形態で行動していたが、2014年度より他の一門と同じく協会から助成金を支給される待遇を得たことを契機として同年5月23日から「貴乃花一門」に改称となり、これにより5つあった一門が1つ増えた格好になった。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ
162件中 161 - 162件表示