軽犯罪法違反 ニュース&Wiki etc.

軽犯罪法(けいはんざいほう、昭和23年5月1日法律第39号)は、さまざまな軽微な秩序違反行為に対して拘留、科料の刑を定める日本の法律である。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「軽犯罪法」のつながり調べ

  • 乞食

    乞食から見た軽犯罪法

    日本において乞食行為は、日本国憲法第27条のもと、軽犯罪法や児童福祉法で禁止されている。(乞食 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田均

    芦田均から見た軽犯罪法

    当時の政府は目下の重要課題―食糧問題の解決、インフレーションの克服、生産の増強、失業の解決―を多く抱えており、その対処に忙殺されていた。その一方、芦田内閣においては戦後日本の基礎となる多くの法律が成立している。新憲法に基づく刑事訴訟法の全面改正や警察組織の抜本改革(旧警察法の制定)、国家行政組織法とそれに基づく中小企業庁・石炭庁・建設省・海上保安庁・水産庁・経済調査庁といった各行政庁の設置法、教育委員会法、日本学術会議法、警察官職務執行法、行政代執行法、地方財政法、検察審査会法、軽犯罪法、風営法などがそれである。しかし、芦田自身が総理大臣として、そうした課題に積極的に取り組んだ形跡はほとんど見られない。(芦田均 フレッシュアイペディアより)

「軽犯罪法」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード