216件中 161 - 170件表示
  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たスペース・ゼロ

    DHE@stage『Tシャツ三国志 〜人中に我あり〜』(2010年3月14日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 天の声・語り部(三国志人物・孔明) 役遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たMAMOR

    MAMOR(2011年5月21日、扶桑社)遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たAnimelo Summer Live

    アニメロサマーライブ2014 ONENESS (2014年10月3日、BSフジ) - リポーター遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たピアノ

    2012年5月からソロの音楽活動を開始しており、2013年7月にメジャーデビューしている。自身は、ピアノとロック (音楽)を融合させた「ピアノポップロック」のスタイルを掲げ、1stシングルから一貫して、ピアノ演奏を含む楽曲を制作している。遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たアーバンドック ららぽーと豊洲

    TOYOSU SeaSide Fes Next '17 〜AUTUMN〜 (2017年10月28日、アーバンドック ららぽーと豊洲)遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たミスiD

    講談社・ミスiD実行委員長の小林司は「(生で聞いたことがある限り)アイドル界でもっともハイクオリティな歌唱力を持つ」と評価している。また、小出祐介(Base Ball Bear)は、前山田健一(ヒャダイン)と2012年に対談した際、「アイドルで歌上手い人誰?」という話題で両者ともまず遠藤、そして横山ルリカの名を挙げた(当時は両者ともアイドリング!!!とは関わりはなかったが、のちに小出は遠藤のデビュー曲を作曲、前山田は横山のプロデュースを担当することになる)と小出のラジオ番組に遠藤がゲスト出演した際に語っている。遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たアームズマガジン

    アームズマガジン(2013年7月27日、ホビージャパン)遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たロフト (ライブハウス)

    加藤沙耶香の、今日ニコ生あるけど来る? #32 (2017年6月6日、ネイキッドロフト)遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見たアイドリング!!! 11thライブ〜めっちゃ近いぞ!ビッグエッグング!!!〜

    他にも、2009年9月22日、23日に開催したアイドリング!!!6thライブにおいて、生バンド形式で披露した曲「レモンドロップ」でベースを担当、同11thライブでは「NO.NEW YORK」(森本さやか歌唱)ではギター、初開催のソロライブでは、楽曲「GO EAST!!! GO WEST!!!」の間奏をサックスで演奏している。遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤舞

    遠藤舞から見た絶対音感

    実父はかつてピアノの講師をしており、自身も絶対音感を持つ。ピアノを教わった事は無いが、実家にあった楽譜や電子ピアノの音源を元に独学で演奏していた。高校時代には、合唱コンクールで伴奏を担当した事もある。ただし、アイドリング!!!加入後に演奏を披露したのは、グループの4th LIVEライブで、「想いの詩」を菊地亜美がピアノ伴奏する際に必要な楽譜を、遠藤がピアノで書き起こしていた様子が同ライブDVDに収録されている程度で、番組やアイドリング!!!ライブでは、むしろピアノ以外の楽器を演奏する機会が多かった。遠藤舞 フレッシュアイペディアより)

216件中 161 - 170件表示

「遠藤舞」のニューストピックワード