1191件中 121 - 130件表示
  • 年輪年代学

    年輪年代学から見た遺跡遺跡

    現在生育している木について標準年輪曲線が作成できれば、遺跡などから発見された木材でも年輪パターンを対比することで年代を正確に決定することができる。この手法をクロス・デイティング(crossdating)という。地中から発掘されたり、材木として利用されている過去の樹木試料について同様に年輪パターンを作成し、既知の標準年輪曲線と比較する。両者に共通するパターンが発見できれば、それを元に年輪曲線を過去に延長することができる。年輪年代学 フレッシュアイペディアより)

  • 椎名慎太郎

    椎名慎太郎から見た遺跡遺跡

    1975年の文化財保護法第三次改正後に文化財保護法研究に専心し、遺跡や歴史的環境を保存するための訴訟に積極的に関わる。1987年の著書にある伊場遺跡保存運動には1978年から1989年の訴訟終了まで原告・弁護団と密接な連携をとりつつ研究と実践をつなげる活動をした。1994年に公刊した岩波新書は主著と言える。さらに、1993年に成立した行政手続法に関する研究から日本行政法分野でも著書、論文を発表しており、1999年の論文集はこれらの研究のひとまずの集大成である。この分野では今日でも新たな論考を発表しつつある。椎名慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史時代

    歴史時代から見た遺跡遺跡

    歴史時代は、歴史学(文献史学)からのアプローチと考古学からのアプローチとの双方が可能であるが、先史時代については考古学的アプローチが唯一の検証方法となる。また、歴史時代では、文献資料と考古資料とを照合し、分析し、検討を加えることによって遺構や遺物、ないしは遺跡の暦年代が明らかになることもまれではない。歴史時代 フレッシュアイペディアより)

  • 琴似屯田兵村兵屋跡

    琴似屯田兵村兵屋跡から見た遺跡遺跡

    琴似屯田兵村兵屋跡(ことにとんでんへいそんへいおくあと)は、北海道札幌市にある史跡。明治時代初期、本州からの屯田兵が北海道へ入植する際に居住できるよう建設された、木造の建築物を復元したものである。道路など周辺の土地と共に残されたものであり、琴似に入植した屯田兵の兵村と住んでいた兵屋を理解する上で、重要な遺跡である。1982年に国の史跡に指定された。琴似屯田兵村兵屋跡 フレッシュアイペディアより)

  • カラル遺跡

    カラル遺跡から見た遺跡遺跡

    カラル (Caral) ないしカラル=スーペ (Caral-Supe) は古代アンデス文明の遺跡で、2009年にユネスコの世界遺産リストに登録された。ペルーの首都リマの北方およそ200 km に位置するリマ県バランカ郡のスーペ谷に残る大規模な遺跡で、研究者たちの中にはアメリカ大陸最古の都市遺跡と評する者もいる。その評価は完全に定まっているわけではないが、アンデス文明の中でも、カラル文化とも(Norte Chico civilization)とも呼ばれる時期の文化の担い手たちの遺跡として、研究が積み重ねられている。カラル遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • マダガスカルの歴史

    マダガスカルの歴史から見た遺跡遺跡

    マダガスカル島の北部には、11世紀から12世紀にかけてインド洋交易とともに東アフリカの沿岸交易で栄えた港湾遺跡があり、沿岸交易の輸出品として緑泥片岩製の容器が生産されていたことがタンザニアのキルワ遺跡からの出土品からも判明している。マダガスカルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • コバー

    コバーから見た遺跡遺跡

    コバー(別名コバ、スペイン語:Cobá)は、メキシコ、キンタナ・ロー州北部にある大規模なマヤ遺跡である。世界遺産に登録されていないこともあり、日本での知名度は低い。コバー フレッシュアイペディアより)

  • 桂ヶ岡砦跡

    桂ヶ岡砦跡から見た遺跡遺跡

    指定基準 - 一.貝塚、集落跡、古墳その他この類の遺跡,二.都城跡、国郡庁跡、城跡、官公庁、戦跡その他政治に関する遺跡桂ヶ岡砦跡 フレッシュアイペディアより)

  • クリ属

    クリ属から見た考古遺跡遺跡

    果実は果皮が薄いため、考古遺跡においては遺存しにくいが、栗材は管理栽培されて大型化していることからドングリ・クルミなど堅果類が主要な食物資源であった縄文時代から食されていたと考えられている。戦国期から近世には蒸した栗果を扁平に加工した菓子である勝栗(打栗)が縁起物として重宝され、近世には地方名物として献上品にも用いられた。茹でたり焼いたりするのが一般的な食べ方。南ヨーロッパの森林地帯では、栗の実を乾燥して粉にしたものを小麦粉の代用品にしていた。クリ属 フレッシュアイペディアより)

  • 荒神山 (滋賀県)

    荒神山 (滋賀県)から見た遺跡遺跡

    山の南側にある丘陵地には、滋賀県下第二の規模を誇る前方後円墳である荒神山古墳があり、この遺跡やその周辺からは弥生式土器の破片のほか、馬具や金環・祭器などが出土している。荒神山 (滋賀県) フレッシュアイペディアより)

1191件中 121 - 130件表示

「遺跡」のニューストピックワード