都並敏史 ニュース&Wiki etc.

都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「都並敏史」のつながり調べ

  • 富田晋伍

    富田晋伍から見た都並敏史

    ヴェルディユース時代の恩師である都並敏史(当時仙台監督)に実力が認められて2005年にベガルタ仙台に入団。新人ながら同年の開幕戦先発に抜擢され初出場を果たす。(富田晋伍 フレッシュアイペディアより)

  • アビスパ福岡

    アビスパ福岡から見た都並敏史

    1996年、横浜M元監督の清水秀彦が監督に就任。マラドーナ、トログリオ、マジョールの3外国籍選手らが残留。元日本代表の都並敏史、広島から森秀昭などベテラン選手、中払・藤本・久永・石丸らも入団したが、順位は15位。1997年は17位、1998年は18位と2年連続シーズン最下位。1998年はJ1参入決定戦に参加したが、1回戦で川崎F、第3参入クラブ決定戦で札幌を破り、J1残留を果たした。なお、1998年に千代反田充(東福岡高等学校3年)を強化指定選手第1号(現在の特別指定選手)として受け入れた。(アビスパ福岡 フレッシュアイペディアより)

「都並敏史」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「都並敏史」のニューストピックワード